ボルボ、「シティセーフティ」の装着車拡大

2011.10.05 自動車ニュース

ボルボ、上級モデルで「シティセーフティ」を標準装備に

ボルボ・カーズ・ジャパンは2011年10月4日、「V70」「XC70」「S80」の仕様・装備を変更し、発売した。

今回の変更では、「V70」「XC70」「S80」全車に、時速30km以下の低速走行時に追突の危険を察知すると自動で回避、軽減するブレーキシステム「シティセーフティ」が標準装備された。
また、ステアリングのコントローラーでナビゲーションなどの機能を操作する新しいインターフェース「Volvo Sensus(ボルボ・センサス)」を採用。これに伴い、ダッシュボードのデザインが一新され、センタースタックやスイッチパネルの意匠も新しくなった。
さらに、12セグ地上デジタルTVチューナーや車内自動換気システムを装備するほか、「V70」「S80」には新デザインのLEDウィンカー付きドアミラーが採用された。

歩行者との衝突を回避する「ヒューマンセーフティ」や、完全停止まで全車速で追従可能なACC(アダプティブ・クルーズコントロール)、車間警告機能、ドライバー・アラート・コントロール、レーン・デパーチャー・ウォーニング、BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)などを含む「セーフティ・パッケージ」は、「S80」と「V70」の一部グレードに標準装備され、その他のモデルはメーカーオプション(25万円)となる。

価格は据え置きで、以下のとおり。

・V70 DRIVe:449万円
・V70 T5 SE:499万円
・V70 T6 AWD TE:699万円
・XC70 T6 AWD SE:629万円
・S80 T6 AWD TE:699万円

(webCG ワタナベ)

「ボルボV70」
「ボルボV70」

ボルボ、「シティセーフティ」の装着車拡大の画像
「ボルボXC70」
「ボルボXC70」
「ボルボS80」
「ボルボS80」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V70の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV60 D4 R-DESIGN(ポールスター・パフォーマンス・パッケージ装着車)(FF/8AT)【試乗記】 2015.11.12 試乗記 ディーゼルエンジンをROMチューン? メーカー純正のチューニングプログラム「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が施された「ボルボV60 D4 R-DESIGN」に試乗。力強さを増したディーゼルエンジンの実力と、R-DESIGN用シャシーが織り成す走りを報告する。
  • ボルボ車誕生90周年を記念した「V40」の限定車発売 2016.12.27 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2016年12月27日、コンパクトハッチバック「V40」に特別仕様車「T3 Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を設定し、2017年1月3日に発売すると発表した。200台限定の販売となる。
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
ホームへ戻る