第490回:いまだに消えぬ“未来の香り”
大矢アキオ、「アストンマーティン・ラゴンダ」を語る

2017.02.24 マッキナ あらモーダ!

スーパーカーブームの悔しい思い出

かつて、日本がスーパーカーブームに沸いた頃のことである。ボクが通っていた小学校は男子生徒が極端に少なく、女子の「ピンクレディーの歌まね」に圧倒されていたのだが、「スーパーカー消しゴムによるレース」は、それなりに流行(はや)っていた。当時を知る読者ならご存じのように、消しゴムの推進装置はBOXYのノック式ボールペン。芯のロック機構に使われているスプリングの力を使って、前方に飛ばすのだ。

ある日、同級生が“最終兵器”を持ち込んだ。トイレットペーパーを装填(そうてん)するスプリング入りの軸だ。それによる消しゴムの飛距離たるや、大陸間弾道ミサイル並みで、BOXYの比ではなかった。

その日をもって、スーパーカー消しゴム遊びは終了した。彼の家族はペーパーの装填軸が消えてさぞ困っただろうと思うが、風のうわさによれば、本人はいま、建築家兼工業デザイナーとして活躍しているらしい。天才は子供時代から違う。

スーパーカーブームといえば、もうひとつ悔しい思い出がある。それは、「ボクの好きなGTが、他人には全く関心を持たれない」ということだ。例を挙げれば、「ポルシェ928」「デ・トマゾ・ロンシャン」「シトロエンSM」といったモデルである。世の子供が「フェラーリ512BB」だ、「ランボルギーニ・カウンタック」だと騒いでいるときに、そんなクルマがウケるはずがない。ポルシェに関しても「930ターボ」ばかりがもてはやされていた。

スーパーカーやGT以外でも、「ビュイック・スカイラーク」と言えば、「そんな郊外レストラン(注:まだファミレスという言葉は存在しなかった)みたいな名前のクルマはない」とうそつき呼ばわりされ、「ポンティアック・サンバード」と言えば、「サンダーバードの間違いだろう。そんな長崎屋みたいなクルマ、あるはずない」とののしられた。

次第に友人関係は希薄になり、気がつけば、友と呼べるものは帰宅後に読む『CAR GRAPHIC』と、その別冊『19〇〇年の外国車』になっていた筆者である。

2017年2月、パリのレトロモビルでは、「ポルシェ928」のデビュー40周年を記念する特別展が開催された。筆者にとっては、今も昔も理想のポルシェといえば、928である。
2017年2月、パリのレトロモビルでは、「ポルシェ928」のデビュー40周年を記念する特別展が開催された。筆者にとっては、今も昔も理想のポルシェといえば、928である。
レトロモビルに展示された、ワンオフの「ポルシェ928ブレーク」。
レトロモビルに展示された、ワンオフの「ポルシェ928ブレーク」。
「ポルシェ928ブレーク」は、1984年9月に、フェリー・ポルシェの75歳の誕生日を記念して特別に作られた。
「ポルシェ928ブレーク」は、1984年9月に、フェリー・ポルシェの75歳の誕生日を記念して特別に作られた。
本文でも触れた、怒れる少年・大矢アキオの図。下のイラストも同じ。(画=大矢アキオ)
本文でも触れた、怒れる少年・大矢アキオの図。下のイラストも同じ。(画=大矢アキオ)
 
第490回:いまだに消えぬ“未来の香り”大矢アキオ、「アストンマーティン・ラゴンダ」を語るの画像
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事