【ジュネーブショー2017】アストンマーティンがよりスポーティーな新ブランド「AMR」を創設

2017.03.08 自動車ニュース
「アストンマーティン・ヴァンテージAMR Pro」(手前)と「ラピードAMR」(奥)。
「アストンマーティン・ヴァンテージAMR Pro」(手前)と「ラピードAMR」(奥)。

英アストンマーティンは2017年3月7日、第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月19日まで)において、よりスポーディーな高性能モデルからなるサブブランド「AMR」を新設すると発表。同ブランドの2モデル「ラピードAMR」「ヴァンテージAMR Pro」を世界初公開した。

 
【ジュネーブショー2017】アストンマーティンがよりスポーティーな新ブランド「AMR」を創設の画像
 
【ジュネーブショー2017】アストンマーティンがよりスポーティーな新ブランド「AMR」を創設の画像

サーキットで得た知見をロードカーへ

AMRはモータースポーツのイメージやノウハウをロードカーに取り入れた、アストンマーティンの新しいサブブランドである。同社では主要モデルのすべてにAMR仕様の設定を計画している。

今回発表された2台のうち、ラピードAMRは同ブランドの第1弾となるモデルで、動力性能、シャシー、スタイリングに改良を加えるとともに、インテリアも特別な仕様となっている。一方ヴァンテージAMR Proは世界耐久選手権(WEC)などで活躍するアストンマーティン・レーシングの競技車両「V8ヴァンテージGTE」の技術をフィードバックしたモデルで、「レースカーのテクノロジーをロードカーに移植する、AMRの『サーキットからターマックへ』の哲学を妥協なく具現したクルマ」と説明されている。

これらAMRのヨーロッパにおける開発拠点およびブランドセンターは、ドイツのニュルブルクリンク北コースのすぐそばにある、アストンマーティン・ニュルブルクリンク試験場に置かれる。

各モデルの詳細は以下の通り。

「ラピードAMR」
「ラピードAMR」
 
【ジュネーブショー2017】アストンマーティンがよりスポーティーな新ブランド「AMR」を創設の画像

【ラピードAMR】
最高出力600psを発生する自然吸気の6リッターV12エンジンを搭載しており、最高速は336km/hという動力性能を発揮。新開発の21インチアルミホイールや、4本出しのエキゾーストシステム、新デザインのフロントグリル、専用形状のフロントのスプリッター、サイドシル、リアデッキリッドのエアロフラップなどにより、外観でも標準モデルとの差別化が図られている。さらに、エクステリアの各パーツにはカーボンファイバーを使用。インテリアには、ダークナイトのアルカンターラカバーにライムグリーンのアクセントを配したカーボンファイバー製軽量フロントシートや、同じくカーボンファイバーを使用したウオーターフォール、センターコンソール、ドアケーシングなどが採用されている。生産は、210台限定。

「ヴァンテージAMR Pro」
「ヴァンテージAMR Pro」
 
【ジュネーブショー2017】アストンマーティンがよりスポーティーな新ブランド「AMR」を創設の画像

【ヴァンテージAMR Pro】
サーキット走行を前提に動力性能を強化したモデルで、最高出力507psのGT4レース用エンジンを搭載。競技用に開発されたエンジンおよびトランスミッションマウント、レース仕様のアジャスタブルサスペンション、前=19インチ×9.5J、後ろ=19インチ×11.5Jのセンターロックホイール、そして「ミシュラン・パイロット カップ2」の採用により、卓越したハンドリングと、類いまれなグリップ/トラクション性能を実現しているという。

エクステリアは標準モデルとは大きく異なり、ボンネットやリアフェンダーにはWEC車両と同じものを採用。大開口のフルハイトグリルを備えたバンパーや、フロントエアダムおよびスプリッター、フロントフェンダー、サイドシルなどはいずれも新開発で、リアディフューザーのデザインにも手を加えている。また、カーボンファイバーが多用されたインテリアも同車の特徴で、アストンマーティンのビスポーク部門であるQ by Aston Martinが専用開発したロールケージも備わっている。生産台数は7台限定。

(webCG)

→「ジュネーブショー2017」の記事をもっと見る
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アストンマーティン、2017年モデルの概要を発表 2016.5.31 自動車ニュース アストンマーティンが日本で販売する各ラインナップの2017年モデルを発表した。ラインナップにおける大きな変更としては、「V8ヴァンテージ」シリーズの車種を高性能版の「V8ヴァンテージS」に統合。「DB11」の登場に伴い、「DB9」の車種も整理されている。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
ホームへ戻る