メルセデス・ベンツが「GLCクーペ」を日本に導入

2017.02.22 自動車ニュース
「GLC220d 4MATICクーペ」とメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長。
「GLC220d 4MATICクーペ」とメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長。

メルセデス・ベンツ日本は2017年2月22日、新型ミドルサイズSUVクーペ「GLCクーペ」を発表し、同日発売した。「メルセデスAMG GLC43 4MATICクーペ」については同年3月下旬に発売する予定。価格は627万~910万円。

「GLC220d 4MATICクーペ」のフロントビュー。


	「GLC220d 4MATICクーペ」のフロントビュー。

「GLC220d 4MATICクーペ」のリアビュー。


	「GLC220d 4MATICクーペ」のリアビュー。
「GLCクーペ」のラゲッジスペースは最大で1400リッター。ゴルフバッグは3つ積載可能。写真は「メルセデスAMG GLC43 4MATICクーペ」。
「GLCクーペ」のラゲッジスペースは最大で1400リッター。ゴルフバッグは3つ積載可能。写真は「メルセデスAMG GLC43 4MATICクーペ」。
プラグインハイブリッドシステムを搭載した「GLC350e 4MATICクーペ スポーツ」のエンジンルーム。エンジンとモーターを組み合わせたシステム出力は最高出力320ps/最大トルク57.1kgm。
プラグインハイブリッドシステムを搭載した「GLC350e 4MATICクーペ スポーツ」のエンジンルーム。エンジンとモーターを組み合わせたシステム出力は最高出力320ps/最大トルク57.1kgm。
「GLC350e 4MATICクーペ スポーツ」。車両右リアに充電ソケットがある。EV走行距離は30.1km。
「GLC350e 4MATICクーペ スポーツ」。車両右リアに充電ソケットがある。EV走行距離は30.1km。
「GLC350e 4MATICクーペ スポーツ」のインテリア。
「GLC350e 4MATICクーペ スポーツ」のインテリア。
「GLC350e 4MATICクーペ スポーツ」の後席。身長163cmの記者が座った際には頭上に握りこぶし1つ分の余裕があった。
「GLC350e 4MATICクーペ スポーツ」の後席。身長163cmの記者が座った際には頭上に握りこぶし1つ分の余裕があった。
「GLCクーペ」の発表を機に化粧品メーカー「POLA」とのコラボレーションも発表された。
「GLCクーペ」の発表を機に化粧品メーカー「POLA」とのコラボレーションも発表された。

スポーティーさと優雅さを兼ね備えたSUV

GLCクーペは、スタイリッシュなフォルムを持つプレミアムミドルサイズSUVクーペ。メルセデス・ベンツのSUVとしては7番目のモデルとなる。クーペスタイルをとりながら、余裕のある後席と最大で1400リッターまで拡大できる広いラゲッジスペースを備える。また、「Cクラス」や「GLC」と同水準の安全技術を搭載する。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4735×1890×1605mm、ホイールベースが2875mmで、GLCと比べ全長は75mm長く、全高は40mm低い。クーペ特有のエレガントかつ力強い曲線を描くリアセクションや、たくましい筋肉のようなフェンダー、大きなホイールアーチ、高いベルトラインが外観上の特徴で、ノーズにはメルセデスのクーペモデルのトレードマークである、垂直に切り立ったダイヤモンドフロントグリルを採用。スポーティーさと優雅さを両立させている。

インテリアはCクラスやGLC同様、機能性と質感に配慮したデザインを採用。中央には最新世代の8.4インチディスプレイを備えた「COMANDシステム」も装備している。

パワーユニットは、2リッター直4のガソリンターボと2.2リッター直4ディーゼルターボ、2リッター直4ガソリンターボ+電気モーター、そして3リッターV6ガソリンツインターボの4種類。2リッターガソリンエンジンには、最高出力184ps/最大トルク30.6kgm仕様と211ps/35.7kgm仕様を用意。AMGモデルに搭載される3リッターV6ガソリンツインターボエンジンは、367psと53.0kgmを発生する。

トランスミッションには、「GLC350e 4MATICクーペ」を除くモデルにメルセデス最新の9段AT「9Gトロニック」を採用。

足まわりでは、「GLC220d 4MATICクーペ スポーツ」に可変ダンピングシステム付きの「アジリティコントロールサスペンション」を搭載。さらに、5つのモードからドライバーが望むキャラクターにセッティング可能な「ダイナミックセレクト」も標準装備している。

また、「GLC250 4MATICクーペ スポーツ」「GLC2504MATICクーペ スポーツ(本革仕様)」「GLC350e 4MATICクーペ スポーツ」には、「エアボディコントロール」を設定した。これは車速や走行条件に応じて、ダンピング特性や車高を自動的に調整する電子制御式エアサスペンションのことで、路面状況や運転状況、乗車人数や積載状況に応じて、減衰力を最適に保つ。高速走行時には車高が自動的に下がり、ハンドリング性能や空力特性、燃費の向上に役立つ一方で、荒れた路面などでは最低地上高を15mm高めることができる。また、乗車人数などによる車体姿勢の変化に対しては、それを補正するセルフレべリング機能により、ハンドリング特性の維持を図る。

Cクラスと同等の最新鋭の安全技術を搭載

安全面では、「セーフティパッケージ」をはじめとする安全運転支援システム「インテリジェントドライブ」を標準で装備した。

ステレオマルチパーパスカメラと、6つのレーダーセンサーによって、クルマの周囲ほぼ360度をカバーし、必要に応じてアクセル、ブレーキ、ステアリングなどの操作を自動でアシストする。また、夜間の安全なドライブをサポートするアダプティブハイビームアシスト・プラスを備えた「LEDインテリジェントライトシステム」も全モデルに標準装備する。

ラゲッジルームは、通常時で500リッター(VDA方式)を確保し、ゴルフバッグを3つ積載することが可能。さらに後席バックレストを倒せば最大1400リッターまで拡大できる。

また、ワンタッチ操作でテールゲートが自動開閉する「EASY-PACK自動開閉テールゲート」も標準で装備する。


ラインナップと価格は以下の通り。

  • GLC200クーペ:627万円
  • GLC200クーペ スポーツ:667万円
  • GLC220d 4MATICクーペ:713万円
  • GLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様):775万円
  • GLC250d 4MATICクーペ(本革仕様):799万円
  • GLC350e 4MATICクーペ スポーツ:903万円
  • メルセデスAMG GLC43 4MATICクーペ:910万円

(webCG)

関連キーワード:
GLCクーペメルセデス・ベンツSUV自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • メルセデスAMG C63 Sクーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.8.10 試乗記 500psオーバーの高出力を誇る、高性能クーペ「メルセデスAMG C63 Sクーペ」に試乗。高速道路やワインディングロードを走らせてみると、速さだけではない、このハイパフォーマンスカーならではの魅力が見えてきた。
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(メルセデス・ベンツ) 2017.9.15 画像・写真 “公道走行可能なF1マシン”こと「メルセデスAMGプロジェクトONE」や、新型「Sクラス」のクーペとカブリオレ、2台のEVコンセプトなど、フランクフルトショーに注目モデルを多数出展したメルセデス・ベンツ。展示車両を写真でリポートする。
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(ジャガー・ランドローバー) 2017.9.15 画像・写真