第29回:ディーゼルはまだ死なず!

2017.02.14 カーマニア人間国宝への道

Eクラスディーゼルがあった!

2年半前欧州で乗った不正ディーゼルエンジン搭載の「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTDI」は、これまで私が体験したすべてのディーゼルエンジン中、最良といえるフィーリングであった! ということを、先週は書かせていただきました。

が、もうそんなクルマは入手できない。

お手ごろ価格のディーゼル乗用車は2リッターまでの4気筒エンジン搭載だが、まっとうなエンジンはどれもこれも性能やフィーリングは似たり寄ったり。よってディーゼル乗用車選びの決め手はスタイリングやインテリア! という投げやりな結論になりつつあるが、実はつい最近、「これは!」という4気筒ディーゼルに出会いました。

そのエンジンは、まるであのフォルクスワーゲン不正ディーゼルのようなシャープな吹け上がりと回転落ちを見せつつ、さすがの分厚いトルクで決して軽くない車体を軽々と加速させ、JC08モード燃費で20.0~21.0km/リッターをマークするエリートなヤツである。

搭載車の名は、「メルセデス・ベンツE220d」。私が乗った個体は「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)」という長ったらしい車名だった。

新型「Eクラス」のディーゼルが日本に導入されたのは昨年11月。私もつい先日JAIA大試乗会で初めて乗ることができ、かなり衝撃を受けました。

「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTDI」
「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTDI」
「メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」
「メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」
JAIA(日本自動車輸入組合)の試乗会にて。「ベントレー・ベンテイガ」の横でポーズをキメる筆者。
JAIA(日本自動車輸入組合)の試乗会にて。「ベントレー・ベンテイガ」の横でポーズをキメる筆者。
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算46台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る