【ジュネーブショー2017】アストンマーティンがよりスポーティーな新ブランド「AMR」を創設

2017.03.08 自動車ニュース
「アストンマーティン・ヴァンテージAMR Pro」(手前)と「ラピードAMR」(奥)。
「アストンマーティン・ヴァンテージAMR Pro」(手前)と「ラピードAMR」(奥)。拡大

英アストンマーティンは2017年3月7日、第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月19日まで)において、よりスポーディーな高性能モデルからなるサブブランド「AMR」を新設すると発表。同ブランドの2モデル「ラピードAMR」「ヴァンテージAMR Pro」を世界初公開した。

 
【ジュネーブショー2017】アストンマーティンがよりスポーティーな新ブランド「AMR」を創設の画像拡大
 
【ジュネーブショー2017】アストンマーティンがよりスポーティーな新ブランド「AMR」を創設の画像拡大

サーキットで得た知見をロードカーへ

AMRはモータースポーツのイメージやノウハウをロードカーに取り入れた、アストンマーティンの新しいサブブランドである。同社では主要モデルのすべてにAMR仕様の設定を計画している。

今回発表された2台のうち、ラピードAMRは同ブランドの第1弾となるモデルで、動力性能、シャシー、スタイリングに改良を加えるとともに、インテリアも特別な仕様となっている。一方ヴァンテージAMR Proは世界耐久選手権(WEC)などで活躍するアストンマーティン・レーシングの競技車両「V8ヴァンテージGTE」の技術をフィードバックしたモデルで、「レースカーのテクノロジーをロードカーに移植する、AMRの『サーキットからターマックへ』の哲学を妥協なく具現したクルマ」と説明されている。

これらAMRのヨーロッパにおける開発拠点およびブランドセンターは、ドイツのニュルブルクリンク北コースのすぐそばにある、アストンマーティン・ニュルブルクリンク試験場に置かれる。

各モデルの詳細は以下の通り。

「ラピードAMR」
「ラピードAMR」拡大
 
【ジュネーブショー2017】アストンマーティンがよりスポーティーな新ブランド「AMR」を創設の画像拡大

【ラピードAMR】
最高出力600psを発生する自然吸気の6リッターV12エンジンを搭載しており、最高速は336km/hという動力性能を発揮。新開発の21インチアルミホイールや、4本出しのエキゾーストシステム、新デザインのフロントグリル、専用形状のフロントのスプリッター、サイドシル、リアデッキリッドのエアロフラップなどにより、外観でも標準モデルとの差別化が図られている。さらに、エクステリアの各パーツにはカーボンファイバーを使用。インテリアには、ダークナイトのアルカンターラカバーにライムグリーンのアクセントを配したカーボンファイバー製軽量フロントシートや、同じくカーボンファイバーを使用したウオーターフォール、センターコンソール、ドアケーシングなどが採用されている。生産は、210台限定。

「ヴァンテージAMR Pro」
「ヴァンテージAMR Pro」拡大
 
【ジュネーブショー2017】アストンマーティンがよりスポーティーな新ブランド「AMR」を創設の画像拡大

【ヴァンテージAMR Pro】
サーキット走行を前提に動力性能を強化したモデルで、最高出力507psのGT4レース用エンジンを搭載。競技用に開発されたエンジンおよびトランスミッションマウント、レース仕様のアジャスタブルサスペンション、前=19インチ×9.5J、後ろ=19インチ×11.5Jのセンターロックホイール、そして「ミシュラン・パイロット カップ2」の採用により、卓越したハンドリングと、類いまれなグリップ/トラクション性能を実現しているという。

エクステリアは標準モデルとは大きく異なり、ボンネットやリアフェンダーにはWEC車両と同じものを採用。大開口のフルハイトグリルを備えたバンパーや、フロントエアダムおよびスプリッター、フロントフェンダー、サイドシルなどはいずれも新開発で、リアディフューザーのデザインにも手を加えている。また、カーボンファイバーが多用されたインテリアも同車の特徴で、アストンマーティンのビスポーク部門であるQ by Aston Martinが専用開発したロールケージも備わっている。生産台数は7台限定。

(webCG)

→「ジュネーブショー2017」の記事をもっと見る
 

関連キーワード:
V8ヴァンテージラピードラピードSアストンマーティンモーターショージュネーブモーターショー2017自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 AMRシグネチャーエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.6.12 試乗記 12気筒エンジンを搭載する「アストンマーティンDB11」をベースに開発された、高性能モデル「DB11 AMR」に試乗。足まわりやパワートレインのチューニングは大掛かりではないものの、その走りは、オリジナルとは大きく異なるものだった。
  • アストンマーティンDB11ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2018.7.13 試乗記 「アストンマーティンDB11ヴォランテ」に試乗した。その成り立ちを少々乱暴に表すならば、「V8クーペ」のオープントップモデル。しかしながらヴォランテは、クーペとも「V12」とも違う楽しみ方ができる、独自の魅力を備えたクルマに仕上がっていた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.9 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」に試乗した。全長4.8m級のボディーに最高出力740psの6.5リッターV12エンジンを搭載。それでいながら乗車定員2人という“浮世離れ”したモンスターマシンは、どのような世界を見せてくれるのだろうか――。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.30 試乗記 ワゴンボディーをまとう「ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ」のトップパフォーマンスモデルに試乗。4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、最高速304km/hを誇る、その走りとは? 標準ボディーとの比較も合わせてリポートする。
ホームへ戻る