【ジュネーブショー2017】WRCラリーカーを連想させる「ヤリスGRMN」登場

2017.03.07 自動車ニュース

トヨタ自動車は2017年3月7日、ジュネーブモーターショーにおいて、「ヤリスGRMN」を発表した。

今回のヤリスGRMNは、TOYOTA GAZOO Racing がモータースポーツにおいて培ったエンジニアリング・チューニングのノウハウを注ぎ込んで開発した、高性能スポーツハッチバックモデルである。

フロントサスペンションタワーバーの追加や、ブレース補強を行った強化シャシーのほか、SACHSショックアブソーバー、トルセンLSD、フロントスタビライザーバーを採用するなどして走行性能を強化。パワーユニットには210psを超える出力を実現する、スーパーチャージャー付きの1.8リッターエンジンを搭載し、「スピードだけでなく、走る楽しさを提案する」という。

ヤリスGRMNはスポーティーなスタイリングも特徴で、3ドアハッチバックボディーに、BBS製17インチアルミ鍛造ホイールを採用。ボディーは、白を基調にボンネットやサイドシルには「ヤリスWRCラリーカー」を連想させる赤と黒のディテールを配し、躍動感を演出している。インテリアには、専用開発されたスポーツタイプフロントシートやスポーツアルミペダル、コンビネーションメーターが備わる。

同車は、2018年初頭、欧州限定で発売される予定。

(webCG)

→「ジュネーブショー2017」の記事をもっと見る
 

「ヤリスGRMN」
「ヤリスGRMN」
あなたにおすすめの記事
新着記事