三菱、「アウトランダー」を一部改良し発売

2017.02.16 自動車ニュース

三菱自動車は2017年2月16日、SUV「アウトランダー」に一部改良を実施するとともに、新グレード「20Gナビパッケージ」を設定し、同年3月2日に発売すると発表した。

今回の改良では、予防安全技術「e-Assist」の強化や、機能装備の充実を図っている。また、新たに設定された20Gナビパッケージは、2リッターエンジンを搭載するFF車にナビゲーションシステムを標準装備したグレードとなる。

e-Assistについては、衝突被害軽減ブレーキのセンサーを、ミリ波レーダーから、カメラとレーザーレーダーを併用したシステムに変更することで、歩行者検知機能を追加するとともに、衝突回避性能を向上させた。さらにオートマチックハイビーム機能も新たに搭載した。また、車線逸脱警報システムの精度を向上させるとともに、警報のタイミングを最適化している。「後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付き)」と「後退時車両検知警報システム」も新たに採用、「誤発進抑制機能(前進および後退時)」「パーキングセンサー(前後)」とセットでオプション設定している。20Gナビパッケージと「24Gナビパッケージ」には、駐車時などにクルマを真上から見たような映像で周囲を確認できるマルチアラウンドモニターを標準装備した。

機能装備の充実も図っており、電動パーキングブレーキを4WD全車に採用したほか、信号待ちや渋滞時にブレーキペダルを放しても停車状態を維持する「ブレーキオートホールド」機能を追加した。また、ステアリングヒーターも標準装備とした。さらにApple CarPlayとAndroid Autoに対応するスマートフォン連携ディスプレイオーディオもオプションで用意している。

エクステリアについては、フロントフォグランプをLED(リフレクタータイプ)として消費電力を抑えたほか、ロービーム点灯時のヘッドライトとの色調を統一した。また、ルーフアンテナをシャークフィンタイプに変更した。

インテリアでは、「漆箱」をモチーフとした大型センターコンソールを採用。日本の工芸品のような端正な美しさを追求したという。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • 20G:253万8000円
  • 20Gセーフティーパッケージ:266万8680円
  • 20Gナビパッケージ299万0520円
  • 24G:283万1760円
  • 24Gセーフティーパッケージ:296万2440円
  • 24Gナビパッケージ:328万4280円

(webCG)

「三菱アウトランダー20Gナビパッケージ」
「三菱アウトランダー20Gナビパッケージ」

関連キーワード:
アウトランダー三菱SUV自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダー24G Navi-Package(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.30 試乗記 大規模な改良を受けた「三菱アウトランダー」。その2.4リッターガソリンエンジン搭載車に試乗した。フロントデザインが一新された新型は、同時に静粛性や乗り心地なども洗練され、SUVとして“円熟の境地”に達していた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • 三菱アウトランダーPHEV Gプレミアムパッケージ(4WD)【試乗記】 2015.8.20 試乗記 大規模な改良を受けて実力を上げた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗した。フロントデザインが改められただけでなく、乗り心地や操縦安定性も磨かれたという新型の走りやいかに? 最上級グレードの「Gプレミアムパッケージ」のステアリングを握った。
  • ホンダ CBR250RR(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.16 試乗記 250ccの排気量で動力性能を極める……。ここにきて再燃の兆しを見せる“ニーハン”クラスのバイク競争に、ホンダがニューモデル「CBR250RR」を投入した。由緒正しき“RR”の名を冠する、小さなスーパーバイクの実力を試す。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
ホームへ戻る