「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(前編)

2017.02.23 mobileCG

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは「ホンダ・オデッセイ アブソルート」である。自ら「トヨタ・アルファード」を所有し、ミニバンウオッチャーをもって任じる谷口。“ホンダイズム”を結集させた最新のオデッセイに、谷口は何を見いだすのか!

 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(前編)の画像拡大
 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(前編)の画像拡大
 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(前編)の画像拡大
 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(前編)の画像拡大

“ミニバンウオッチャー”には気になる一台

本連載企画ではたびたびあることだが、このホンダ・オデッセイも谷口信輝の希望で取材することが決まった車種。なぜ、谷口はオデッセイに乗りたいと思ったのか?

「一応、僕はいまもアルファードを持っているミニバンオーナーなので、ほかのミニバンもいろいろと気になるわけです。それで、オデッセイってもともといいクルマじゃないですか。ただし、この新型はまだ乗ったことがなかったので、編集担当の方に頼んで取り上げてもらうことにしました」

ほほー、谷口はもともとオデッセイに好印象を抱いていたのか。それはまた、どんなところが気に入ったのだろうか?
「これのひとつ前の型の、目(ヘッドライト)が細くて背の低いモデルがあったじゃないですか。あのオデッセイ、車高をベッタベタに下げても乗り心地が悪くならなかったんです。フロントサスペンションがダブルウイッシュボーンだったからなんでしょうね。でも、トヨタの“アル・ヴェル(アルファードとヴェルファイアの総称)”は、車高下げるとひどい乗り心地になった。つまりは車高を下げること前提の話なんですが、それで新型オデッセイはどんな感じなのか試したくてお願いしたという次第です」

むむ。実はオデッセイ、モデルチェンジをしてフロントサスペンションはストラット式になっている。そのことを伝えると「知っていますよ、もちろん。だからこそ気になっていたんです」との答えが返ってきた。さすが谷口。ミニバンウオッチャーを自称するだけのことはある。

では、実際に試乗してみてどうだったのか? ミニバンにしては、かなりいいペースでワインディングロードを飛ばしているように見えたのだが……。(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
オデッセイホンダHonda SENSING

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る