ボルボ、「シティセーフティ」の装着車拡大

2011.10.05 自動車ニュース

ボルボ、上級モデルで「シティセーフティ」を標準装備に

ボルボ・カーズ・ジャパンは2011年10月4日、「V70」「XC70」「S80」の仕様・装備を変更し、発売した。

今回の変更では、「V70」「XC70」「S80」全車に、時速30km以下の低速走行時に追突の危険を察知すると自動で回避、軽減するブレーキシステム「シティセーフティ」が標準装備された。
また、ステアリングのコントローラーでナビゲーションなどの機能を操作する新しいインターフェース「Volvo Sensus(ボルボ・センサス)」を採用。これに伴い、ダッシュボードのデザインが一新され、センタースタックやスイッチパネルの意匠も新しくなった。
さらに、12セグ地上デジタルTVチューナーや車内自動換気システムを装備するほか、「V70」「S80」には新デザインのLEDウィンカー付きドアミラーが採用された。

歩行者との衝突を回避する「ヒューマンセーフティ」や、完全停止まで全車速で追従可能なACC(アダプティブ・クルーズコントロール)、車間警告機能、ドライバー・アラート・コントロール、レーン・デパーチャー・ウォーニング、BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)などを含む「セーフティ・パッケージ」は、「S80」と「V70」の一部グレードに標準装備され、その他のモデルはメーカーオプション(25万円)となる。

価格は据え置きで、以下のとおり。

・V70 DRIVe:449万円
・V70 T5 SE:499万円
・V70 T6 AWD TE:699万円
・XC70 T6 AWD SE:629万円
・S80 T6 AWD TE:699万円

(webCG ワタナベ)

「ボルボV70」
「ボルボV70」

ボルボ、「シティセーフティ」の装着車拡大の画像
「ボルボXC70」
「ボルボXC70」
「ボルボS80」
「ボルボS80」

関連キーワード:
V70S80XC70ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「オートモビル カウンシル2017」の会場から(ボルボ) 2017.8.5 画像・写真 最新モデル「V90」の特別仕様車に加え、歴代の人気モデルが展示されていたボルボのブース。「240」「850」といった人気モデルや、ベルトーネがデザインを手がけた貴重な2ドアクーペ「780」などの姿を、写真でリポートする。
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
ホームへ戻る