トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)

今度こそ 良い商品 2017.03.07 試乗記 家庭で充電できる「プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。

エコカー戦略の重責を担う

ようやくトヨタの“環境3兄弟”がそろったことになる。昨2016年秋に発売されるはずだった2代目プリウスPHVが、半年ほど遅れて日本でも手に入るようになった。ハイブリッドカー(HV)の「プリウス」、燃料電池車(FCV)の「ミライ」にプラグインハイブリッドカー(PHV)が加わり、次世代エコカーのラインナップが完成した……と言いたいところだが、この数カ月のうちに事情が変わってしまった。

チーフエンジニアとしてプリウスとプリウスPHVの開発を主導した豊島浩二氏が、2016年12月1日付けで新設の社内ベンチャーであるEV事業開発室室長兼チーフエンジニアに就任したのだ。HVで世界をリードしたトヨタは、FCVを究極のエコカーと位置づけてきた。過渡期の本命とされたのがPHVである。2016年8月のインタビューで、豊島氏は「環境3兄弟の中で、次世代の柱はPHVになると考えています」と明言していた。しかし、世界のマーケットの動向を見れば、電気自動車(EV)にも目を配る必要がある。トヨタは「環境4兄弟」戦略を進めていくことになるだろう。

ただ、PHVが次世代の柱という方針は揺らいでいない。トヨタは「環境チャレンジ2050」でCO2を90%削減する目標を掲げ、電動化を進める強い意志を表明した。トヨタが販売したHVの累計台数は1000万台を突破し、次のステップに進むためにはPHVを普及させる必要がある。3代目プリウスをベースにした初代プリウスPHVも同じ意図で作られたが、販売成績は芳しくなかった。新型はその反省に立って企画が詰められている。キーワードは、「良い商品」である。

先代モデルは、「良い製品でしかなかった」ことが弱みだったという認識なのだ。いくら技術的に優れた製品でも、売れるかどうかは別問題である。環境車は売れなければ意味がないと考えるトヨタとしては、今度こそ良い商品にすることが必須の課題となった。

2016年3月のニューヨーク国際オートショーでデビューした、新型「プリウスPHV」。1年近くが経過した2017年2月、国内での販売がスタートした。


	2016年3月のニューヨーク国際オートショーでデビューした、新型「プリウスPHV」。1年近くが経過した2017年2月、国内での販売がスタートした。
運転席まわりの様子。ダッシュボード中央の天地に薄いメーターや、センターコンソールの大型モニターが特徴的。
運転席まわりの様子。ダッシュボード中央の天地に薄いメーターや、センターコンソールの大型モニターが特徴的。
最上級グレード「Aプレミアム」には、本革仕立てのシートが与えられる。前席(写真)には「快適温熱シート」機能も備わる。
最上級グレード「Aプレミアム」には、本革仕立てのシートが与えられる。前席(写真)には「快適温熱シート」機能も備わる。
高速道路のパーキングエリアで充電を試みる。急速充電を使った場合、20分で約80%の充電が可能となる。
高速道路のパーキングエリアで充電を試みる。急速充電を使った場合、20分で約80%の充電が可能となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスPHVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る