第437回:嗚呼! ソソられまくりフランクフルト(後編) ドイツ自動車業界はバブルなのであーる!?

2011.10.07 エッセイ

第437回:嗚呼! ソソられまくりフランクフルト(後編)ドイツ自動車業界はバブルなのであーる!?

かつてのバギーをモチーフにしたというフォルクスワーゲンのコンセプトカー「buggy up!」。
第437回:嗚呼! ソソられまくりフランクフルト(後編) ドイツ自動車業界はバブルなのであーる!?
「buggy up!」のインテリア。
第437回:嗚呼! ソソられまくりフランクフルト(後編) ドイツ自動車業界はバブルなのであーる!?
こちらは「buggy up!」のリアビュー。
第437回:嗚呼! ソソられまくりフランクフルト(後編) ドイツ自動車業界はバブルなのであーる!?

円高さまさまのドイツ!?

新車出まくりフランクフルト。一方、本拠地のドイツ車はドイツ車ですごかった。なにが好印象かって、まずはフォルクスワーゲン「up!」よ。
といっても9月から本拠地ドイツで受注が始まってる実車版の方じゃない。コンセプトカーの方ね。up!は話題の9850ユーロの激安「take up!」のほかコンセプトカーが6種も出ており、それぞれ「buggy up!」「up! azzurra sailing team」「cross up!」「 GT up!」「eco up! 」「e-up」とかなりオモチャっぽい(?)ネーミング。個人的には「GT up!」は「Hurry up!」にしてほしかったが(笑)。

なかでも気になったのは海をイメージした最初の2台で、かたや60年代の「フォルクスワーゲン・ビートル」ベースのカスタムバギーで有名なブルース・メイヤー、かたやイタリアの超有名カーデザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロと現フォルクスワーゲン・グループデザイン部門トップのワルター・デ・シルヴァとの共同プロデュース。特にシビれたのはヨット仕様だ。

写真を見てもらえればわかるが、とにかく華やか&爽やか!! まさしくコートダジュールのイメージだ。ウッドフレームだけの手すりといい、ウッドデッキそのもののラゲッジルームといい、見事に陸と海が溶け合っている。もう、なんちゅうか、デッキシューズ限定でしょ!

バギーの方も、ドアなしのロールバーボディーといい、ウオータープルーフのインテリアといい結構リアル。しかもアメリカっぽい。
どちらもこの市販版が出るとは思えないが、一番驚いたのは堅物フォルクスワーゲンが、ついにこういう柔らかなコンセプトを打ち出してきたこと。それもイタリアと組んで。
もちろんイタリア人デザイナーをトップに持ってくるくらいだから、グローバリズムまっただ中なのは分かるし、偏見もないのだろうが、フォルクスワーゲンがまさかラテンテイストで来るとはね。

「up! azzurra sailing team」。
第437回:嗚呼! ソソられまくりフランクフルト(後編) ドイツ自動車業界はバブルなのであーる!?
ウッドがふんだんに使われる、個性的な「up! azzurra sailing team」のインテリア。
第437回:嗚呼! ソソられまくりフランクフルト(後編) ドイツ自動車業界はバブルなのであーる!?
第437回:嗚呼! ソソられまくりフランクフルト(後編) ドイツ自動車業界はバブルなのであーる!?

しかもこれだけじゃない。最近フォルクスワーゲンは、「フィアット500」や「アバルト」ブランドを復活させ、ヒットさせた名マーケッターであり元フィアットCEOのルカ・デメオ氏を引き抜いたそう。「up!」のイメージ戦略もまことしやかに彼が描いたとも言われるほどで、今のフォルクスワーゲンはなりふりかまってない。伸びるためには、ラテンの力も借りるし、ラテンテイストもまとうのだ!
それと実車版「up!」の方だけど、ドイツ人ジャーナリストいわく「Macintosh的」。そ、例のミニマリズム全開のアップルコンピュータ的だといい、なんだかどんどんボーダーレスになっている気がする。それも発想がね。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』