「ボルボ・アマゾン」のブルーをまとった「V40」の限定車登場

2017.02.16 自動車ニュース
「ボルボV40 D4アマゾンブルーエディション」
「ボルボV40 D4アマゾンブルーエディション」

ボルボ・カー・ジャパンは2017年2月16日、5ドアハッチバック「V40」に特別仕様車「アマゾンブルーエディション」を設定し、200台の台数限定で発売した。

シートカラーには「シティウィーブ」を採用。パノラマガラスルーフも標準で備わる。
シートカラーには「シティウィーブ」を採用。パノラマガラスルーフも標準で備わる。
1956年にデビューした「ボルボ・アマゾン」。1970年まで製造が続けられ、66万7791台が出荷された。
1956年にデビューした「ボルボ・アマゾン」。1970年まで製造が続けられ、66万7791台が出荷された。

今回の特別仕様車は、2016年にデビュー60周年を迎え、世界で初めて3点式シートベルトを標準装備した「ボルボ・アマゾン」をオマージュして設定されたモデル。ボディーカラーにはアマゾンの「ライトブルー」が採用されている。

シートカラーには「シティウィーブ」を採用。これは都会的でモダンな意味を込めたシティーと、繊維を織る、編むという意味のウィーブを組み合わせた造語で、シックでモダンなチェック柄のテキスタイルとなっている。2014年のジュネーブショーでカーオブザショーを受賞した「コンセプト エステート」のシートデザインから、エッセンスを引き継いで開発されたという。

さらにパノラマガラスルーフを標準装備したほか、歩行者エアバッグや歩行者・サイクリスト検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキシステムなど、11種類以上の先進安全・運転支援技術を含む「インテリセーフ」を標準装備する。

価格は以下の通り。(カッコ内は限定台数)

  • V40 T3アマゾンブルーエディション(100台):384万円
  • V40 D4アマゾンブルーエディション(100台):409万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 特集 ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る