プレミオ/アリオンに装備充実の特別仕様車

2011.10.06 自動車ニュース
「トヨタ・プレミオ1.5F“Lパッケージ プライムグリーンセレクション”」
プレミオ/アリオンに装備充実の特別仕様車

「トヨタ・プレミオ/アリオン」に装備充実の特別仕様車

トヨタ自動車は、セダン「プレミオ」「アリオン」に特別仕様車を設定し、2011年10月3日に発売した。

「トヨタ・アリオンA18“Gパッケージ リミテッド パワーシートエディション”」
プレミオ/アリオンに装備充実の特別仕様車

今回発売された「プレミオ」の特別仕様車は、以下の2モデル。(カッコ内はベースグレードとその差額)

・1.5F“Lパッケージ プライムグリーンセレクション”(1.5F):187万5000円(+17万5000円)※FF車のみ
・1.8X“Lパッケージ プライムグリーンセレクション”(1.8X):FF車は206万5000円(+18万円)、4WD車は225万4000円(+18万円)

いずれもLパッケージの装備に加え、ディスチャージヘッドランプやメッキサイドプロテクションモール、本革巻き+木目調ステアリングホイールなどが与えられる。

「プレミオ」の兄弟車である「アリオン」の特別仕様車は以下の2モデル。

・A15“Gパッケージ リミテッド”(A15):187万円(+18万円)※FF車のみ
・A18“Gパッケージ リミテッド パワーシートエディション”(A18):FF車は212万円(+24万5000円)、4WD車は230万9000円(+24万5000円)

こちらはGパッケージの装備と、プロジェクター式ディスチャージヘッドランプ、メッキドアベルトモールディング、グリップ式メッキアウトサイドドアハンドル、本革巻き+木目調ステアリングホイールなどを標準装備。リアドアとバックウィンドウにはUVカット機能付きのプライバシーガラスが採用される。
さらに、後者の「A18“Gパッケージ リミテッド パワーシートエディション”」には8ウェイパワーシート(運転席)と上級ファブリックシート表皮も与えられる。

(webCG 関)

関連キーワード:
アリオンプレミオトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • トヨタ、プレミオとアリオンの装備を充実 2012.12.5 自動車ニュース トヨタ自動車は2012年12月4日、ミドルサイズセダンの「プレミオ」と「アリオン」に改良を施し、同日販売を開始した。
  • スズキ、広い車内が自慢の「スーパーキャリイ」発売 2018.5.16 自動車ニュース スズキが、大型のキャビンが特徴の軽トラック「スーパーキャリイ」を発売。ゆとりある車内空間に加え、運転席と助手席に採用されたリクライニングおよびスライド調整機構や、収納スペースの数々、充実した安全装備などもセリングポイントとなっている。
ホームへ戻る