第491回:ただいまぞくぞく増殖中!
「黒のインフィニティ」はフランスでなぜモテる?

2017.03.03 マッキナ あらモーダ!

遅れてやってきた国際ブランド

webCGでも報じているとおり、日産自動車は2017年2月23日、西川廣人(さいかわ ひろと)氏が同年4月1日付けで社長兼最高経営責任者に就任することを発表した。現社長のカルロス・ゴーン氏は代表権のある取締役会長となり、アライアンスを組むルノーや三菱自動車の統括に専念する。

今回はそれにちなんで(?)、1989年から日産が展開しているインフィニティの話をしよう。インフィニティといえば、日本ではかつて、日産ブランドから「日産インフィニティQ45」なるモデルが販売され、今日では「スカイライン」にそのバッジが用いられている。しかし、独立したブランドとしては、日本では展開されていない。2012年5月には、本社機能を香港に移している。インフィニティは、もはや国際ブランドである。

同ブランドは最初、米国市場で成功したが、ボクが住むヨーロッパで“上陸を告げるのろし”となったのは、2008年にフランス・パリにオープンしたショールームだった。

同じ日系プレミアムブランドであるレクサスは当時、すでに欧州上陸を果たしていた。だが、いわゆるジャーマン3を前にレクサスのセダン系は苦戦していて、ハイブリッドのSUVでなんとか存在感を維持していた。そうした状況を見るにつけ、筆者は「インフィニティの普及は、容易には進まないだろう」と思ったものである。

パリ15区で見かけた「インフィニティQ70」のタクシー。
パリ15区で見かけた「インフィニティQ70」のタクシー。
こちらは、パリ・セーヌ川沿いのショッピングモール「ボー・グリュネール」の脇にたたずむ、「インフィニティQ70」のタクシー。
こちらは、パリ・セーヌ川沿いのショッピングモール「ボー・グリュネール」の脇にたたずむ、「インフィニティQ70」のタクシー。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事