第2回:飛ばせばいいってもんじゃない
「ジャガーFタイプ」の街乗り性能を試す

2017.02.23 「ジャガーFタイプ」の魅力を知る
前回に続き、今回も「ジャガーFタイプ R AWD クーペ」に試乗した。ハイパワーなV8エンジンを搭載する4WDモデルである。
前回に続き、今回も「ジャガーFタイプ R AWD クーペ」に試乗した。ハイパワーなV8エンジンを搭載する4WDモデルである。

ジャガーのピュアスポーツカー「Fタイプ」。その動力性能が最大限に発揮される舞台は、ワインディングロードであり、サーキットだろう。では、ごく普通の道でのふるまいはどうか? 普段使いにおける走りの印象を報告する。

リアビュー。「Fタイプ」のV8モデルには、4本出しのエキゾーストパイプが装着される。
リアビュー。「Fタイプ」のV8モデルには、4本出しのエキゾーストパイプが装着される。
「Fタイプ R AWD クーペ」のインテリア。シートのほかに、ダッシュボードや天井も本革張りとなっている。
「Fタイプ R AWD クーペ」のインテリア。シートのほかに、ダッシュボードや天井も本革張りとなっている。
ドアパネルには、シートの調節スイッチが並ぶ。ランバーサポートやサイドサポートも調整が可能。
ドアパネルには、シートの調節スイッチが並ぶ。ランバーサポートやサイドサポートも調整が可能。
走行時はドアパネルに内蔵されるドアハンドル。ボディーサイドをフラッシュサーフェス化することで、空力性能を高める。
走行時はドアパネルに内蔵されるドアハンドル。ボディーサイドをフラッシュサーフェス化することで、空力性能を高める。

いつでもすごみが伝わってくる

最高出力550ps、最大トルク69.3kgm。0-100km/hの加速タイムは4.1秒――「ジャガーFタイプ R AWD」のスペックは、まさにスーパースポーツのそれだ。しかしその力は、いつでもどこでも解き放てるわけじゃない。もし自分がオーナーになったとしても、大半の時間は、市街地や高速道路の移動に費やされるに違いない。

では、Fタイプと過ごす日々はフラストレーションの連続なのかと言われれば、答えは否である。近所の買い物に連れ出すときも、いつもの交差点で信号待ちしているときも、Fタイプは、高性能スポーツカーに乗っているという自覚と満足感をドライバーに与えてくれる。

なにせ、目の前のメーターは360km/hまで目盛りが刻まれている。それは、普段使いでは縁のない数字だけれど、Fタイプの加速のすさまじさは、法定速度の範囲内でも十分体感できる。Gとともにキャビンに広がる迫力満点の雄たけびも、ドライバーの気分を盛り上げる。

天井まで総革張りのぜいたくなインテリアもまた、街乗りレベルのドライビングを特別なものにしてくれる。とはいえ、ハードコアなサーキット仕様車の非日常性とは違う。ブラックのナッパレザーにオレンジステッチが映えるスポーツシートは、サイドサポートを含む14ウェイの調節機構付き。シートヒーターも備わっている。ストイックなスポーツカーファンは、こうした装備を重量増につながるものとして嫌うかもしれないけれど、快適な環境で運転に集中できるメリットを知ってしまうと、過剰な装備とは思えない。“走りのクルマ”にとっては、歓迎すべきものだろう。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • ジャガー、「Fタイプ」の2018年モデルを発表 2017.9.29 自動車ニュース
  • 谷口信輝の新車試乗――ジャガーFタイプSVRクーペ(前編) 2017.11.30 mobileCG