「フィアット500/500C」にお買い得価格の限定モデル

2017.02.20 自動車ニュース
「フィアット500スーパーポップ チャオ」(手前)と「500Cスーパーポップ チャオ」。
「フィアット500スーパーポップ チャオ」(手前)と「500Cスーパーポップ チャオ」。

FCAジャパンは2017年2月20日、コンパクトカー「フィアット500」および、同車のオープントップモデル「500C」に特別仕様車「スーパーポップ チャオ」を設定し、同年2月25日に発売すると発表した。

「パソドブレレッド」の「500スーパーポップ チャオ」。
「パソドブレレッド」の「500スーパーポップ チャオ」。
「500Cスーパーポップ チャオ」
「500Cスーパーポップ チャオ」

今回の特別仕様車は、1.2リッター直4自然吸気エンジンを搭載したエントリーグレード「1.2ポップ」をベースとしたもので、ベース車より15万円ほど低い価格設定が特徴。ボディーカラーは、500が「ボサノバホワイト」と「パソドブレレッド」の2色、500Cが「ボサノバホワイト」のみの設定で、後者についてはベージュのソフトトップとの組み合わせという、カタログモデルでは選べないコーディネートがなされている。

販売台数は、500のボサノバホワイトが100台、パソドブレレッドが50台、500Cが50台の計200台となっている。

価格は以下の通り。

  • 500スーパーポップ チャオ:184万6800円
  • 500Cスーパーポップ チャオ:237万6000円

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
ホームへ戻る