第3回:話題のモデルが続々登場!
輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~

2017.02.28 JAIA輸入車試乗会2017
 
第3回:話題のモデルが続々登場!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像

ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。

ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション
ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション
 
第3回:話題のモデルが続々登場!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像
 
第3回:話題のモデルが続々登場!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像
 
第3回:話題のモデルが続々登場!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像

洗練よりも刺激でしょう
ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション……459万円

エンジンをスタートさせると、メーターパネルの液晶が赤と黄色のアクセントで彩られていた。表示されているのはシフトポジションとか0km/hの速度計なのに、どこかエマージェンシーな雰囲気を漂わせる。アルミニウム製のセンターパネルには、格子状の目が刻まれていて、こちらはレーシーな雰囲気を高める。運転席というより、コックピットという言葉が似合う場所だ。

このクルマはまず“R-DESIGN”というところが特別で、先に書いたアルミ製のセンターパネルや、少し引き締められたサスペンションを装備する。さらに“ポールスターエディション”ということで、ロムチューンが施されており、ベースの「V40 D4」よりも10psと4.1kgm強力な、最高出力200ps、最大トルク44.9kgmを発生する。専用のエキゾーストセットなども装備している。書くだけ書いたものの、ベースモデルに乗ったことがないので、比較はできなかった。

44.9kgmのトルクはだてではなく、ブレーキを少し緩めただけで、グイグイと前に出ようとする。試乗コースに入って、かなり“いい領域”までスピードを上げても、エンジンの回転数は2000回転くらい。1750-2250rpmで最大トルクを発生するので、8段のATが賢く走らせている。ディーゼルサウンドはそれなりに聞こえてくる。

僕はボルボというとまず洗練という言葉を思い浮かべるけど、洗練をレスオプションで少し薄めたような、こういう選択肢があるのはうれしい。

(文=webCG 藤沢/写真=峰 昌宏)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • 第57回:激安エリート特急の大勝利(たぶん) 2017.9.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第57回は「激安エリート特急の大勝利(たぶん)」。海千山千の中古ドイツ車専門店で「BMW 320d」の購入を決めた筆者。不安を抱えつつ、ようやく迎えた納車日だったが……。気になるクルマの状態は?
ホームへ戻る