ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)

若き成功者たちへ 2017.02.08 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施されたスペシャルな「ロールス・ロイス・レイス」、その名も「ブラックバッジ」に米国ラスベガスで試乗した。今風の黒いモードに身を包んだだけのモデルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとしての実力も一段と高まっていた。

ダーク&クールにドレスアップ

ロールス・ロイスの開発陣が、開発にあたってインスパイアされたのは、若いユーザーたちが乗るモディファイされた「ファントム」や「ゴースト」、レイスの姿だと話した時には、思わずのけ反ってしまった。まるで自転車用のような大径のホイールを履き、車高を落とし、あるいはマットブラックで全身をラッピングした彼らのクルマを眺めて、グッドウッドの人たちは「若いユーザーのために自分たちには何ができるか」をあらためて考えたのだという。そうして、まさに30~40代あたりの若き成功者たちをターゲットに生み出されたのがレイス、そしてゴーストのブラックバッジだ。

これまた彼らの、従来のブランドイメージとはかけ離れた印象の強いラスベガスにて対面したレイス ブラックバッジは、しかしながら全身黒ずくめというわけではなかった。専用ボディーカラーとして「ブラックバッジ ブラック」は設定されるが、内外装色はビスポークが基本。では、どこが異なるのかといえば、まずは車名の通りのバッジである。ダブルRバッジは通常とは逆のブラック地にシルバー文字に。そして、ノーズ先端のフライングレディーも、ハイグロスブラック仕上げとされている。

それに合わせてフロントグリルの枠部分、左右のエアインテーク内のインサート、トランクリッドのハンドル、そしてエキゾーストパイプなどのクローム部分は、ダーク調とされてトーンを調整。一方で、サイドウィンドウのフレームや特徴的な後ヒンジドアのノブ、そしてテールランプの輪郭などのクロームはそのままとされている。これらは、それこそブラックのボディー色だろうと、すぐにレイスと認識させるグラフィック上のポイントだからだ。

足元にはお約束の大径ホイール。21インチとされたそれは、市販車初だというCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)とアルミニウム合金を組み合わせたもので、ブラックの部分をよく見るとカーボンの織り目が確認できる。リムを打ち付けたりしないよう慎重に扱わないと……と、若干緊張してしまう。

「レイス」をベースに、黒を基調としたドレスアップやスポーティーなチューニングを施している。日本での車両価格は3999万円。
「レイス」をベースに、黒を基調としたドレスアップやスポーティーなチューニングを施している。日本での車両価格は3999万円。
ダブルRバッジは通常とは逆の、ブラック地にシルバー文字とされる。
ダブルRバッジは通常とは逆の、ブラック地にシルバー文字とされる。
ノーズ先端のフライングレディーも、ハイグロスブラック仕上げとされている。
ノーズ先端のフライングレディーも、ハイグロスブラック仕上げとされている。
サイドウィンドウのフレームやドアノブ、テールランプの輪郭などはダークカラーにせず、クロームはそのままとされている。
サイドウィンドウのフレームやドアノブ、テールランプの輪郭などはダークカラーにせず、クロームはそのままとされている。
関連記事
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • ロールス・ロイス・レイス(FR/8AT)【試乗記】 2014.12.19 試乗記 ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス」に試乗。歴史ある高級車メーカーが現代に送り出す、“ドライバーズカー”の運転感覚や乗り心地を報告する。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • フェラーリ812スーパーファスト 2017.5.23 画像・写真 最高出力800psのV12エンジンを搭載する、フェラーリの新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」が日本上陸。東京都内で初披露された。そのディテールを写真で紹介する。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
ホームへ戻る