「マセラティ・レヴァンテ」にディーゼルモデル登場

2017.02.23 自動車ニュース
「マセラティ・レヴァンテ ディーゼル」
「マセラティ・レヴァンテ ディーゼル」拡大

マセラティ ジャパンは2017年2月23日、SUV「レヴァンテ」のディーゼルエンジン搭載モデル「レヴァンテ ディーゼル」を発表した。デリバリー開始は同年3月を予定している。

 
「マセラティ・レヴァンテ」にディーゼルモデル登場の画像拡大
 
「マセラティ・レヴァンテ」にディーゼルモデル登場の画像拡大
 
「マセラティ・レヴァンテ」にディーゼルモデル登場の画像拡大
 
「マセラティ・レヴァンテ」にディーゼルモデル登場の画像拡大

レヴァンテは2016年3月にデビューし、同年10月に日本でのデリバリーが開始されたマセラティ初のSUV。日本におけるこれまでのラインナップは「レヴァンテ」「レヴァンテS」の2グレードで、パワープラントには出力の異なる2種類の3リッターV6ガソリンターボエンジンが採用されていた。

今回発表されたレヴァンテ ディーゼルは、同車初のディーゼルエンジン搭載グレードであり、パワープラントはマセラティとVMモトーリ社が共同開発した3リッターV6ディーゼルターボエンジンと8段ATの組み合わせとなる。同エンジンには最大システム圧が2000barのコモンレール式筒内燃料噴射システムや、マルチインジェクションシステム、可変ノズルタービンを備えた可変ジオメトリーターボチャージャーなどの技術が採用されており、レヴァンテSを上回る61.2kgm(600Nm)/2000-2600rpmという最大トルクを発生(オーバーブースト時)。最高出力は275psで、0-100km/h加速は6.9秒、最高速は230km/hと公称されている。

一方で、アイドリングストップ機構を採用するなど環境性能についても配慮がなされており、欧州複合モードにおける燃費は7.2リッター/100km(約13.9km/リッター)とされている。

価格は、既存のベースグレードにあたるレヴァンテ(1080万円)より安い976万9090円。ハンドル位置は、他の2グレードが左なのに対し、右のみの設定となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
レヴァンテマセラティSUV自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • トヨタ、「カムリ」に新グレード「WS」を設定 2018.8.1 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年8月1日、ハイブリッドセダン「カムリ」を一部改良するとともに、新グレード「WS」を設定し、販売を開始した。Worldwide&sportyのイニシャルを取ったWSについては、「エッジの利いたスポーティーなデザインとカムリ本来の上質感を両立させた」とうたわれている。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICカブリオレ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2018.8.7 試乗記 「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗。見れば美しく、踏めば速く、そしてコンフォータブル。そんな完全無欠とも思われるラグジュアリーな4シーターオープンの世界を堪能した。
  • 「BMW X5」の限定車、白と黒の2タイプ発売 2018.7.30 自動車ニュース BMWジャパンは2018年7月30日、「BMW X5」に特別仕様車「リミテッドブラック」および「リミテッドホワイト」を設定し、前者が110台の、後者が80台の台数限定で発売した。
  • BMW 640i xDriveグランツーリスモMスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.31 試乗記 「BMW 6シリーズ」に、リアに巨大なハッチを備えた「グランツーリスモ」が仲間入り。まずは特徴的なスタイリングに目を奪われがちだが、その価値は見た目のみにあらず! リポーターを驚かせた、現行BMW車のラインナップで一番ともいえるポイントとは!?
ホームへ戻る