第1回:スポーツカーにはストーリーが必要だ!
「ジャガーFタイプ」の魅力を考える

2017.02.16 「ジャガーFタイプ」の魅力を知る
ジャガーの歴史はスポーツカーの歴史。「Fタイプ R AWD クーペ」に試乗した。
ジャガーの歴史はスポーツカーの歴史。「Fタイプ R AWD クーペ」に試乗した。

ジャガーと聞いて想像するのは、優雅なラグジュアリーサルーンだろうか。それとも、2シーターのピュアスポーツカーだろうか。現代における“ジャガーネス”の源泉ともいえる「Fタイプ」に試乗し、その魅力を考える当連載。今回はジャガースポーツの金字塔ともいえる1960~70年代の「Eタイプ」に思いをはせながら、Fタイプを走らせた。

550psを絞り出す5リッターV8スーパーチャージドエンジン。
550psを絞り出す5リッターV8スーパーチャージドエンジン。
これぞスポーツカーの王道! コックピットはオーソドックスにまとめられている。
これぞスポーツカーの王道! コックピットはオーソドックスにまとめられている。
シフトセレクターはガングリップタイプとなる。
シフトセレクターはガングリップタイプとなる。
ピュアスポーツを名乗る「Fタイプ」は完全な2シーターとなる。
ピュアスポーツを名乗る「Fタイプ」は完全な2シーターとなる。

もはやスーパースポーツの領域

“ファイヤーサンド”と名付けられた派手なボディーカラーをまとったFタイプのドアを開けて、いかにもスポーツカーらしくグッと締まったタイトな運転席に着く。センターコンソールにあるエンジンスタートボタンを押すと、5リッターV8スーパーチャージドユニットは、ワンッと高らかに吼(ほ)えて目を覚ました。Fタイプ Rの最高出力は実に550ps。もはやスポーツカーというよりスーパースポーツと呼ぶべきただならぬ“気”を周囲に発している。

今回試乗するFタイプは、正確には「Fタイプ R AWD クーペ」という名の四輪駆動モデルである。長いノーズの下に収まるスーパーチャージャー付き5リッターV8エンジンのピークパワーは上述のとおり550ps(405kW)/6500rpm。トルクにしても69.3kgm(680Nm)/3500rpmと、途方もない力を秘めている。

このビビッドな外観に比べれば、Fタイプのインテリアは至ってオーソドックスである。ドライバーの目の前には中心に円形のパッドを持つ3本スポークのステアリングホイールがあり、その奥には2眼式のアナログメーターが並ぶ。そしてシフトセレクターは、あのジャガーではおなじみのダイヤル型セレクターではなく、より標準的なガングリップタイプである。スポーツカーの王道ともいうべき骨太なコックピットである。

かつて筆者は英国ゲイドンにあるジャガーのテストコースでEタイプに試乗させてもらったことがある。そこには3.8リッター直6エンジンを搭載する「シリーズ1」と、5.3リッターV12の「シリーズ3」が用意されていた。

Fタイプ Rのステアリングを握りながら、なんとなくその時のことを考えていた。なるほど、確かにFタイプには、Eタイプに似ているところがある。例えばエンジンなら、こんな感じだ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記 ジャガーの2ドアクーペ/コンバーチブル「Fタイプ」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載した新モデルが登場。ジャガー・ランドローバーの未来を担う新エンジンの出来栄えと、新しい心臓を得たFタイプの走りを、ノルウェーから報告する。
  • ジャガーFタイプ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.4 試乗記 ジャガーひさびさの“ピュアスポーツカー”とうたわれる、2シーターモデル「Fタイプ クーペ」。実際の走りは、どれほどのものなのか? 最も廉価なベーシックグレードで試した。
  • 第2回:飛ばせばいいってもんじゃない 「ジャガーFタイプ」の街乗り性能を試す 2017.2.23 「ジャガーFタイプ」の魅力を知る ジャガーのピュアスポーツカー「Fタイプ」。その動力性能が最大限に発揮される舞台は、ワインディングロードであり、サーキットだろう。では、ごく普通の道でのふるまいはどうか? 普段使いにおける走りの印象を報告する。
  • ジャガーが「XJ」の2018年モデルを日本に導入 2017.10.13 自動車ニュース
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記