「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(後編)

2017.03.02 mobileCG

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ホンダ・オデッセイ アブソルート」に試乗する。同車のコーナリング性能の高さに感銘を受けた谷口。さて、ミニバンのキモである室内にはどんな評価を下すのか?

 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(後編)の画像拡大
 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(後編)の画像拡大
 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(後編)の画像拡大
 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(後編)の画像拡大

エンジンパワーが不足気味だが……

前編では谷口信輝がそのコーナリング性能を絶賛しまくったホンダ・オデッセイ。では、弱点はないのか。谷口に聞いた。

「うーん、強いて難癖をつければですが、コーナーを攻めてエンジンを回していくと、ウィーンってノイズがうるさく感じられますよね。あれ、CVTの音ですよね?」
正直、私にはその正体がCVTかエンジンかは判然としなかったが、飛ばすとパワートレインがややうるさく感じられるのは事実のようだ。

「あとは、エンジンの力がちょっと物足りない。今日はひとりで試乗しているからまだいいけれど、6人がフル乗車したときには力不足を感じるかもしれませんね。このエンジンは2.4リッターだけれど、もっと大きいエンジンもあるんですよね?」

いや、残念ながらない。新型オデッセイはこのガソリンモデルが2.4リッター直4で、ハイブリッドモデルは2リッター直4。モーターの助けを借りられるハイブリッドモデルのほうがシーンによっては力強く感じられるだろうが、谷口が期待するレベルにはおそらく届かないだろう。

「そうですか。それは残念。でも、オデッセイは値段が手ごろですよね。このアブソルートで300万円台。アル・ヴェルは一番安くてもほぼ400万円。一番高いモデルは700万円台だから、およそ半分のイメージですよね。うーん」
そう言って谷口はうなったが、その表情はなんだか楽しそうに見える。

 

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

 

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「https://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
オデッセイホンダHonda SENSING

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る