第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~

2017.02.14 JAIA輸入車試乗会2017
 
第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~の画像

インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、webCGメンバーが注目した3台の魅力をリポートする。

ルノー・トゥインゴ ゼン
ルノー・トゥインゴ ゼン
 
第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~の画像
 
第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~の画像
 
第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~の画像

懐かしいにおいがした
ルノー・トゥインゴ ゼン……171万円

運転席のwebCG折戸が言った。「思わず大黒摩季を思い出しちゃいますね」 記者は即座に悟った。「『ら・ら・ら』ですね。♪なっつっかっしっいにおいっがしったぁ~」 「音程違います」

記者が同僚の言わんとしていることをすんなり理解できたのには、訳がある。2人とも、元「ローバー・ミニ」乗りだったからだ。

すんごい暴論だけど、「トゥインゴ」のMTはあのミニに似ている。ラブリーでライブリーな小排気量4気筒自然吸気エンジンのガンバりっぷりも、シフトダウンしてアクセル全開をくれたときの遅さも。
減速からの再加速でシフトダウンをサボると、ノブをプルプルいわしてドライバーに不満を垂れるが、プルプルしつつもクルマはちゃんと前に進もうとする。けなげである。筒内燃料噴射と過給機の台頭によって失われてしまった大衆車用実用エンジンの愛嬌(あいきょう)が、しっかり残されている。思わずニヤニヤである。

そりゃあトゥインゴは現代のクルマだし、“国籍”はフランスだし、駆動レイアウトはRRである。ステアリングの軽さも含め、違うと言われりゃ全然違う。でも、この際そんなへ理屈はどーでもいんだよ。とにかく心象風景が一緒だったのだ。元ミニオーナーが2人そろって言うんだから、間違いない。

撮影場所の大磯ロングビーチに戻り、編集部の皆でとっかえひっかえ試乗。「お金があったら親に1台買ってあげたい」やら「今日一番の“癒やし系”」やら、皆いろいろな言葉でトゥインゴを表現しようとする。いろいろな言葉で表現したくなるクルマなのでしょう。

オタッキーな話をすれば、特別な技術なんてなにも使われていない、なんの変哲もないただのベーシックカーである。それでも、この時代にこんなクルマ(しかも新車)に乗れたことに、感謝感謝である。

(文=webCG ほった/写真=田村 弥)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2016.3.16 試乗記 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジを受け、1.2リッター直4ターボエンジンと6段ATの設定が変更された。最新型の“街中性能”を、上級グレード「インテンス」の試乗を通じてチェックする。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 「ルノー・カングー」に60台の限定モデル登場 2017.6.8 自動車ニュース ルノー・ジャポンが「ルノー・カングー」の特別仕様車「オーセンティック 6MT」を発売。1.2リッターターボエンジンを搭載した「アクティフ(6MT)」をベースに、人気のオプションであるクラシックアロイホイールとマルチルーフレールを標準装備している。
ホームへ戻る