トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU(FF/CVT)/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ(FF/CVT)

ベストセラーに肉薄 2017.02.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。

もはやマストアイテム

webCG編集部より、元アクアオーナーの私の元に、「ヴィッツ ハイブリッドに試乗せよ」との指令がきました! 当然アクアとの比較が念頭にあるものと思われます!

一昨年まで、国内販売台数3年連続ナンバーワンを誇ったアクア。一方のヴィッツは、ハイブリッドが設定されなかったため凋落(ちょうらく)し、7~10位あたりをうろうろしております。

ボディーサイズを見ると、マイチェン後のヴィッツはアクアに対して全高が55mm高く、全長が50mm短いだけ。なんとなく「アクアの方が格上」というイメージがありますが、実際にはそうでもないのですね。そんな似たようなサイズのクルマにそろってハイブリッドを載せて、トヨタにとってメリットはあるのか? という疑問も頭をもたげますが、トヨタにすれば「もはやハイブリッドはマストアイテム」ということでしょう。このクラスではすでに販売の約4割がハイブリッド車なのですから! ハイブリッドの方が値段が高い分、売り上げも増えますし。

現行の3代目ヴィッツが登場したのは約5年前。その時の印象は大変悪いものでした。ボディーも足まわりもステアリングもヘロヘロのヘナヘナ、エンジンはうるさいだけ。デザインにいたっては、傑作だった初代のフォルムに無意味なデコレーションを大量に盛ってつり目にしただけの印象で、全体として「ドツボ」でした。このクラス、すなわち「フィット」や「ノート」、「デミオ」、「スイフト」といったライバルと比べても、間違いなく最下位の仕上がりだったのです。

試乗会場に並んだ、さまざまなグレードの「ヴィッツ」。全グレード合わせて17色に及ぶ豊富なカラーバリエーションも、セリングポイントのひとつ。
試乗会場に並んだ、さまざまなグレードの「ヴィッツ」。全グレード合わせて17色に及ぶ豊富なカラーバリエーションも、セリングポイントのひとつ。
「ヴィッツ ハイブリッドU」のインテリア。加飾のカラーをブラックで統一、洗練されたイメージが演出されている。
「ヴィッツ ハイブリッドU」のインテリア。加飾のカラーをブラックで統一、洗練されたイメージが演出されている。
「ヴィッツ」には、レーザーレーダーと単眼カメラを併用した安全装備「Toyota Safety Sense C」が標準装備またはオプションとして用意される。写真右上に見えるのは、その一部機能のオンオフスイッチ。
「ヴィッツ」には、レーザーレーダーと単眼カメラを併用した安全装備「Toyota Safety Sense C」が標準装備またはオプションとして用意される。写真右上に見えるのは、その一部機能のオンオフスイッチ。
マイナーチェンジを機に、バックドア、バンパー、ワイパー、ランプ類の形状を一新。リアのイメージが大きく変更された。
マイナーチェンジを機に、バックドア、バンパー、ワイパー、ランプ類の形状を一新。リアのイメージが大きく変更された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る