第141回:メルセデスに乗る探偵がビッグスリーの陰謀に挑む
『ナイスガイズ!』

2017.02.17 エッセイ

ライアン・ゴズリングにだまされるな

確かに、ライアン・ゴズリングの勢いは認めざるをえない。2011年の大傑作『ドライヴ』で演じた寡黙な男の秘めた狂気にはしびれたし、『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』で見せたカッコよさは常軌を逸していた。あの作品を観た男全員が、彼をまねてボロボロのTシャツを裏返しにして着たほどである。2014年には『ロスト・リバー』で監督業にも進出。『ラ・ラ・ランド』でミュージカルもイケることを証明し、ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞した。

すっかりいい男の代表のようになっているが、だまされてはいけない。2010年の『ブルーバレンタイン』を忘れてしまったのか。彼の役は、女性の気持ちがわからないかい性なしの情けない男だった。2007年の『ラースと、その彼女』はもっとヤバい。あろうことか、ダッチワイフを彼女だと思い込むキモい男をリアルに演じていた。

ゴズリングの顔をよく見てほしい。目が中央に寄りすぎていて、アニメによく出てくる間抜けキャラそのものだ。イケメンに見せるため、尋常ならざる努力をしているに違いない。ちょっとでも気を抜けば、ぼんやりしたアホヅラに戻ってしまうだろう。

『ナイスガイズ!』は、久々に彼の類いまれなコメディーセンスが生かされた作品である。何をやっても中途半端なダメ男を喜々として演じている。ホランド・マーチは腕利きとは言いがたい探偵だ。妻とは死別し、13歳の娘ホリーと暮らしている。生意気盛りの女の子で、飲んだくれの父親を尊敬するはずもない。

(c)2016 NICE GUYS, LLC
(c)2016 NICE GUYS, LLC
 
第141回:メルセデスに乗る探偵がビッグスリーの陰謀に挑む『ナイスガイズ!』の画像
 
第141回:メルセデスに乗る探偵がビッグスリーの陰謀に挑む『ナイスガイズ!』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。