プレミオ/アリオンに装備充実の特別仕様車

2011.10.06 自動車ニュース
「トヨタ・プレミオ1.5F“Lパッケージ プライムグリーンセレクション”」
プレミオ/アリオンに装備充実の特別仕様車

「トヨタ・プレミオ/アリオン」に装備充実の特別仕様車

トヨタ自動車は、セダン「プレミオ」「アリオン」に特別仕様車を設定し、2011年10月3日に発売した。

「トヨタ・アリオンA18“Gパッケージ リミテッド パワーシートエディション”」
プレミオ/アリオンに装備充実の特別仕様車

今回発売された「プレミオ」の特別仕様車は、以下の2モデル。(カッコ内はベースグレードとその差額)

・1.5F“Lパッケージ プライムグリーンセレクション”(1.5F):187万5000円(+17万5000円)※FF車のみ
・1.8X“Lパッケージ プライムグリーンセレクション”(1.8X):FF車は206万5000円(+18万円)、4WD車は225万4000円(+18万円)

いずれもLパッケージの装備に加え、ディスチャージヘッドランプやメッキサイドプロテクションモール、本革巻き+木目調ステアリングホイールなどが与えられる。

「プレミオ」の兄弟車である「アリオン」の特別仕様車は以下の2モデル。

・A15“Gパッケージ リミテッド”(A15):187万円(+18万円)※FF車のみ
・A18“Gパッケージ リミテッド パワーシートエディション”(A18):FF車は212万円(+24万5000円)、4WD車は230万9000円(+24万5000円)

こちらはGパッケージの装備と、プロジェクター式ディスチャージヘッドランプ、メッキドアベルトモールディング、グリップ式メッキアウトサイドドアハンドル、本革巻き+木目調ステアリングホイールなどを標準装備。リアドアとバックウィンドウにはUVカット機能付きのプライバシーガラスが採用される。
さらに、後者の「A18“Gパッケージ リミテッド パワーシートエディション”」には8ウェイパワーシート(運転席)と上級ファブリックシート表皮も与えられる。

(webCG 関)

関連キーワード:
アリオンプレミオトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”(FR/6AT)【試乗記】 2010.3.31 試乗記 トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”350S(FR/6AT)/“+Mスーパーチャージャー”プレミアム(FR/6AT)
    ……502万8000円/487万3000円

    トヨタのセダン「マークX」に、スーパーチャージャーでパワーアップしたコンプリートカーが登場。いったいどんな走りなのか、『webCG』のコンドーと関がチェックしてみた。
  • BMW 540i xDriveツーリング Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.6 試乗記 2017年春に世界初公開された新型「BMW 5シリーズ ツーリング」のデリバリーが国内でスタート。その走りや使い勝手はどれほどのものか、最上級モデル「540i xDriveツーリング Mスポーツ」で確かめた。
  • 「レクサスCT」がマイナーチェンジで新デザインに 2017.8.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年8月24日、ハイブリッド車「レクサスCT」をマイナーチェンジし、販売を開始した。今回の改良では、内外装デザインのブラッシュアップと、先進安全装備の強化が行われた。
ホームへ戻る