イタリアがモチーフの特別な「スマート・フォーツーカブリオ」登場

2017.02.07 自動車ニュース
「スマート・カブリオ マキアート」(写真左)と「カブリオ エスプレッソ」(右)。
「スマート・カブリオ マキアート」(写真左)と「カブリオ エスプレッソ」(右)。拡大

メルセデス・ベンツ日本は2017年2月7日、「スマート・フォーツーカブリオ」の特別仕様車「スマート・カブリオ マキアート」「スマート・カブリオ エスプレッソ」を発表。同年3月31日までの期間限定で注文受け付けを開始した。

「カブリオ マキアート」。クリスタルホワイトのボディーにベージュのソフトトップが組み合わされる。
「カブリオ マキアート」。クリスタルホワイトのボディーにベージュのソフトトップが組み合わされる。拡大
こちらは、ディープブラックのボディーカラーが与えられる、「カブリオ エスプレッソ」。
こちらは、ディープブラックのボディーカラーが与えられる、「カブリオ エスプレッソ」。拡大
2モデルともに、シートはブラックの本革仕立てとなる。
2モデルともに、シートはブラックの本革仕立てとなる。拡大

スマート・カブリオ マキアート/カブリオ エスプレッソは、スマート・フォーツーカブリオの人気が高いイタリアをモチーフにした特別仕様車。カブリオ マキアートはクリスタルホワイト、カブリオ エスプレッソはディープブラックのボディーカラーが与えられ、ボディー同色のトリディオンセーフティセルとフロントグリルが組み合わされる。ソフトトップのカラーは、ともにシックなベージュとなっている。

インテリアは、シートヒーターが備わるブラックの本革シートが特徴。安全装備のほか、マルチファンクションステアリングホイールやクルーズコントロールなど機能的な装備も充実しており、快適なオープンドライブが楽しめるとアピールされる。パワーユニットは、0.9リッターの直3ターボエンジン(最高出力90ps、最大トルク13.8kgm)。

価格はともに、255万円。

(webCG)

関連キーワード:
フォーツーカブリオスマート自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマート・フォーツーカブリオ ターボ リミテッド/フォーフォー ターボ【試乗記】 2016.9.29 試乗記 第3世代となる現行型のスマートに、ターボエンジン搭載モデルが登場。その走りは、先行デビューした自然吸気モデルとどう違うのか。2シーターオープンと4シーター、それぞれの持ち味をチェックした。
  • スズキ・スーパーキャリイX(FR/5MT)【試乗記】 2018.8.6 試乗記 スズキの軽トラック「キャリイ」に、巨大なキャビンを備えたその名も「スーパーキャリイ」が登場。大幅に便利に、快適になった車内空間の“居心地”は? 比喩表現ではない、本当の意味での“プロのツール”の使用感と、乗用車とは全く違う走りの味をリポートする。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.8.11 試乗記 アストンマーティンの新型フラッグシップ「DBSスーパーレッジェーラ」が登場。「DB11」をベースに大幅な軽量化とパワーアップを図ったFRライン最高峰モデルは、超高性能スポーツカーでありながら快適なGTという性格も併せ持っていた。
  • モーガン4/4(FR/5MT)【試乗記】 2018.8.9 試乗記 戦前のクルマづくりを今日に伝える英モーガンのスポーツカー「4/4」。1936年に誕生した“新車で買えるクラシックカー”は、のぞき込んでも乗ってみても、現代のクルマとは似るところがなく、付き合うほどに発見のある興味のつきない一台だった。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)/ジムニーシエラJC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.8.3 試乗記 誕生から48年を迎えた小さなクロカンモデル「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。20年ぶりのモデルチェンジで登場した4代目では、何が変わり、何が受け継がれたのか。ジムニーの“ホーム”であるオフロードと、オンロードの両方で試乗し、その実力を確かめた。
ホームへ戻る