「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車

2017.02.07 自動車ニュース
「シボレー・コルベット グランスポーツ コレクターエディション」
「シボレー・コルベット グランスポーツ コレクターエディション」拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年2月7日、「シボレー・コルベット」に特別仕様車「グランスポーツ コレクターエディション」を設定し、発売した。

 
「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車の画像拡大
 
「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車の画像拡大

今回の特別仕様車は、シャシー性能を高めたスポーツグレードである「グランスポーツ」をベースに、内外装に専用のコーディネートを施したものである。販売台数は世界限定1000台で、日本へは5台が導入される。

ボディーカラーは「ワトキンスグレングレーメタリック」で、フロントまわりには鮮やかな「テンションブルー」のフェンダーハッシュマークを、エンジンフードからリアハッチにかけてはサテンブラックのストライプを採用。ブラックのアルミホイールとブレーキキャリパーも、エクステリアの特徴となっている。

一方インテリアについては、シートやセンターコンソール、ダッシュボードなどを同車専用となるテンションブルーのレザーおよびスエード素材でラッピング。各部にブルーのアクセントステッチを施している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • カーボンフラッシュバッジパッケージ
  • テンションブルー ハッシュフェンダーマーク
  • サテンブラック フルレングスストライプ
  • ブラックカップスタイルホイール
  • ブラックキャリパー
  • テンションブルーフルレザー&スエードラップドインテリア
  • ブルーアクセントステッチ付きツートーンGTバケットシート(テンションブルー/スエーデッドマイクロファイバーインサート)
  • ブルーアクセントステッチ(シート、インストゥルメントパネル、ドア、コンソール、シフト&ブーツ、ルーフライナー)
  • シート&ステアリングホイールエンブレム(シートはヘッドレストにエンボス加工)
  • スエーデッドマイクロファイバーラップドフラットボトムステアリング
  • ブラッシュドアルミニウムインテリアハッシュマーク
  • “Collector Edition”専用シルプレート
  • シリアルナンバーバッジ

価格は1277万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
コルベットシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • 第2回:シボレー・カマロ 初夏の富士山麓を行く 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 6代目となる現行型「シボレー・カマロ」のコンバーチブルで、目指すは初夏の山中湖。スポーツカーとは一線を画す4シーターオープンならではの気持ちよさと、モダンなアメリカ車が持ち合わせる質の高い走りを、写真とともにリポートする。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
ホームへ戻る