「ジープ・グランドチェロキー」がマイナーチェンジ

2017.02.16 自動車ニュース
「ジープ・グランドチェロキー サミット」
「ジープ・グランドチェロキー サミット」

FCAジャパンは2017年2月16日、ジープブランドのフラッグシップモデル「グランドチェロキー」をマイナーチェンジし、同年3月4日に発売すると発表した。

「グランドチェロキー リミテッド」のフロントマスク。
「グランドチェロキー リミテッド」のフロントマスク。
「グランドチェロキー リミテッド」のバックショット。
「グランドチェロキー リミテッド」のバックショット。
「グランドチェロキー サミット ラグーナレザーパッケージ」のインテリア。
「グランドチェロキー サミット ラグーナレザーパッケージ」のインテリア。
「グランドチェロキー リミテッド」のインテリア。
「グランドチェロキー リミテッド」のインテリア。

ジープ伝統の「セブンスロットグリル」の高さを短くするなどフロントマスクを新しくしたほか、先進安全装備や快適装備などの充実を図った。現行型グランドチェロキーのマイナーチェンジは、2011年の国内導入以来、2度目となる。

グレードごとの主な変更点は、以下の通り。

<ラレード>
・リアバックアップカメラを標準装備化
・アイドリングストップを新たに搭載
・エンジンの改良によって燃費を8.6km/リッターから9.6km/リッターに向上
・ドアミラーにオート格納機能を追加
・シングルCD プレーヤーを廃⽌
・パークビューリアバックアップカメラを追加
・フロントグリルのデザインを変更
・ヘッドライトベゼルのカラーを従来よりもダークにし、グリル周りをブラックに統一
・18インチアルミホイールのデザインを変更

<リミテッド>
・ドアミラーにオート格納機能を追加
・シングルCDプレーヤーを廃止
・充実した安全装備を追加(アドバンストブレーキアシスト/アダプティブクルーズコントロール<Stop機能付き>/前面衝突警報<クラッシュミティゲーション付き>/LaneSense車線逸脱警報プラス/ParkSense縦列/並列パークアシスト/ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション)
・フロントグリルのデザインを変更
・ヘッドライトベゼルのカラーを従来よりもダークにし、グリル周りをブラックに統一

<サミット>
・5.7リッターV8に替えて3.6リッターV6(START&STOPシステム付き)エンジンを搭載
・クォドラドライブII 4X4 システムを廃止
・ドアミラーにオート格納機能を追加
・シングルCD プレーヤーを廃止
・LaneSense車線逸脱警報プラスを追加
・ParkSense縦列/並列パークアシストを追加
・フロントグリルのデザインを変更
・ヘッドライトベゼルのカラーを従来よりもダークにし、グリル周りをブラックに統一
・20 インチアルミホイールのデザインを変更
・ラグーナレザーパッケージ(ダッシュボード、センターコンソール、ドアパネル部分にホワイトのラグーナレザーを採用)をオプションとして新設定

価格は、「ラレード」が従来モデルから据え置きの494万6400円。「リミテッド」は従来モデル+3万2400円の599万4000円。「サミット」はエンジンの変更などもあり、従来モデルよりも約70万円安い664万2000円。「サミット ラグーナレザーパッケージ」は707万4000円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

グランドチェロキーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「ジープ・レネゲード」に安全装備を強化した限定車 2017.2.2 自動車ニュース FCAジャパンは2017年2月2日、コンパクトSUV「ジープ レネゲード」に特別仕様車「Safety Edition(セーフティエディション)」を設定し、同年2月11日に発売すると発表した。400台の台数限定で、価格は309万9600円。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る