「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車

2017.02.07 自動車ニュース
「シボレー・コルベット グランスポーツ コレクターエディション」
「シボレー・コルベット グランスポーツ コレクターエディション」

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年2月7日、「シボレー・コルベット」に特別仕様車「グランスポーツ コレクターエディション」を設定し、発売した。

 
「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車の画像
 
「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車の画像

今回の特別仕様車は、シャシー性能を高めたスポーツグレードである「グランスポーツ」をベースに、内外装に専用のコーディネートを施したものである。販売台数は世界限定1000台で、日本へは5台が導入される。

ボディーカラーは「ワトキンスグレングレーメタリック」で、フロントまわりには鮮やかな「テンションブルー」のフェンダーハッシュマークを、エンジンフードからリアハッチにかけてはサテンブラックのストライプを採用。ブラックのアルミホイールとブレーキキャリパーも、エクステリアの特徴となっている。

一方インテリアについては、シートやセンターコンソール、ダッシュボードなどを同車専用となるテンションブルーのレザーおよびスエード素材でラッピング。各部にブルーのアクセントステッチを施している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • カーボンフラッシュバッジパッケージ
  • テンションブルー ハッシュフェンダーマーク
  • サテンブラック フルレングスストライプ
  • ブラックカップスタイルホイール
  • ブラックキャリパー
  • テンションブルーフルレザー&スエードラップドインテリア
  • ブルーアクセントステッチ付きツートーンGTバケットシート(テンションブルー/スエーデッドマイクロファイバーインサート)
  • ブルーアクセントステッチ(シート、インストゥルメントパネル、ドア、コンソール、シフト&ブーツ、ルーフライナー)
  • シート&ステアリングホイールエンブレム(シートはヘッドレストにエンボス加工)
  • スエーデッドマイクロファイバーラップドフラットボトムステアリング
  • ブラッシュドアルミニウムインテリアハッシュマーク
  • “Collector Edition”専用シルプレート
  • シリアルナンバーバッジ

価格は1277万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
コルベットシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • 世界限定650台、「シボレー・コルベット」の65周年記念モデル登場 2017.8.31 自動車ニュース 「Carbon 65 Edition」は、2018年にコルベットが誕生65周年を迎えることを記念した限定車。全世界で650台のみが販売され、日本市場にはそのうち「グランスポーツ」が5台、「Z06」が3台の、計8台が割り当てられる。両グレードとも7段MTと8段ATが選択可能。
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記 ジャガーの2ドアクーペ/コンバーチブル「Fタイプ」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載した新モデルが登場。ジャガー・ランドローバーの未来を担う新エンジンの出来栄えと、新しい心臓を得たFタイプの走りを、ノルウェーから報告する。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
ホームへ戻る