トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)

小排気量ターボの楽しさ 2017.02.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?

競合車は兄のプリウス

2017年1月の乗用車販売台数ランキングで、日産が33年ぶりに1-2フィニッシュを達成して話題になった。1位は「ノート」で、昨年11月にも、日産車として30年ぶりに乗用車販売台数でトップに立った。2位には昨年8月にモデルチェンジした「セレナ」が入った。

この結果は、昨年12月に発表されたトヨタC-HRのおかげ? だと考えている。C-HRは4位に入っていて、3位には昨年1~10月のトップを守り続けてきた「プリウス」がランクインしていたからだ。

C-HRとプリウスは、「もっといいクルマづくり」の構造改革とトヨタが表現するTNGAに基づく新開発プラットフォームを共有し、ハイブリッド車についてはパワーユニットも基本的に同一となっている。

C-HRのハイブリッド車の価格は約250万円から。対するプリウスは約240万円スタートとなる。差額が10万円ぐらいなら、C-HRを選ぶという人も多いだろう。事実、発売から約1カ月後のC-HRの受注状況は、8割近くがハイブリッド車に集中しているという。

JC08モード燃費は、ハイブリッド車が30.2km/リッター、ガソリン車が15.2km/リッターと、ダブルスコアに近い。なのにガソリン車は1.2リッターのダウンサイジングターボエンジンにメカニカル4WDを組み合わせるという、ハイブリッド車とは別の意味でコストの掛かる内容なので、価格差は10万円ちょっとしかない。

北米向けC-HRには、価格面で有利であろう2リッター自然吸気エンジンを積むモデルのみが設定されている。日本仕様にそのエンジンを積まなかったのは、世界有数の積雪地域を擁する日本に必須の4WDが1.2リッターターボにしかないためでもあるようだが、ヨーロッパ仕込みの走りというイメージを強調したいという理由もあったかもしれない。

今回の試乗車は1.2リッターターボに4WDを組み合わせた「G-T」。日本市場での販売比率からは、ハイブリッドモデルに対してマイノリティー的グレードになる。
今回の試乗車は1.2リッターターボに4WDを組み合わせた「G-T」。日本市場での販売比率からは、ハイブリッドモデルに対してマイノリティー的グレードになる。
搭載される1.2リッターターボエンジンは、最高出力116ps、最大トルク18.9kgmを発生する。
搭載される1.2リッターターボエンジンは、最高出力116ps、最大トルク18.9kgmを発生する。
前衛的なエクステリアデザインに対して、インテリアは落ち着いた色調を採用。ナビ画面やエアコンの操作パネルなどは、運転席側に傾けて設置されている。
前衛的なエクステリアデザインに対して、インテリアは落ち着いた色調を採用。ナビ画面やエアコンの操作パネルなどは、運転席側に傾けて設置されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C-HRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタ、TNGA第2弾となる小型SUV「C-HR」を発売 2016.12.14 自動車ニュース トヨタが新型コンパクトSUV「C-HR」を発売。パワーユニットは1.8リッターエンジンに電動モーターを組み合わせたハイブリッドと、1.2リッター直噴ターボエンジンの2種類。価格は251万6400円から290万5200円となっている。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
ホームへ戻る