第32回:大傑作か大駄作か

2017.03.07 カーマニア人間国宝への道

巨匠ガンディーニも愛用したワゴンR

延々とディーゼル乗用車について書き連ねている当連載だが、閑話休題、今回は自動車デザインについて熱く語りたい。お題は「スズキ・ワゴンR」だ。

ワゴンRといえば、初代および2代目のデザインは機能美の極致であった。初代の奇跡的な傑作ぶりはまさに奇跡だったが、2代目はそれをさらに深化させた、日本自動車史に燦然(さんぜん)と輝く金字塔だと確信している。

私は2代目ワゴンRの登場間もない1999年、箱根で偶然「フェラーリF355」と並んだ光景を見、ワゴンRの方が美しいことに愕然(がくぜん)とした。2代目ワゴンRに比べると、フェラーリF355のデザインは未完成かつ未成熟。全高が低く全幅が広いスーパーカーフォルムに頼った、比較的ありふれたデザインだと思わざるを得なかった。

当時の私の直感を裏付けてくださったのは、他でもない巨匠マルチェロ・ガンディーニ氏である。氏は約10年前、マンガ『カウンタック』の作者である梅澤春人氏の「いま世界中で販売されているクルマのなかで、デザインが最も優れていると思うクルマは何ですか?」という問いに対して、「ワゴンRに決まっているじゃないか! 私の普段の足もワゴンR。それしか使っていないよ」と答えたという。

ちなみにガンディーニ氏所有のワゴンRは、ボディーとエンジンサイズを拡張した欧州仕様とのこと。つまり日本でいう「ワゴンRソリオ」と思われる。軽自動車のワゴンRに比べると、デザインの完成度ははるかに落ちるが、それでかの巨匠を魅了したのだから、偉大としか言いようがない。

「スズキ・ワゴンRスティングレー」を試乗中の筆者。故・前澤義雄氏が眠る墓苑(ぼえん)周辺にて。


	「スズキ・ワゴンRスティングレー」を試乗中の筆者。故・前澤義雄氏が眠る墓苑(ぼえん)周辺にて。
2代目「スズキ・ワゴンR」
2代目「スズキ・ワゴンR」
「フェラーリF355」(写真=池之平昌信)
「フェラーリF355」(写真=池之平昌信)
「スズキ・ワゴンRソリオ」。2代目「ワゴンR+」の一部改良を機に車名に“ソリオ”の文字が加わった。
「スズキ・ワゴンRソリオ」。2代目「ワゴンR+」の一部改良を機に車名に“ソリオ”の文字が加わった。
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算46台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事