第3回:“人車一体”が味わえる!
「CTSセダン」街乗りインプレッション

2017.03.03 キャデラックCTSセダン日常劇場<PR>
「キャデラックCTSセダン プレミアム」
「キャデラックCTSセダン プレミアム」

キャデラックのセダンと聞いて、皆さんはどんな走りのクルマをイメージするだろうか? 今回は、webCG編集部のスタッフが、ミッドサイズセダン「CTS」に初めて試乗。その印象を報告する。

 

縦型のシャープなヘッドランプや大きなグリルが個性を主張する。
縦型のシャープなヘッドランプや大きなグリルが個性を主張する。
本革仕立ての前席には、20ウェイの電動調節機構が備わる。ハンドル位置は左のみ。
本革仕立ての前席には、20ウェイの電動調節機構が備わる。ハンドル位置は左のみ。
メーターパネルは液晶表示。燃費の情報やターボの過給圧をはじめ、オイルライフ、タイヤの空気圧などさまざまな情報を確認できる。
メーターパネルは液晶表示。燃費の情報やターボの過給圧をはじめ、オイルライフ、タイヤの空気圧などさまざまな情報を確認できる。
「CTSセダン プレミアム」には、サンシェード付きの大型サンルーフが備わる。
「CTSセダン プレミアム」には、サンシェード付きの大型サンルーフが備わる。

新鮮さは変わらず

試乗に先立ち、現行型CTSセダンに関する『webCG』の記事を読み返して驚いた。このクルマが日本でデビューしたのは、2013年の12月。いまから3年以上も前なのである。

しかし、とてもそうは思えないほど、エクステリアのデザインはオリジナリティーにあふれ、いまなお新鮮に映る。ほかのクルマとは明らかに異なる、直線的なラインがいい。特にフロントまわり。押し出しの強さや存在感ばかり意識した“こわもてのクルマ”が多いなか、凛(りん)としたCTSの表情には好感が持てる。

インテリアも同様に、キャデラック独自の世界がある。茶系の本革とスエードのコンビに、ダークブラウンのウッドパネル。さらにブラッククロームのパーツ類をあしらった空間は、適度に上品な雰囲気を醸し出す。テイスト自体は弟分の「ATSセダン」と同じだけれど、物理的に広いCTSのほうが、よりマッチしている印象だ。過度な高級感やスポーティーさの演出がないから、自然体で、気持ちよく、長く付き合える気がする。

とはいえ、気になる点もゼロではない。ベージュに近い明るい色のダッシュボードは光の加減でフロントガラスに映り込むことがあるし、センターコンソールのスイッチ類は多くが静電タッチ式で、運転中は手探りでの操作が難しい。サイドミラーが大きいため、斜め前方の視界がやや狭く感じるときもある。こうした車内の仕立てはスタイリッシュだと思うし、後方視界がしっかり確保されているという安心感はあるのだが。

→New CTSセダンの詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • ブルーが鮮烈、「キャデラックATS-V」の限定車登場 2018.2.20 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2018年2月20日、「キャデラックATS-V」に特別仕様車「ベクターブルースペシャル」を設定し、同年3月3日に5台限定で発売すると発表した。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
ホームへ戻る