第489回:「イタ車&フラ車はMTだ」なんて、もう古い!
最新データが語る、現地オートマ車比率の現実

2017.02.17 マッキナ あらモーダ!

ルノーのミニバンはほとんどAT

2016年1月~10月にフランスで販売された乗用車のうち、24%がオートマチック(AT)車だった。このデータはフランス自動車製造業協会(CCFA)によるもので、1995年は3%、2004年は8%、そして2015年は20%と、AT比率の高まりは加速している。

フランスのAFP通信は、モデル別のAT比率も報じている。ルノーの高級車「タリスマン」は66.5%、同じルノーのミニバン「エスパス」に至っては90%がATだ。ルノー全体では、過去6年でAT車販売比率が5倍に増えた。日産とのアライアンス強化で、新しいATが導入されたことが背景にあるという。

プジョーの場合、2016年のパリモーターショーでデビューした新型「3008」は、販売の65%がATだ。2016年10月にプジョーの新社長に就任したジャン-フィリップ・インパラート氏がAFPに話したところによると、「より人間の感覚に近くなった変速方式と、デジタル化されたコックピットとの相性」が人気の要因と分析されている。

つまり、マニュアルトランスミッション(MT)を操作する必要性を忘れさせ、空いた右手でディスプレイ操作が快適にできるため、ATは有用であるという考えだ。参考までに付け加えれば、3008のATはアイシン・エィ・ダブリュ製の6段AT「EAT6」である。

フランスでは一般車より先に、タクシーでAT車比率が上がった。特にハイブリッド車や電気自動車が積極的に導入されるようになってから、うなぎ上りに上昇していった。例えば、大手タクシー運営事業社「G7」は、いまや登録車両の3割にあたる3000台が、「トヨタ・プリウス」「メルセデス・ベンツEクラス」のハイブリッド車、「テスラ・モデルS」といった環境対策車だという。つまりAT車だ。

「ルノー・タリスマン」。現行ルノーのラインナップにおける最高級車である。なお、フランスで製造されている同車の姉妹車として、韓国ルノーサムスンの「SM6」がある。
「ルノー・タリスマン」。現行ルノーのラインナップにおける最高級車である。なお、フランスで製造されている同車の姉妹車として、韓国ルノーサムスンの「SM6」がある。
「ルノー・タリスマン」のインテリア。ATは6段もしくは7段のDCT。
「ルノー・タリスマン」のインテリア。ATは6段もしくは7段のDCT。
「ルノー・エスパス」。「タリスマン」と同じCMF-CDプラットフォームを採用している。
「ルノー・エスパス」。「タリスマン」と同じCMF-CDプラットフォームを採用している。
「ルノー・エスパス」のインテリア。ATは「タリスマン」と同様、6段もしくは7段のDCTである。
 
「ルノー・エスパス」のインテリア。ATは「タリスマン」と同様、6段もしくは7段のDCTである。
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

新着記事