「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車

2017.02.07 自動車ニュース
「シボレー・コルベット グランスポーツ コレクターエディション」
「シボレー・コルベット グランスポーツ コレクターエディション」

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年2月7日、「シボレー・コルベット」に特別仕様車「グランスポーツ コレクターエディション」を設定し、発売した。

 
「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車の画像
 
「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車の画像

今回の特別仕様車は、シャシー性能を高めたスポーツグレードである「グランスポーツ」をベースに、内外装に専用のコーディネートを施したものである。販売台数は世界限定1000台で、日本へは5台が導入される。

ボディーカラーは「ワトキンスグレングレーメタリック」で、フロントまわりには鮮やかな「テンションブルー」のフェンダーハッシュマークを、エンジンフードからリアハッチにかけてはサテンブラックのストライプを採用。ブラックのアルミホイールとブレーキキャリパーも、エクステリアの特徴となっている。

一方インテリアについては、シートやセンターコンソール、ダッシュボードなどを同車専用となるテンションブルーのレザーおよびスエード素材でラッピング。各部にブルーのアクセントステッチを施している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • カーボンフラッシュバッジパッケージ
  • テンションブルー ハッシュフェンダーマーク
  • サテンブラック フルレングスストライプ
  • ブラックカップスタイルホイール
  • ブラックキャリパー
  • テンションブルーフルレザー&スエードラップドインテリア
  • ブルーアクセントステッチ付きツートーンGTバケットシート(テンションブルー/スエーデッドマイクロファイバーインサート)
  • ブルーアクセントステッチ(シート、インストゥルメントパネル、ドア、コンソール、シフト&ブーツ、ルーフライナー)
  • シート&ステアリングホイールエンブレム(シートはヘッドレストにエンボス加工)
  • スエーデッドマイクロファイバーラップドフラットボトムステアリング
  • ブラッシュドアルミニウムインテリアハッシュマーク
  • “Collector Edition”専用シルプレート
  • シリアルナンバーバッジ

価格は1277万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コルベットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シボレー・コルベット クーペZ51(FR/8AT)【試乗記】 2015.4.24 試乗記 「シボレー・コルベット」のトランスミッションが8段ATに進化。多段化の恩恵と、アメリカが誇るスーパースポーツカーの走りを確かめた。
  • 「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車 2017.2.7 自動車ニュース 「シボレー・コルベット」に特別仕様車「グランスポーツ コレクターエディション」が登場。よりレーシーなイメージで内外装をドレスアップした限定モデルで、販売台数は世界限定1000台。日本へは5台のみが導入される。
  • シボレー・コルベットZ06コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.26 試乗記 シボレーのイメージリーダーを担う高性能スポーツモデル「コルベット」の、さらなるハイパフォーマンスバージョンが「Z06」である。今回は8段ATのコンバーチブルに試乗。サーキットが鍛えたその実力と、同車が持ち合わせる意外な一面をリポートする。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • アルファ・ロメオ、各モデルに新ブランドロゴを採用 2017.2.8 自動車ニュース FCAがアルファ・ロメオの全ラインナップにマイナーチェンジを実施し、同日2月18日に販売を開始する。今回の改良では新しいブランドロゴを採用したほか、内外装のデザイン変更や、装備設定およびグレード体系の見直しも行っている。
ホームへ戻る