「ボルボ・アマゾン」のブルーをまとった「V40」の限定車登場

2017.02.16 自動車ニュース
「ボルボV40 D4アマゾンブルーエディション」
「ボルボV40 D4アマゾンブルーエディション」

ボルボ・カー・ジャパンは2017年2月16日、5ドアハッチバック「V40」に特別仕様車「アマゾンブルーエディション」を設定し、200台の台数限定で発売した。

シートカラーには「シティウィーブ」を採用。パノラマガラスルーフも標準で備わる。
シートカラーには「シティウィーブ」を採用。パノラマガラスルーフも標準で備わる。
1956年にデビューした「ボルボ・アマゾン」。1970年まで製造が続けられ、66万7791台が出荷された。
1956年にデビューした「ボルボ・アマゾン」。1970年まで製造が続けられ、66万7791台が出荷された。

今回の特別仕様車は、2016年にデビュー60周年を迎え、世界で初めて3点式シートベルトを標準装備した「ボルボ・アマゾン」をオマージュして設定されたモデル。ボディーカラーにはアマゾンの「ライトブルー」が採用されている。

シートカラーには「シティウィーブ」を採用。これは都会的でモダンな意味を込めたシティーと、繊維を織る、編むという意味のウィーブを組み合わせた造語で、シックでモダンなチェック柄のテキスタイルとなっている。2014年のジュネーブショーでカーオブザショーを受賞した「コンセプト エステート」のシートデザインから、エッセンスを引き継いで開発されたという。

さらにパノラマガラスルーフを標準装備したほか、歩行者エアバッグや歩行者・サイクリスト検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキシステムなど、11種類以上の先進安全・運転支援技術を含む「インテリセーフ」を標準装備する。

価格は以下の通り。(カッコ内は限定台数)

  • V40 T3アマゾンブルーエディション(100台):384万円
  • V40 D4アマゾンブルーエディション(100台):409万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • 「ボルボV40クロスカントリー」に、ファッションモデル監修の限定車登場 2017.4.18 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年4月18日、「V40クロスカントリー」に特別仕様車「INATOMO SELECTION(イナトモ セレクション)」を設定し、40台限定で発売した。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
ホームへ戻る