【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場

2017.02.13 自動車ニュース
「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」
「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」

独ダイムラーは2017年2月13日、「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」を第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で世界初公開すると発表した。

 
【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場の画像
 
【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場の画像
 
【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場の画像

メルセデス・マイバッハG650ランドーレットは、エクスクルーシブ性を追求したメルセデス・ベンツのサブブランド、メルセデス・マイバッハからリリースされる99台の限定モデルである。

ランドーレットという車名にも表れている通り、全長が5345mm、全高が2235mm、ホイールベースが3428mmという巨大なボディーのリアセクションには、電動開閉式のソフトトップを装備。リアシートは巨大なセンターコンソールで仕切られた左右独立式で、前席と後席の間を仕切るパーテーションには、10インチ(25.4cm)のディスプレイを持つエンターテインメントシステムが備わっている。

エンジンはメルセデスAMG製のV12ツインターボで、630ps(463kW)の最高出力と102.0kgm(1000Nm)の最大トルクを発生。450mmの最低地上高を確保するなど、悪路走破性能についても追求されており、デファレンシャルの差動を止めて動力軸を直結にできるデフロック機構をはじめ、「G63 AMG 6×6」や「G550 4×4²」ゆずりのポータルアクスル、325/55R22サイズの巨大なタイヤなどが採用されている。

発売は2017年秋の予定。

(webCG)

→「ジュネーブショー2017」の記事をもっと見る
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • メルセデス・ベンツG63 AMG(4WD/7AT)【試乗記】 2012.12.12 試乗記 メルセデス・ベンツG63 AMG(4WD/7AT)
    ……1780万円

    そろそろ引退か? と思われながらリニューアルを繰り返してきたメルセデスの「Gクラス」。いかつい顔つきになった「G63 AMG」では、いよいよ544psのパワーを得るに至った。その底力は?
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/7AT)/メルセデスAMG G63(4WD/7AT)【海外試乗記】 2015.10.21 試乗記 「メルセデス・ベンツGクラス」にもダウンサイジングの波。マイナーチェンジを受けてエンジンを5.5リッターV8自然吸気から4リッターV8ツインターボに換装した「G500」などにドイツ・フランクフルト郊外で試乗した。
ホームへ戻る