ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)

若き成功者たちへ 2017.02.08 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施されたスペシャルな「ロールス・ロイス・レイス」、その名も「ブラックバッジ」に米国ラスベガスで試乗した。今風の黒いモードに身を包んだだけのモデルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとしての実力も一段と高まっていた。

ダーク&クールにドレスアップ

ロールス・ロイスの開発陣が、開発にあたってインスパイアされたのは、若いユーザーたちが乗るモディファイされた「ファントム」や「ゴースト」、レイスの姿だと話した時には、思わずのけ反ってしまった。まるで自転車用のような大径のホイールを履き、車高を落とし、あるいはマットブラックで全身をラッピングした彼らのクルマを眺めて、グッドウッドの人たちは「若いユーザーのために自分たちには何ができるか」をあらためて考えたのだという。そうして、まさに30~40代あたりの若き成功者たちをターゲットに生み出されたのがレイス、そしてゴーストのブラックバッジだ。

これまた彼らの、従来のブランドイメージとはかけ離れた印象の強いラスベガスにて対面したレイス ブラックバッジは、しかしながら全身黒ずくめというわけではなかった。専用ボディーカラーとして「ブラックバッジ ブラック」は設定されるが、内外装色はビスポークが基本。では、どこが異なるのかといえば、まずは車名の通りのバッジである。ダブルRバッジは通常とは逆のブラック地にシルバー文字に。そして、ノーズ先端のフライングレディーも、ハイグロスブラック仕上げとされている。

それに合わせてフロントグリルの枠部分、左右のエアインテーク内のインサート、トランクリッドのハンドル、そしてエキゾーストパイプなどのクローム部分は、ダーク調とされてトーンを調整。一方で、サイドウィンドウのフレームや特徴的な後ヒンジドアのノブ、そしてテールランプの輪郭などのクロームはそのままとされている。これらは、それこそブラックのボディー色だろうと、すぐにレイスと認識させるグラフィック上のポイントだからだ。

足元にはお約束の大径ホイール。21インチとされたそれは、市販車初だというCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)とアルミニウム合金を組み合わせたもので、ブラックの部分をよく見るとカーボンの織り目が確認できる。リムを打ち付けたりしないよう慎重に扱わないと……と、若干緊張してしまう。

「レイス」をベースに、黒を基調としたドレスアップやスポーティーなチューニングを施している。日本での車両価格は3999万円。
「レイス」をベースに、黒を基調としたドレスアップやスポーティーなチューニングを施している。日本での車両価格は3999万円。
ダブルRバッジは通常とは逆の、ブラック地にシルバー文字とされる。
ダブルRバッジは通常とは逆の、ブラック地にシルバー文字とされる。
ノーズ先端のフライングレディーも、ハイグロスブラック仕上げとされている。
ノーズ先端のフライングレディーも、ハイグロスブラック仕上げとされている。
サイドウィンドウのフレームやドアノブ、テールランプの輪郭などはダークカラーにせず、クロームはそのままとされている。
サイドウィンドウのフレームやドアノブ、テールランプの輪郭などはダークカラーにせず、クロームはそのままとされている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レイスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る