「マセラティ・レヴァンテ」にディーゼルモデル登場

2017.02.23 自動車ニュース
「マセラティ・レヴァンテ ディーゼル」
「マセラティ・レヴァンテ ディーゼル」

マセラティ ジャパンは2017年2月23日、SUV「レヴァンテ」のディーゼルエンジン搭載モデル「レヴァンテ ディーゼル」を発表した。デリバリー開始は同年3月を予定している。

 
「マセラティ・レヴァンテ」にディーゼルモデル登場の画像
 
「マセラティ・レヴァンテ」にディーゼルモデル登場の画像
 
「マセラティ・レヴァンテ」にディーゼルモデル登場の画像
 
「マセラティ・レヴァンテ」にディーゼルモデル登場の画像

レヴァンテは2016年3月にデビューし、同年10月に日本でのデリバリーが開始されたマセラティ初のSUV。日本におけるこれまでのラインナップは「レヴァンテ」「レヴァンテS」の2グレードで、パワープラントには出力の異なる2種類の3リッターV6ガソリンターボエンジンが採用されていた。

今回発表されたレヴァンテ ディーゼルは、同車初のディーゼルエンジン搭載グレードであり、パワープラントはマセラティとVMモトーリ社が共同開発した3リッターV6ディーゼルターボエンジンと8段ATの組み合わせとなる。同エンジンには最大システム圧が2000barのコモンレール式筒内燃料噴射システムや、マルチインジェクションシステム、可変ノズルタービンを備えた可変ジオメトリーターボチャージャーなどの技術が採用されており、レヴァンテSを上回る61.2kgm(600Nm)/2000-2600rpmという最大トルクを発生(オーバーブースト時)。最高出力は275psで、0-100km/h加速は6.9秒、最高速は230km/hと公称されている。

一方で、アイドリングストップ機構を採用するなど環境性能についても配慮がなされており、欧州複合モードにおける燃費は7.2リッター/100km(約13.9km/リッター)とされている。

価格は、既存のベースグレードにあたるレヴァンテ(1080万円)より安い976万9090円。ハンドル位置は、他の2グレードが左なのに対し、右のみの設定となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
レヴァンテマセラティSUV自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • マセラティのモデルラインナップが2018年型へと進化 2017.11.8 自動車ニュース マセラティ ジャパンは2017年11月7日、東京・六本木のグランドハイアット東京において、マセラティの2018年モデルのフルラインナップを披露した。2018年モデルでは、先進運転支援システムの強化などが行われている。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(後編) 2017.1.5 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceなどで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「マセラティ・レヴァンテ」がテーマ。マセラティ初のSUVはどんな人にお薦めか? 谷口視点で分析する。
  • ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.12.4 試乗記 デザインはもちろん、走りにおいてもライバルとは趣を異にする新型「ボルボXC60」。シャシーのチューニングから運転席まわりのインターフェイスに至るまで、すべてが丁寧に作りこまれたこのクルマの特徴をひとことで言い表すと……。
ホームへ戻る