「ベントレー・コンチネンタルGT V8 S」に、オーダーメイド部門が手がけた限定車登場

2017.02.15 自動車ニュース
「ベントレー・コンチネンタルGT V8 Sムーンクラウド エディション」
「ベントレー・コンチネンタルGT V8 Sムーンクラウド エディション」

ベントレー モーターズ ジャパンは2017年2月15日、「コンチネンタルGT V8 S」に、日本限定の特別仕様車「Mooncloud Edition(ムーンクラウド エディション)」を12台限定で設定し、販売を開始した。価格は2410万円。

ボディーカラーはムーンビームとオニキスのデュオトーンを採用する。
ボディーカラーはムーンビームとオニキスのデュオトーンを採用する。
インテリアにはヒドン・デライト仕様を採用。収納の内部などにクラインブルーのアクセントが施される。
インテリアにはヒドン・デライト仕様を採用。収納の内部などにクラインブルーのアクセントが施される。
ヘッドレストには「Mulliner」の刺しゅうが施される。
ヘッドレストには「Mulliner」の刺しゅうが施される。
助手席側のインストゥルメントパネルには、螺鈿(らでん)細工のような幾何学模様がデザインされている。
助手席側のインストゥルメントパネルには、螺鈿(らでん)細工のような幾何学模様がデザインされている。

今回のムーンクラウド エディションは、英ベントレーの特別注文部門である「マリナー」が手がけたモデルである。

ボディーカラーはムーンビームとオニキスのデュオトーン(ツートーン)。これまで「ミュルザンヌ」や「フライングスパー」などのサルーンモデルのみに設定されていたデュオトーンカラーが、クーペモデルとして初めて採用された。

インテリアには、同じくミュルザンヌのみに設定されている「ヒドン・デライト」仕様を採用。これはアームレスト収納の内側など、見えにくいところにアクセントカラーが施されるもので、イギリス人が好む、ジャケットの裏地などに施される明るい差し色と同じ意味合いがあるという。アクセントカラーにはクラインブルーが用いられる。

主な特別装備は以下の通り。

  • ムーンビームとオニキスのデュオトーンカラー
  • ベルーガインテリア
  • ピアノブラックウッドパネル
  • 助手席側に真珠白色と現代的なグレーを組み合わせたジオメトリック細工
  • クラインブルーのヒドン・デライトインテリア(アームレスト、クラフトウッドケース、グローブボックスリッドそれぞれの内側)
  • ステアリングホイールにクラインブルーのコントラストステッチ
  • ヘッドレストにクラインブルーで「Mulliner」の刺しゅう
  • オーバーマット、トランクカーペットにクラインブルーでコントラストバインディング
  • ブライトリングクロックのアウターフェイスベゼルにクラインブルーを配色
  • マリナーLEDアプローチランプ

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コンチネンタルGTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】 2016.7.1 試乗記 ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • 【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場 2017.3.8 自動車ニュース 独ポルシェは2017年3月7日、ジュネーブショーモーターショーで「911 GT3」の最新モデルを世界初公開した。同車は最高出力500psの4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載しており、日本での販売価格は2115万円。
  • 第3回:ただ速いだけじゃない
    「ジャガーFタイプSVR」の真価とは?
    2017.2.28 特集 最高出力575ps、最大トルク71.4kgmを発生する、「ジャガーFタイプ」のトップグレード「SVR」。専用の空力パーツとさらに引き締められた足まわりを持つこのモデルは、絶対的な動力性能以外の点でも、大きな存在感を放っていた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る