環境性能を高めた新型「トヨタ・プリウスPHV」発売

2017.02.15 自動車ニュース
新型「トヨタ・プリウスPHV」。写真のグレードは「プリウスPHV S“ナビパッケージ”」。
新型「トヨタ・プリウスPHV」。写真のグレードは「プリウスPHV S“ナビパッケージ”」。

トヨタ自動車は2017年2月15日、2代目となる新型「プリウスPHV」を発表。同日、販売を開始した。

発表会で「プリウスPHV」を紹介するトヨタ自動車の内山田竹志 代表取締役会長。現在最も省エネルギーにつながるクルマとして、プラグインハイブリッド車の存在意義を強調した。
発表会で「プリウスPHV」を紹介するトヨタ自動車の内山田竹志 代表取締役会長。現在最も省エネルギーにつながるクルマとして、プラグインハイブリッド車の存在意義を強調した。
「プリウス」とは大きく異なるフロントまわり。燃料電池車「ミライ」と同じ4連LEDが採用されている。
「プリウス」とは大きく異なるフロントまわり。燃料電池車「ミライ」と同じ4連LEDが採用されている。
中央がくぼんだリアウィンドウは、「プリウスPHV」のデザインにおける特徴のひとつ。
中央がくぼんだリアウィンドウは、「プリウスPHV」のデザインにおける特徴のひとつ。
「プリウス」と同様に、滑らかな曲面で構成されるインテリア。中央の大型モニターが目を引く。
「プリウス」と同様に、滑らかな曲面で構成されるインテリア。中央の大型モニターが目を引く。

「プリウス」と異なるデザインで差別化

プリウスPHVは、4代目「プリウス」をベースとするプラグインハイブリッドカーである。2016年3月のニューヨーク国際オートショーで披露され、日本では同年秋にお目見えするとアナウンスされたが、諸般の事情で発売が延期されていた。欧米で続々と登場しているプラグインハイブリッドカーと競合する価格帯のモデルで、トヨタの環境戦略の柱となることが期待されている。ハイブリッド車のプリウス、燃料電池車の「ミライ」と合わせ、“環境3兄弟”という位置づけだ。

先代のプリウスPHVは2012年に一般への販売が開始されていたが、人気モデルになったとは言いがたい。伸び悩んだ理由のひとつが外観である。ハイブリッドモデルとの違いがわかりにくかったとの反省から、今回は独自のエクステリアデザインを採用した。フロントマスクには左右4つずつLEDランプを並べ、プリウスよりもミライに似た顔つきになった。同時期に開発が進められたこともあり、実際にミライと共用しているパーツは多い。

リアスタイルはさらにプリウスとの差別化が図られた。左右に2つの膨らみを持たせた“ダブルバブルウィンドウ”を採用。中央部分が大きくえぐられたような形状になっている。デザイン的な意味だけでなく、空力面でも優れた効果があるという。バックドアの骨格には炭素繊維強化樹脂(CFRP)が採用され、アルミニウムで作った場合に比べて、単体で約40%の軽量化を実現した。サイドトリムが不必要になったことで、後方視界の拡大にも役立っている。

インテリアで目を引くのは、ダッシュボードのセンターに位置する11.6インチの縦型ディスプレイだ。カーナビやオーディオ、空調などの表示とコントロールが集約されている。タッチパネルにより、スマートフォン感覚の直感的な操作が可能になった。

1.8リッター直4エンジンにモーターを組み合わせたパワーユニット。モーターだけを使った航続距離は68.2kmへと大幅に延長された。


	1.8リッター直4エンジンにモーターを組み合わせたパワーユニット。モーターだけを使った航続距離は68.2kmへと大幅に延長された。
車体右後方にある給電口。急速充電器を使えば、20分で約80%充電できる。
車体右後方にある給電口。急速充電器を使えば、20分で約80%充電できる。
発表会場には、「プリウスPHV」のCMキャラクターを務める女優・石原さとみさんも姿を見せ、晴れの舞台に華を添えた。同車の給電機能を生かせることとしては、「バーベキューとイルミネーションを提案したいです」。
発表会場には、「プリウスPHV」のCMキャラクターを務める女優・石原さとみさんも姿を見せ、晴れの舞台に華を添えた。同車の給電機能を生かせることとしては、「バーベキューとイルミネーションを提案したいです」。
「ソーラー充電システム」(オプション)搭載車のルーフ。これにより、EV走行用エネルギーの一部を太陽光でまかなうことができる。
「ソーラー充電システム」(オプション)搭載車のルーフ。これにより、EV走行用エネルギーの一部を太陽光でまかなうことができる。
リアビュー。リアのオーバーハングは、リチウムイオンバッテリーを搭載する関係で、「プリウス」よりも延長されている。
リアビュー。リアのオーバーハングは、リチウムイオンバッテリーを搭載する関係で、「プリウス」よりも延長されている。
 
環境性能を高めた新型「トヨタ・プリウスPHV」発売の画像

EVとしての機能が向上

デザインよりも変化が大きいのが、プラグインハイブリッドシステムだ。リチウムイオン電池の小型軽量化と高容量化が、大幅な性能向上に貢献した。従来モデルはEV走行可能距離が26.4kmで、充電の恩恵を感じにくかった。新型は68.2kmに延ばされている。日本人の一般的な走行パターンの8割をカバーできる数字であり、日常生活ではほぼ給油なしでEVのように使えるとアピールされる。

先代では31.6km/リッターだったJC08モードの燃費値は、37.2km/リッターに。EV走行可能な最高速度は、これまでの100km/hから135km/hにまで高められている。バッテリーの総電力量は4.4kWhから8.8kWhへと倍増し、昇圧コンバーターの出力は1.8倍になった。エンジンと動力分割機構の間にワンウェイクラッチを組み込むことで、従来は発電専用だったジェネレーターを走行用モーターとしても利用できるようになった。

充電システムもアップデートされている。PHVは夜間電力を利用して自宅で充電するが、従来はAC200V電源を使っていたため工事が必要だった。新型は100V充電を採用したので、専用回線工事は不要である。急速充電システムも加えられたので、出先の充電ステーションで補充することもできる。一般的な家電製品の使用が可能となる外部給電機能も備わる。

ルーフのソーラーパネルで太陽光発電を行うオプションも用意された。1日最大で6.1km、平均で2.9kmのEV走行ができる計算だ。ガスインジェクション機能付きヒートポンプエアコンの採用も、燃費向上に貢献している。

新型プリウスPHVには、トヨタの次世代車両技術であるTNGAが採用されている。発売順でいえば、プリウス、「C-HR」に続く3番目の車種だ。プラットフォームはプリウスと共用で、ホイールベースは2700mmと全く同じ。オーバーハングが前後ともに伸ばされていて、全長は105mm長い4645mmとなった。後席は2人乗りで、乗車定員は4人である。プリウスがTNGAの採用によって劇的に走行性能を高めたように、プリウスPHVもスポーティーな走りを実現したという。ミリ波レーダーと単眼カメラを用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense P」が全車標準装備となるのも、セリングポイントのひとつである。

価格とラインナップは以下の通り。
プリウスPHV S:326万1600円
プリウスPHV S“ナビパッケージ”:366万6000円
プリウスPHV A:380万7000円
プリウスPHV A“レザーパッケージ”:406万6200円
プリウスPHV Aプレミアム:422万2800円

(文=鈴木真人)

関連キーワード:
プリウスPHVトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト(前編)【試乗記】 2017.5.11 試乗記 外部から充電できるハイブリッド車「トヨタ・プリウスPHV」と、エンジンで発電した電力を使って走る「日産ノートe-POWER」。今が旬のエコカー2台をさまざまな道で乗り比べ、運転感覚や使い勝手の違いを詳しくリポートする。
  • 谷口信輝の新車試乗――トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(後編) 2017.6.8 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「トヨタ・プリウスPHV」に試乗する。ずばり、“電気自動車のまったく新しいカタチ”はお薦めか。じっくり語ってもらおう!
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト(後編)【試乗記】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記
  • トヨタ・プリウスPHV(FF/CVT)【試乗記】 2016.8.27 試乗記