「フィアット500X」に安全性能を高めた限定車が登場

2017.02.23 自動車ニュース
「フィアット500Xセーフティパッケージ」。写真のボディーカラーはブルーアバター。
「フィアット500Xセーフティパッケージ」。写真のボディーカラーはブルーアバター。

FCAジャパンは2017年2月22日、スモールSUV「フィアット500X」の限定車「フィアット500Xセーフティパッケージ」を発表した。同年3月4日に販売を開始する。

「500Xセーフティパッケージ」のインテリア。
「500Xセーフティパッケージ」のインテリア。
こちらはレッドヒュプノティックの「500Xセーフティパッケージ」。50台限定で販売される。
こちらはレッドヒュプノティックの「500Xセーフティパッケージ」。50台限定で販売される。

今回のフィアット500Xセーフティパッケージは、フィアット500Xのエントリーグレード「ポップスター」をベースとする限定車。前面衝突警報、車線逸脱警報、ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション、リアパーキングカメラ、アダプティブクルーズコントロールといった、ベースモデルにはない5つの運転支援システムが標準で与えられる。

バイキセノンヘッドライトと18インチアロイホイールが備わるのも、セリングポイントのひとつだ。

価格は、ベースモデルより10万8000円高の297万円。ボディーカラーはブルーアバター(限定100台)とレッドヒュプノティック(同50台)の2色から選べる。

(webCG)

関連キーワード:
500XフィアットSUV自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事