【ジュネーブショー2017】三菱の新型コンパクトSUV、車名は「エクリプス クロス」に決定

2017.02.14 自動車ニュース
「三菱エクリプス クロス」のイメージ画像。
「三菱エクリプス クロス」のイメージ画像。

三菱自動車は2017年2月14日、第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で世界初公開する新型コンパクトSUVの車名が、「エクリプス クロス」であると発表した。

 
【ジュネーブショー2017】三菱の新型コンパクトSUV、車名は「エクリプス クロス」に決定の画像
初代「三菱エクリプス」
初代「三菱エクリプス」

新型コンパクトSUVがクーペタイプであることから、1989年より米国で販売されたスペシャリティークーペ「エクリプス」と、クロスオーバーの略であるクロスを組み合わせてエクリプス クロスと命名したという。

エクリプスとは、英語で天文現象である日食の意味で、プレスリリースによれば、スタイリッシュなクーペと、機動力が高いSUVを融合させた躍動感のある美しいフォルムは、皆既日食の直前、あるいは直後に観測されるダイヤモンドリングと同様、人々の心を刺激して高揚させる。また、ボディーカラーに用いられる新開発の高彩度レッドは、皆既日食の際に観測されるプロミネンスと同様、鮮明な印象を与える。とアピールされる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

新着記事