イタリアがモチーフの特別な「スマート・フォーツーカブリオ」登場

2017.02.07 自動車ニュース
「スマート・カブリオ マキアート」(写真左)と「カブリオ エスプレッソ」(右)。
「スマート・カブリオ マキアート」(写真左)と「カブリオ エスプレッソ」(右)。拡大

メルセデス・ベンツ日本は2017年2月7日、「スマート・フォーツーカブリオ」の特別仕様車「スマート・カブリオ マキアート」「スマート・カブリオ エスプレッソ」を発表。同年3月31日までの期間限定で注文受け付けを開始した。

「カブリオ マキアート」。クリスタルホワイトのボディーにベージュのソフトトップが組み合わされる。
「カブリオ マキアート」。クリスタルホワイトのボディーにベージュのソフトトップが組み合わされる。拡大
こちらは、ディープブラックのボディーカラーが与えられる、「カブリオ エスプレッソ」。
こちらは、ディープブラックのボディーカラーが与えられる、「カブリオ エスプレッソ」。拡大
2モデルともに、シートはブラックの本革仕立てとなる。
2モデルともに、シートはブラックの本革仕立てとなる。拡大

スマート・カブリオ マキアート/カブリオ エスプレッソは、スマート・フォーツーカブリオの人気が高いイタリアをモチーフにした特別仕様車。カブリオ マキアートはクリスタルホワイト、カブリオ エスプレッソはディープブラックのボディーカラーが与えられ、ボディー同色のトリディオンセーフティセルとフロントグリルが組み合わされる。ソフトトップのカラーは、ともにシックなベージュとなっている。

インテリアは、シートヒーターが備わるブラックの本革シートが特徴。安全装備のほか、マルチファンクションステアリングホイールやクルーズコントロールなど機能的な装備も充実しており、快適なオープンドライブが楽しめるとアピールされる。パワーユニットは、0.9リッターの直3ターボエンジン(最高出力90ps、最大トルク13.8kgm)。

価格はともに、255万円。

(webCG)

関連キーワード:
フォーツーカブリオスマート自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマート・フォーツーカブリオ ターボ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.13 試乗記 「スマート・フォーツー」に限定モデル「カブリオ ターボ リミテッド」が登場。90psと13.8kgmを発生する0.9リッター直3ターボエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて3代目となる現行型スマートのドライブフィールを確かめた。
  • スマート・フォーツーカブリオ ターボ リミテッド/フォーフォー ターボ【試乗記】 2016.9.29 試乗記 第3世代となる現行型のスマートに、ターボエンジン搭載モデルが登場。その走りは、先行デビューした自然吸気モデルとどう違うのか。2シーターオープンと4シーター、それぞれの持ち味をチェックした。
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
ホームへ戻る