プレミオ/アリオンに装備充実の特別仕様車

2011.10.06 自動車ニュース
「トヨタ・プレミオ1.5F“Lパッケージ プライムグリーンセレクション”」
プレミオ/アリオンに装備充実の特別仕様車

「トヨタ・プレミオ/アリオン」に装備充実の特別仕様車

トヨタ自動車は、セダン「プレミオ」「アリオン」に特別仕様車を設定し、2011年10月3日に発売した。

「トヨタ・アリオンA18“Gパッケージ リミテッド パワーシートエディション”」
プレミオ/アリオンに装備充実の特別仕様車

今回発売された「プレミオ」の特別仕様車は、以下の2モデル。(カッコ内はベースグレードとその差額)

・1.5F“Lパッケージ プライムグリーンセレクション”(1.5F):187万5000円(+17万5000円)※FF車のみ
・1.8X“Lパッケージ プライムグリーンセレクション”(1.8X):FF車は206万5000円(+18万円)、4WD車は225万4000円(+18万円)

いずれもLパッケージの装備に加え、ディスチャージヘッドランプやメッキサイドプロテクションモール、本革巻き+木目調ステアリングホイールなどが与えられる。

「プレミオ」の兄弟車である「アリオン」の特別仕様車は以下の2モデル。

・A15“Gパッケージ リミテッド”(A15):187万円(+18万円)※FF車のみ
・A18“Gパッケージ リミテッド パワーシートエディション”(A18):FF車は212万円(+24万5000円)、4WD車は230万9000円(+24万5000円)

こちらはGパッケージの装備と、プロジェクター式ディスチャージヘッドランプ、メッキドアベルトモールディング、グリップ式メッキアウトサイドドアハンドル、本革巻き+木目調ステアリングホイールなどを標準装備。リアドアとバックウィンドウにはUVカット機能付きのプライバシーガラスが採用される。
さらに、後者の「A18“Gパッケージ リミテッド パワーシートエディション”」には8ウェイパワーシート(運転席)と上級ファブリックシート表皮も与えられる。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る