地中海の色をイメージした「ルノー・カングー」発売

2017.02.23 自動車ニュース
「ルノー・カングー クルール」
「ルノー・カングー クルール」

ルノー・ジャポンは2017年2月23日、「カングー」に特別仕様車「クルール」を設定し、販売を開始した。

トランスミッションは、MTまたはEDCが選べる。
トランスミッションは、MTまたはEDCが選べる。
「カングー クルール」のシート。
「カングー クルール」のシート。
 
地中海の色をイメージした「ルノー・カングー」発売の画像

テーマは「マルセイユの青い海」

カングー クルールは、通常のカタログモデルには設定のない日本オリジナルのボディーカラーを特徴とする特別仕様車で、車名の「クルール(Couleur)」とは、フランス語で「色」を意味する。これまでにも5度にわたって同じ車名とコンセプトの特別仕様車が販売されており、設定された色は計16色にのぼる。

第6弾となる今回は、「カングー ゼン」をベースに、フランスで最も有名な港町・マルセイユから見渡す地中海の色をイメージしたボディーカラー「ブルー マルセイユメタリック」を採用。ブラックフロントバンパー&リアバンパー、ブラックドアミラーも装備される。

販売台数は、エフィシェントデュアルクラッチ(EDC)仕様が70台、6段MT仕様が30台の計100台限定。価格は前者が259万円、後者が247万円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る