第3回:ただ速いだけじゃない
「ジャガーFタイプSVR」の真価とは?

2017.02.28 「ジャガーFタイプ」の魅力を知る
「ジャガーFタイプ」のトップグレードである「SVR」。今回はそのコンバーチブルに試乗した。
「ジャガーFタイプ」のトップグレードである「SVR」。今回はそのコンバーチブルに試乗した。

最高出力575ps、最大トルク71.4kgmを発生する、「ジャガーFタイプ」のトップグレード「SVR」。専用の空力パーツとさらに引き締められた足まわりを持つこのモデルは、絶対的な動力性能以外の点でも、大きな存在感を放っていた。

早朝の首都高速道路にて。「アンモナイトグレイ」と呼ばれる無彩色系のボディーカラーがシブい。
早朝の首都高速道路にて。「アンモナイトグレイ」と呼ばれる無彩色系のボディーカラーがシブい。
試乗車のインテリアは、「シエナタン」のレザー張りだった。
試乗車のインテリアは、「シエナタン」のレザー張りだった。
座面と背もたれに施されたキルティングが目を引くレザーシート。ヘッドレストに「SVR」のロゴがあしらわれている。
座面と背もたれに施されたキルティングが目を引くレザーシート。ヘッドレストに「SVR」のロゴがあしらわれている。
クーペとは大きく異なるボディーラインを持つ「Fタイプ」のコンバーチブル。これはこれで、オープンカーらしくて大いにアリである。
クーペとは大きく異なるボディーラインを持つ「Fタイプ」のコンバーチブル。これはこれで、オープンカーらしくて大いにアリである。

雰囲気のあるクルマ

記者は困り果ててしまった。東京の端っこでプロレタリアートの鑑(かがみ)みたいな生活を送っている自分が、英国が誇る高級スポーツカー「ジャガーFタイプ」の長期リポートを、それもトリを任されてしまったのである。

しかも、お相手は普通のFタイプではない。ラインナップの頂点に君臨する「SVR」の、よりによってコンバーチブルである。タダモノではなさすぎる。「アンモナイトグレイ」と呼ばれるシックなボディーカラーが救いだが、それを差し引いても、人目を集めるのに十分な存在感を放つ。
そもそも、世のセレブリティーはこんなクルマでどこへ、どんな格好でお出掛けするというのか? 一山いくらの東京・恵比寿のリーマンには、皆目見当がつかない。

「下手の考え休むに似たり」とはよく言ったもので、散々悩んだ揚げ句に「まあ、いつも通りでいいか」という結論にいたった記者は、まず首都高速の某パーキングエリアを目指すことにした。あまりきれいな場所ではないが、日の出のころは陽光とビル群のコントラストがとても美しいのだ。

そうと決まれば早速支度。「シエナタン」のレザーシートに色移りしないよう、下には黒の綿パンを履き、上には寒さ対策に、これまた黒のダウンジャケットを羽織る。まるでダークサイドに落ちたビバンダム君である。一方で、駐車場で待つメタリックグレーのFタイプは、走っていなくてもホレボレする。黒のソフトトップとの組み合わせがいかにも精悍(せいかん)で、同じ黒系のモノトーンなのに、自分の格好とのギャップに戸惑う。ごく一部のスポーツカーだけが持つ、「このクルマに乗るんだから、服を買わなきゃ」と思わせる空気が、Fタイプにはちゃんとある。

イグニッションオンでの「ズバン!」という爆音に気おされつつ、自宅のある東京・武蔵野を出発。幹線道路に出て、左車線をとろとろ走りながら屋根を開けるとと、外の寒気と空調の暖かさとのギャップが誠に心地よい。雪山で露天の温泉につかっているような、そんな気分になる。

しかし、乗り心地と走り心地はそんな“癒やし”からは程遠い。なにせ、アシもボディーもバッキバキなのだ。

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る