クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブルHSEダイナミック(4WD/9AT)/レンジローバー オートバイオグラフィー(4WD/8AT)/ジャガーFペース35t Rスポーツ(4WD/8AT)

開放感は天井知らず 2017.02.28 試乗記 レンジローバーの走破性能の高さは誰もが知るところ。今回の舞台はスノーロード、「レンジローバー イヴォーク コンバーチブル」で雪上のオープンカードライブに出掛けた。また、特設コースで「レンジローバー オートバイオグラフィー」と「ジャガーFペース」の走破性をチェックした。

こんな車はほかにない

誰も踏んでいない雪野原を見ると、つい引き寄せられてしまうのはこの年になっても変わらない。前々世ぐらいはキタキツネだったのかもしれない。それは車に乗っていても同じ。夜の間にうっすらとさらに積もった新雪を、ゆっくりと踏んで別荘地の林の中を進む。カリッと引き締まった朝の空気を浴びて、固く締まった雪道の上を走るのはまことにウキウキする。もちろん、しっかり足ごしらえをした車があっての話ではあるが、これはそのうえオープンカーである。これはもう、バックカントリースキーと同じぐらいの爽快感である。

トヨタのスローガンじゃないけれど、思わずワオ! と声が出るのはこういう車のことだ。これまでほとんど誰もやらなかった意表を突くフルオープンの4座4WDオープンカー、それが昨年レンジローバー イヴォークに追加されたコンバーチブルだ。ユニークな価値を備えているということでは、これぞ本当のプレミアムSUVである。

イヴォーク コンバーチブルは「HSEダイナミック」グレードのみ、価格は765万円と最上級グレードの「オートバイオグラフィー」(832万円)に次ぐモデルだ。パワートレインは他モデルと同じ240ps(177kW)/5500rpmと34.7kgm(340Nm)/1750rpmを生み出す4気筒2リッター直噴ターボエンジンと9段ATを搭載、大きく異なるのは車重とモード燃費である。例えば「クーペHSEダイナミック」の車重は1760kgだが、それに対してコンバーチブルは2020kgと200kg以上重くなる。それに伴ってJC08モード燃費も10.7km/リッターから9.6km/リッターへ下がっているのは仕方のないところだろう。加えてラゲッジスペースは251リッターへ当然ながら小さくなっているが(クーペは550リッター)、ソフトトップの開閉状態に影響されない構造で、オプションではトランクスルーになるスキーハッチも用意されており、思ったよりも使えるはずだ。

オープンなら他にも多数あるけれど、スキーに出掛ける道具をのみ込む4WDとなると見当たらない。屋外に駐車してソフトトップの上に大雪が積もるのはちょっと心配だが。イヴォーク コンバーチブルは今最も注目されるスキーエクスプレスだろう。

試乗の舞台は長野県と新潟県にまたがる斑尾(まだらお)高原。「イヴォーク コンバーチブル」には圧雪路を中心とした一般道で試乗した。
試乗の舞台は長野県と新潟県にまたがる斑尾(まだらお)高原。「イヴォーク コンバーチブル」には圧雪路を中心とした一般道で試乗した。拡大
試乗車の内装色はエボニー。随所にアルミのフィニッシャーがシャープに光る。
試乗車の内装色はエボニー。随所にアルミのフィニッシャーがシャープに光る。拡大
2リッター直4ターボエンジンは240psと34.7kgmを発生する。JC08モード燃費は9.6km/リッター。
2リッター直4ターボエンジンは240psと34.7kgmを発生する。JC08モード燃費は9.6km/リッター。拡大
最低地上高は210mm。5ドア/3ドアモデルと変わらぬグラウンドクリアランスが確保されている。
最低地上高は210mm。5ドア/3ドアモデルと変わらぬグラウンドクリアランスが確保されている。拡大

露天風呂気分

一般道を走る程度ではサイドウィンドウを上げておけば、少なくともフロントシートへの風の巻き込みはほとんどない。シートヒーターと強力な空調のおかげでオープンにするのをためらうどころか、まるで雪見露天風呂のような開放感は抜群だ。もちろん天候と道路コンディション次第ではあるが、屋根を閉めたい場合にはわずかな時間(開閉ともに20秒前後)で電動トップを閉じることができるし、およそ50km/hまでなら走行中でも作動するので安心だ。一見最も場違いのように思える雪道のオープンカードライブは、予想以上に快適なのである。

2t以上もの車重を感じさせないのは、低速から十分なトルクを生み出すエンジンと洗練されたATのおかげである。ただし、下り坂のコーナーなどでは注意が必要なことは言うまでもない。軽快なハンドリングに気をよくして試しにDSCを切ってみたら、ズルッとフロントが外に逃げてヒヤリとした。いつの間にか日が射(さ)して圧雪路面が磨かれていたせいもあるが、内輪のブレーキングによってラインが膨らまないようにアシストしてくれていた証拠でもある。いったん滑ると重さはそのまま跳ね返ってくることを覚悟しなければならない。試乗車は245/45R20サイズの「ピレリ・スコーピオン ウインター」を装着していたが、これは日本でいう一般的なスタッドレスではなく、オールシーズン的なタイヤであり、スピードレンジがV(240km/hまで)と高い代わりに氷雪上性能は日本の環境に特化したスタッドレスに及ばない。柔らかな圧雪路ではかなりの性能を発揮するようだが、気温と雪面のコンディションには細心の注意を払うべきである。

コンバーチブルになっても走りは本格派。ドライバーがスロットル操作なしに一定の速度(1.8~30km/h)を維持できる「オールテレイン・プログレス・コントロール」が標準で備わる。
コンバーチブルになっても走りは本格派。ドライバーがスロットル操作なしに一定の速度(1.8~30km/h)を維持できる「オールテレイン・プログレス・コントロール」が標準で備わる。拡大
走行中でも48km/hまでであればルーフの開閉は可能。展開に21秒、格納に18秒を要する。
走行中でも48km/hまでであればルーフの開閉は可能。展開に21秒、格納に18秒を要する。拡大
車重は2020kg。低速トルクに満ちたエンジンと洗練された9段ATのおかげで、重さを感じさせない。
車重は2020kg。低速トルクに満ちたエンジンと洗練された9段ATのおかげで、重さを感じさせない。拡大

雪道でも扱いやすいFペース

昨年、日本のジャガーセールスは前年の1349台から2883台へ倍増したという。「XE」などのディーゼルモデルの追加とともに、ジャガー初のSUVたる新型Fペース投入の効果が大きかったに違いない。もっとも、現在の製品の出来栄えからするともっと売れてもいいと思うが、そのためには一時大きく減ったディーラー数を増やしていかなければならないだろう。

Fペースとレンジローバーはクローズドの雪上コースで試乗した。Fペースも車重はほぼ2tに達するが、雪の上でも非常に扱いやすかったのは前後の重量バランスに優れているうえに、やはり後輪駆動ベースという理由もあるはずだ。Fペースは通常ほとんどの駆動力を後輪に伝え、滑りやすい路面など必要な場合にフロントにも配分する4WDシステムを備えるが、フラットな雪面で急発進を試みても前輪が遅れて回るというタイムラグはまったく感じられなかった。フロントのグリップ状態もつかみやすく、安心して振り回すことができた。雪道で楽しいSUVの最右翼と言えるだろう。

試乗したのは3リッターV6スーパーチャージドエンジン(340ps)を搭載する「Fペース35t Rスポーツ」(赤い車両)。
試乗したのは3リッターV6スーパーチャージドエンジン(340ps)を搭載する「Fペース35t Rスポーツ」(赤い車両)。拡大
赤いレザーのスポーツシートが目を引く室内。
赤いレザーのスポーツシートが目を引く室内。拡大
「Fペース」にも走行速度を一定に保つ(3.6~30km/h)「オール・サーフェイス・プログレス・コントロール」が備わる。
「Fペース」にも走行速度を一定に保つ(3.6~30km/h)「オール・サーフェイス・プログレス・コントロール」が備わる。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

レンジローバーにも限界はある

もはやリムジンのように巨大な現行レンジローバーは、言わずと知れた万能4WDではあるが、雪の丘を越える特設モーグルコースではたとえレンジローバーであっても、やはり限界はあるということが明らかになった。レンジローバーを含めランドローバー各車には(Fペースにも)下りだけでなく、上りでも賢いシステムが駆動力を最適制御し、ドライバーがスロットルを操作することなく一定速度で走れるオールテレイン・プログレス・コントロールが備わるが、ゆっくり上ろうと試したら、柔らかな雪が掘れてしまった上り坂で動けなくなってしまったのだ。レンジローバーならどんな悪路でもへっちゃら、と頭から決めつけてはいけない。柔らかい雪にタイヤの半分ぐらいまで埋まってしまえばどうしようもなくなる。

どんな分野でもそうだと思うが、上級者ほど用心深いし無理をしない。日本では人里離れたところでスタックして遭難状態になることはまず考えられないけれど、天候次第で地元の人でも立ち往生してしまうことは珍しくない。雪国の苦労を知らない都会モンが、と言われないようにするために過信は禁物。洗練されたフールプルーフな4WDシステムが当たり前になった今こそ自戒しなければならない。

(文=高平高輝/写真=田村 弥/編集=竹下元太郎)

特設コースを行く「レンジローバー オートバイオグラフィー」。
特設コースを行く「レンジローバー オートバイオグラフィー」。拡大
510psの5リッターV8スーパーチャージドエンジンを搭載。0-100km/h加速を5.4秒でこなす。
510psの5リッターV8スーパーチャージドエンジンを搭載。0-100km/h加速を5.4秒でこなす。拡大
走行モード切り替え機構の「テレインレスポンス2」には、5種類の路面設定のほか、システムが最適なモードを選ぶ「オート」が用意されている。
走行モード切り替え機構の「テレインレスポンス2」には、5種類の路面設定のほか、システムが最適なモードを選ぶ「オート」が用意されている。拡大
ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブルHSEダイナミック
ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブルHSEダイナミック拡大
 
ジャガー・ランドローバー雪上試乗会【試乗記】の画像拡大

テスト車のデータ

ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブルHSEダイナミック

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4385×1900×1650mm
ホイールベース:2660mm
車重:2020kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:9段AT
最高出力:240ps(177kW)/5500rpm
最大トルク:34.7kgm(340Nm)/1750rpm
タイヤ:(前)245/45R20 103V/(後)245/45R20 103V(ピレリ・スコーピオン ウインター)
燃費:9.6km/リッター(JC08モード)
価格:765万円/テスト車=884万4000円
オプション装備:キーレスエントリー(10万2000円)/フロントシート・ヒーター&クーラー(15万5000円)/電動調整式14wayフロントシート+運転席・助手席シートメモリー+運転席・助手席マッサージ機能(25万9000円)/ウインドディフレクター(5万2000円)/オックスフォードレザー・インテリア(22万7000円)/アロイホイール 20インチ“スタイル504”(シャドークローム・フィニッシュ)(8万6000円)/アドバンスド・ドライバーアシスタンスパック(31万3000円)

テスト車の年式:2016年型
テスト車の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー
ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー拡大
 
ジャガー・ランドローバー雪上試乗会【試乗記】の画像拡大

ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5005×1985×1865mm
ホイールベース:2920mm
車重:2550kg
駆動方式:4WD
エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ スーパーチャージャー付き
トランスミッション:8段AT
最高出力:510ps(375kW)/6500rpm
最大トルク:63.8kgm(625Nm)/2500rpm
タイヤ:(前)275/45R21 110V/(後)275/45R21 110V(ピレリ・スコーピオン ウインター)
燃費:7.4km/リッター(JC08モード)
価格:1806万円/テスト車=1891万8000円
オプション装備:ブラインド・スポット・モニター<クロージング・ビークル・モニター/リバース・トラフィック・ディテクション機能付き>(9万3000円)/パークアシスト(10万2000円)/ラゲッジスペースレール(4万9000円)/リアシートエンターテインメントシステム 8インチ(32万9000円)/フルサイズ・スペア・アロイホイール(3万8000円)/ブラックデザイン・パック(24万7000円)

テスト車の年式:2016年型
テスト車の走行距離:--km
テスト形態:トラックインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ジャガーFペース35t Rスポーツ
ジャガーFペース35t Rスポーツ拡大
 
ジャガー・ランドローバー雪上試乗会【試乗記】の画像拡大

ジャガーFペース35t Rスポーツ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4740×1935×1665mm
ホイールベース:2875mm
車重:2000kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ スーパーチャージャー付き
トランスミッション:8段AT
最高出力:340ps(250kW)/6500rpm
最大トルク:45.9kgm(450Nm)/3500rpm
タイヤ:(前)255/50R20 109V/(後)255/50R20 109V(ピレリ・スコーピオン ウインター)
燃費:10.1km/リッター(JC08モード)
価格:849万円/テスト車=1099万4204円
オプション装備:メタリックペイント(10万2000円)/パーフォレイテド・トーラスレザー・スポーツシート(28万1000円)/360度パークディスタンスコントロール(12万1000円)/アロイホイール 20インチBlade 5スポークホイール<グロスブラックフィニッシュ>(22万1000円)/レジャーアクティビティーキー(4万1000円)/スライド式パノラミックサンルーフ<電動スライディング/ブラインド付き>(23万8000円)/キュイールグレイン・インストゥルメント・ストッパー(5万円)/アダプティブクルーズコントロール<キューアシスト、インテリジェント・エマージェンシーブレーキ付き>(25万4000円)/ブラインド・スポット・モニター<リバース・トラフィック・ディテクション付き>(11万3000円)/レーンキープアシストおよびドライバーコンディションモニター(11万3000円)/プライバシーガラス(7万9000円)/ジェット・ヘッドライニングカラー(6万6000円)/アダプティブダイナミクスパック(20万5000円)/プラクティカリティーパック(6万8000円) ※以下、販売店オプション ディプロイアブルサイドステップ一式(46万0080円)/プレミアムカーペットマットセット<ジェット>(4万8924円)/ラゲッジコンパートメント プレミアムカーペットマット(4万3200円)

テスト車の年式:2016年型
テスト車の走行距離:--km
テスト形態:トラックインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク コンバーチブルレンジローバーFペースランドローバージャガーSUV試乗記

あなたにおすすめの記事