「レクサスHS250h」がマイナーチェンジ

2011.10.06 自動車ニュース

「レクサスHS250h」がマイナーチェンジ 特別仕様車「ハーモニアス・レザー・インテリア」を設定

トヨタ自動車は2011年10月6日、レクサスブランドのハイブリッドセダン「HS250h」を小変更するとともに、特別仕様車「Harmonious Leather Interior(ハーモニアス・レザー・インテリア)」を設定し、発売した。

今回のマイナーチェンジでは、サスペンションの仕様を変更。操縦性・走行安定性の向上と、荒れた路面での乗り心地向上が図られた。また、モーター走行時に歩行者などに存在を知らせる「車両接近通報装置」が新たに搭載された。
ボディーカラーには、マーキュリーグレーマイカが新たに加わった。

新価格は以下の通り。
HS250h標準仕様 397万円(従来型+2万円)
HS250h“バージョン S” 417万円(同上)
HS250h“バージョン I” 455万円(同上)
HS250h“バージョン L” 537万円(同上)

特別仕様車「HS250hハーモニアス・レザー・インテリア」は、標準仕様をベースに、本革シートを採用。さらに、ツートンカラーの専用内装デザインを2パターン設定し、より高級感が高められたモデル。
インテリアには、プラズマクラスターやLEDスカッフプレートを特別装備し、エクステリアでは18インチアルミホイールとフロント・リアバンパー/トランクリッドのスポイラーをオプションで用意するなど、装備も充実させている。ボディーカラーは特別色スターライトブラックガラスフレークを含む全7色が設定される。

価格は、423万円(ベース車+25万円)。

(webCG)

「レクサスHS250h“バージョン L”」
「レクサスHS250h“バージョン L”」 拡大

関連キーワード:
HSレクサス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2018.3.6 試乗記 エモーショナルな走りをテーマに掲げ、新たなプラットフォームを基に開発された新型「レクサスLS」。ハイブリッドのスポーティーモデルに乗ってみると、トヨタがこのクルマに込めた並々ならぬ意欲が伝わってきた。
ホームへ戻る