「ベントレー・コンチネンタルGT V8 S」に、オーダーメイド部門が手がけた限定車登場

2017.02.15 自動車ニュース
「ベントレー・コンチネンタルGT V8 Sムーンクラウド エディション」
「ベントレー・コンチネンタルGT V8 Sムーンクラウド エディション」拡大

ベントレー モーターズ ジャパンは2017年2月15日、「コンチネンタルGT V8 S」に、日本限定の特別仕様車「Mooncloud Edition(ムーンクラウド エディション)」を12台限定で設定し、販売を開始した。価格は2410万円。

ボディーカラーはムーンビームとオニキスのデュオトーンを採用する。
ボディーカラーはムーンビームとオニキスのデュオトーンを採用する。拡大
インテリアにはヒドン・デライト仕様を採用。収納の内部などにクラインブルーのアクセントが施される。
インテリアにはヒドン・デライト仕様を採用。収納の内部などにクラインブルーのアクセントが施される。拡大
ヘッドレストには「Mulliner」の刺しゅうが施される。
ヘッドレストには「Mulliner」の刺しゅうが施される。拡大
助手席側のインストゥルメントパネルには、螺鈿(らでん)細工のような幾何学模様がデザインされている。
助手席側のインストゥルメントパネルには、螺鈿(らでん)細工のような幾何学模様がデザインされている。拡大

今回のムーンクラウド エディションは、英ベントレーの特別注文部門である「マリナー」が手がけたモデルである。

ボディーカラーはムーンビームとオニキスのデュオトーン(ツートーン)。これまで「ミュルザンヌ」や「フライングスパー」などのサルーンモデルのみに設定されていたデュオトーンカラーが、クーペモデルとして初めて採用された。

インテリアには、同じくミュルザンヌのみに設定されている「ヒドン・デライト」仕様を採用。これはアームレスト収納の内側など、見えにくいところにアクセントカラーが施されるもので、イギリス人が好む、ジャケットの裏地などに施される明るい差し色と同じ意味合いがあるという。アクセントカラーにはクラインブルーが用いられる。

主な特別装備は以下の通り。

  • ムーンビームとオニキスのデュオトーンカラー
  • ベルーガインテリア
  • ピアノブラックウッドパネル
  • 助手席側に真珠白色と現代的なグレーを組み合わせたジオメトリック細工
  • クラインブルーのヒドン・デライトインテリア(アームレスト、クラフトウッドケース、グローブボックスリッドそれぞれの内側)
  • ステアリングホイールにクラインブルーのコントラストステッチ
  • ヘッドレストにクラインブルーで「Mulliner」の刺しゅう
  • オーバーマット、トランクカーペットにクラインブルーでコントラストバインディング
  • ブライトリングクロックのアウターフェイスベゼルにクラインブルーを配色
  • マリナーLEDアプローチランプ

(webCG)

関連キーワード:
コンチネンタルGTベントレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGT 2018.3.5 画像・写真 英国の高性能グランドツアラー「ベントレー・コンチネンタルGT」がフルモデルチェンジ。従来モデルよりさらなるパフォーマンス向上を果たすとともに、「ベントレーダイナミックライド」によって快適な乗り心地も実現している。3代目となる新型を写真で紹介する。
  • 【ニューヨークショー2018】「マセラティ・レヴァンテ」のV8ツインターボモデル登場 2018.3.30 自動車ニュース 伊マセラティは2018年3月28日(現地時間)、ニューヨーク国際自動車ショーで「レヴァンテ トロフェオ」を世界初公開した。最高出力590ps、最大トルク730Nmを発生する3.8リッターツインターボエンジンを搭載する。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
  • 新型「ベントレー・コンチネンタルGT」日本上陸 2017.12.19 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年12月19日、新型「コンチネンタルGT」を報道陣にお披露目した。日本国内での価格は2530万円で、2018年の第3四半期にデリバリーが開始される予定。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
ホームへ戻る