「三菱エクリプス クロス」開発責任者インタビュー

SUVに「エクリプス」のパーソナル感を 2017.03.07 「三菱エクリプス クロス」がデビュー <PR> 三菱自動車にとっては久しぶりの、まっさらの新型車「エクリプス クロス」が2017年3月7日に開幕したジュネーブ国際モーターショーでデビューした。あまたのラグジュアリーモデルがワールドプレミアの地として選ぶその場所で、言わずもがなの激戦区に投じるそれを、果たして内の人々はどのような思惑で作り上げたのか。このモデルの開発責任者である山内裕司プログラムダイレクターに話を伺った。

ヒエラルキーから自由なSUV

――まず、エクリプス クロスの立ち位置を伺いたいのですが、三菱のラインナップの中ではどのようなところに位置するモデルですか?

山内プログラムダイレクター(以下、山内):車格としては「アウトランダー」よりも全長が短いこともあり、ひとつ下のクラスと思われてしまうかもしれませんが、われわれとしてはサイズ的な上下関係は一切気にせず、全く新しい価値を供するモデルと考えています。

――寸法的にみるとCセグメント系のど真ん中という理解もできます。が、SUVカテゴリーにおいては数字的なセグメンテーションが意味をなさなくなってきている側面もあります。

山内:まさにそこがわれわれの狙うところで、ヒエラルキーは特に意識しませんでした。イメージしたのはクーペ的なパーソナル感です。例えば社会的なしがらみや子育ての負担に日々を追われて過ごされてきたお客さまが、再び自らの時間を楽しんでいただく時にパートナーとして選んでいただけるのはどんなクルマなのか。そういうことを考えながらコンセプトを煮詰めていきました。

――クーペ的なパーソナル感というと、かつてはスペシャリティーと称された2+2のクーペカテゴリーがありました。「エクリプス」と聞けば、まさにそこがドンピシャで思い浮かぶところです。

山内:われわれとしては1989年の初代から、とても思い入れの深い名前です。そして米国市場などでは一定の認知も得ています。前述のようなコンセプトでクルマのあり方を考えるにあたって、エクリプスが培ってきたイメージは違和感なく受け入れられるなということで、市場にかかわらず統一採用することになりました。

→エクリプス クロス 特設サイトはこちら

三菱自動車のC&Dセグメント プログラムダイレクター、山内裕司(やまうち ひろし)氏にお話を伺った。
三菱自動車のC&Dセグメント プログラムダイレクター、山内裕司(やまうち ひろし)氏にお話を伺った。拡大
「エクリプス クロス」のボディーサイズは全長4405×全幅1805×全高1685mm。ホイールベースは2670mm。
「エクリプス クロス」のボディーサイズは全長4405×全幅1805×全高1685mm。ホイールベースは2670mm。拡大
「エクリプス クロス」は三菱自動車のラインナップでいうとサイズ的には「RVR」と「アウトランダー」の間に位置する。しかしヒエラルキーは特に意識せず、開発したという。
「エクリプス クロス」は三菱自動車のラインナップでいうとサイズ的には「RVR」と「アウトランダー」の間に位置する。しかしヒエラルキーは特に意識せず、開発したという。拡大
<山内裕司氏 プロフィール>
1996年三菱自動車工業 研究部入社。2008年にMRDA(ミツビシ・モーターズ・アールアンドディー・オブ・アメリカ・インク)実験部GM、2010年に同社 開発担当副社長を経て、2014年に三菱自動車の協業企画推進室 室長に就任。2015年にC&D-seg プロダクトエグゼクティブに就く。2017年からC&D-seg プログラムダイレクターを務める。
<山内裕司氏 プロフィール>
	1996年三菱自動車工業 研究部入社。2008年にMRDA(ミツビシ・モーターズ・アールアンドディー・オブ・アメリカ・インク)実験部GM、2010年に同社 開発担当副社長を経て、2014年に三菱自動車の協業企画推進室 室長に就任。2015年にC&D-seg プロダクトエグゼクティブに就く。2017年からC&D-seg プログラムダイレクターを務める。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る