ボルボ、「シティセーフティ」の装着車拡大

2011.10.05 自動車ニュース

ボルボ、上級モデルで「シティセーフティ」を標準装備に

ボルボ・カーズ・ジャパンは2011年10月4日、「V70」「XC70」「S80」の仕様・装備を変更し、発売した。

今回の変更では、「V70」「XC70」「S80」全車に、時速30km以下の低速走行時に追突の危険を察知すると自動で回避、軽減するブレーキシステム「シティセーフティ」が標準装備された。
また、ステアリングのコントローラーでナビゲーションなどの機能を操作する新しいインターフェース「Volvo Sensus(ボルボ・センサス)」を採用。これに伴い、ダッシュボードのデザインが一新され、センタースタックやスイッチパネルの意匠も新しくなった。
さらに、12セグ地上デジタルTVチューナーや車内自動換気システムを装備するほか、「V70」「S80」には新デザインのLEDウィンカー付きドアミラーが採用された。

歩行者との衝突を回避する「ヒューマンセーフティ」や、完全停止まで全車速で追従可能なACC(アダプティブ・クルーズコントロール)、車間警告機能、ドライバー・アラート・コントロール、レーン・デパーチャー・ウォーニング、BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)などを含む「セーフティ・パッケージ」は、「S80」と「V70」の一部グレードに標準装備され、その他のモデルはメーカーオプション(25万円)となる。

価格は据え置きで、以下のとおり。

・V70 DRIVe:449万円
・V70 T5 SE:499万円
・V70 T6 AWD TE:699万円
・XC70 T6 AWD SE:629万円
・S80 T6 AWD TE:699万円

(webCG ワタナベ)

「ボルボV70」
「ボルボV70」

ボルボ、「シティセーフティ」の装着車拡大の画像
「ボルボXC70」
「ボルボXC70」
「ボルボS80」
「ボルボS80」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • 「オートモビル カウンシル2017」の会場から(ボルボ) 2017.8.5 画像・写真 最新モデル「V90」の特別仕様車に加え、歴代の人気モデルが展示されていたボルボのブース。「240」「850」といった人気モデルや、ベルトーネがデザインを手がけた貴重な2ドアクーペ「780」などの姿を、写真でリポートする。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • 谷口信輝の新車試乗――アウディS5クーペ(前編) 2017.8.10 mobileCG SUPER GTで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「アウディS5クーペ」に試乗する。354psの3リッターV6ターボエンジンを積み、クワトロ4WDで路面をとらえる“完全無欠のアウディスポーツ”を、谷口はどう評価する?
  • 「ロータス・エヴォーラGT430」の受注がスタート 2017.8.8 自動車ニュース ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2017年8月8日、「ロータス・エヴォーラGT430」の受注を開始した。「一般公道を走行できるロータスの中で、史上最もパワフル」とうたわれるハイパフォーマンスモデルである。
ホームへ戻る