第2回:王道と個性派の競演!
輸入車チョイ乗りリポート~300万から400万円編~

2017.02.21 JAIA輸入車試乗会2017
アウディA3スポーツバック 1.4 TFSI sport
アウディA3スポーツバック 1.4 TFSI sport

300万円台のオススメインポートカーはこれだ! webCG編集部員が「アウディA3スポーツバック」と「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」「シトロエン・グランドC4ピカソ」「アバルト124スパイダー」の走りをリポートする。

 
第2回:王道と個性派の競演!輸入車チョイ乗りリポート~300万から400万円編~の画像
 
第2回:王道と個性派の競演!輸入車チョイ乗りリポート~300万から400万円編~の画像
 
第2回:王道と個性派の競演!輸入車チョイ乗りリポート~300万から400万円編~の画像
 
第2回:王道と個性派の競演!輸入車チョイ乗りリポート~300万から400万円編~の画像

おそるべきスキのなさ
アウディA3スポーツバック 1.4 TFSI sport……329万円

「A3」は、日本で販売されるアウディの3割を占める売れっ子だ。このうち6割強が「スポーツバック」と呼ばれるハッチバック車で(セダンは4割弱)、そのハッチバックの8割が1.4リッターモデル。高性能版の「S3」を含め、より排気量の大きなモデルは2割にすぎない。つまり、今回の試乗車こそアウディで一番の人気者というわけだ。

乗り込んでみると、その理由がわかる。スマートなデザインのインテリアは、見ても触っても“いいもの感”にあふれ、装飾も上品。カーナビのマップを全画面表示できる多機能な液晶メーター(オプション)や、標準装備となる衝突被害軽減システム「アウディ プレセンス フロント」、「アダプティブクルーズコントロール」などのアイテムは、より上級のアウディ車と共通の満足感を与えてくれる。身長163cmの筆者の場合、運転するシートポジションのまま後席に移ると、ひざ前には17~18cmほどの空間ができる。つま先のスペースにも余裕があって、なかなか快適。フル乗車で380リッターの荷室にも文句はない。なるほど、ヤングファミリーにモテるわけだ。

走りの力強さも印象的だ。ターボ付きとはいえ、これが本当に1.4リッターなのかと驚かされる。カタログによれば、20.4kgmの最大トルクは、わずか1400rpmで発生。きびきび走れて燃費がよくて(JC08モードで19.5km/リッター)、おまけに自動車税も控えめとはスキがない。試乗車は、スポーツサスや18インチホイールなどがセットになった「S lineパッケージ」車だからか、コンフォートモードでも路面からの“コツコツ感”はつきまとう。が、家族会議でダメ出しされたら、16インチのエントリーモデル「A3スポーツバック 1.4 TFSI」を選ぶ手もある。価格は300万円を切る293万円だし……!

シュッとした見た目も好ましい。最近は、単体の個性が強すぎて街や道になじまないクルマも多いけれど、その点、A3は自宅のガレージに入れてみたくなる。案外これも、選ばれる決め手なのかもしれない。

(文=webCG 関/写真=峰 昌宏)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デューン(FF/7AT)【試乗記】 2016.6.14 試乗記 500台の限定車として日本に導入された、「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のクロスオーバーモデル「ザ・ビートル デューン」。試乗してみると、ユニークでファニーなルックスからは意外なほどのスポーティーさやまじめな作りが見えてきた。
  • フォルクスワーゲン、限定車「ザ・ビートル デューン」を発売 2017.6.27 自動車ニュース 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のクロスオーバーモデル「ザ・ビートル デューン」が300台限定で発売された。1.4リッターターボエンジンを搭載する「Rライン」をベースに、アンダーガード付き前後バンパーや大型リアスポイラーが装着される。
  • 第54回:光り輝く激安BMW 2017.8.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第54回は「光り輝く激安BMW」。次なる“牛丼車”として「BMW 320d」を選んだ筆者。だが、唯一気がかりなことが……。中古車買うならココを見ろ! 46台クルマを買ってきたカーマニアの勘がさえる。
ホームへ戻る