【ジュネーブショー2017】ポルシェ、「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表

2017.03.06 自動車ニュース
ポルシェは3月7日に開幕するジュネーブショーで「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。
ポルシェは3月7日に開幕するジュネーブショーで「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。

独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を世界初公開する。

「パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ」
「パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ」
荷室容量は520~1390リッター。
荷室容量は520~1390リッター。
「パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモ」
「パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモ」
「パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモ」
「パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモ」
「パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ」のコックピット。
「パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ」のコックピット。
リアシートは3座。ポルシェは“2+1”レイアウトとうたう。オプションで独立2座式も設定されるという。
リアシートは3座。ポルシェは“2+1”レイアウトとうたう。オプションで独立2座式も設定されるという。

■パワーユニットは5種類で全グレードが4WDに

その車名が示すとおり、パナメーラ スポーツツーリスモはセダンの「パナメーラ」をベースとしている。ボディーサイズは全長5049×全高1428×全幅1937mmで、ホイールベースは2950mm。Bピラーより後ろは独自のデザインとなっており、細長いサイドウィンドウグラフィックと後方に延長されたルーフラインがパナメーラに新しいシルエットを与えている。

ルーフの後端には可動式スポイラーが装着されている。スポイラーの角度は走行条件や車両設定に応じて3段階に変化し、後輪に最大で50kgのダウンフォースを与えるようになっている。

具体的には、170km/h以下では空気抵抗を抑えて燃費を最適化するポジション(-7度)へ、170km/h以上では走行安定性と横方向のダイナミクスを高める“パフォーマンスポジション”(+1度)へセットされる。スポーツ/スポーツプラスモードを選択しても、90km/h超で同様にパフォーマンスポジションに移動する。また、90km/h以上でパノラミックスライディングルーフを開くと、+26度の位置で固定され、風切り音を低減するようになっている。

スポーツツーリスモの見どころであるラゲッジコンパートメントの容量は、セダンより20リッター大きい520リッター。リアシートの背もたれには40:20:40分割の可倒機構が備わり、最大で1390リッターまで拡張できる(「パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモ」は425~1295リッター)。テールゲートには電動開閉機構が標準で備わる。

後席はパナメーラとしては初の3座となり、ポルシェは自身は“2+1”レイアウトをうたう。スポーツツーリスモならではの高いルーフラインのおかげで後席の乗降性は改善されており、同時により広いヘッドルームも確保されているという。

メカニズムの面では、セダンモデルと同等の内容を備えている。デジタル式ポルシェ・アドバンストコックピットや先進的なアシスタンスシステムのポルシェ・イノドライブ(アダプティブクルーズコントロールを含む)のほか、リアアクスルステア、ロール抑制システムのポルシェ・ダイナミックシャシー・コントロール・スポーツ(PDCCスポーツ)などが備わる。また、電子制御マルチプレートクラッチを備えたアクティブ4WDシステムのポルシェ・トラクション・マネージメントシステム(PTM)と、3チャンバーテクノロジーによるアダプティブエアサスペンションも標準装備となる。

パワーユニットもセダンモデルと同様に5種類が設定される。ドイツ国内の価格は9万7557~15万8604ユーロ(約1180~1900万円。付加価値税込み。1ユーロ=121円で計算)。欧州市場では2017年10月7日に発売される予定。

(webCG)

→「ジュネーブショー2017」の記事をもっと見る
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
ホームへ戻る