「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(後編)

2017.03.02 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(後編)の画像

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ホンダ・オデッセイ アブソルート」に試乗する。同車のコーナリング性能の高さに感銘を受けた谷口。さて、ミニバンのキモである室内にはどんな評価を下すのか?

 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(後編)の画像

エンジンパワーが不足気味だが……

前編では谷口信輝がそのコーナリング性能を絶賛しまくったホンダ・オデッセイ。では、弱点はないのか。谷口に聞いた。

「うーん、強いて難癖をつければですが、コーナーを攻めてエンジンを回していくと、ウィーンってノイズがうるさく感じられますよね。あれ、CVTの音ですよね?」
正直、私にはその正体がCVTかエンジンかは判然としなかったが、飛ばすとパワートレインがややうるさく感じられるのは事実のようだ。

「あとは、エンジンの力がちょっと物足りない。今日はひとりで試乗しているからまだいいけれど、6人がフル乗車したときには力不足を感じるかもしれませんね。このエンジンは2.4リッターだけれど、もっと大きいエンジンもあるんですよね?」

いや、残念ながらない。新型オデッセイはこのガソリンモデルが2.4リッター直4で、ハイブリッドモデルは2リッター直4。モーターの助けを借りられるハイブリッドモデルのほうがシーンによっては力強く感じられるだろうが、谷口が期待するレベルにはおそらく届かないだろう。

「そうですか。それは残念。でも、オデッセイは値段が手ごろですよね。このアブソルートで300万円台。アル・ヴェルは一番安くてもほぼ400万円。一番高いモデルは700万円台だから、およそ半分のイメージですよね。うーん」
そう言って谷口はうなったが、その表情はなんだか楽しそうに見える。

 

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

 

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連キーワード:
オデッセイホンダHonda SENSING

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 ホンダのミドルクラス箱型ミニバン「ステップワゴン」に、いよいよハイブリッドモデルが登場。「アコード」や「オデッセイ」ゆずりのパワープラントが搭載された新グレードは、高級ミニバンに比肩する快適さと力強さを備えていた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.12.7 試乗記
  • 【LAショー2017】「レクサスRX」のロングバージョンがデビュー 2017.11.30 自動車ニュース