【スペック】CX-5(SKYACTIV-G 2.0搭載車):全長×全幅×全高=4540×1840×1710mm/ホイールベース=2700mm/駆動方式=FF/2リッター直4 DOHC16バルブ(165ps/6000rpm、21.4kgm/4100rpm)(プロトタイプ)

マツダCX-5 プロトタイプ試乗会【試乗記】

話題の多いSUV 2011.10.05 試乗記 マツダCX-5 プロトタイプ(SKYACTIV-G 2.0搭載車/SKYACTIV-D 2.2ハイパワー搭載車)

マツダの次世代技術を満載したという、新型SUV「CX-5」。『webCG』のコンドーと関が、そのプロトタイプに試乗。仕上がり具合をチェックした。

マツダCX-5 プロトタイプ試乗会【試乗記】の画像
チーターをモチーフにしたというエクステリア。その鼻先には、他マツダ車とおそろいの五角形グリルが配される。
チーターをモチーフにしたというエクステリア。その鼻先には、他マツダ車とおそろいの五角形グリルが配される。
インテリアの様子。インストゥルメントパネルやドアトリムにはソフトな素材が用いられる。
インテリアの様子。インストゥルメントパネルやドアトリムにはソフトな素材が用いられる。

次世代技術、全部入り

関(以下「せ」):今日テストするのは、まだ発売されてないクルマ。フランクフルトモーターショーでお披露目されたばかりの、「マツダCX-5」です。
コンドー(以下「コ」):う〜ん、白黒ブチのボディーカラーが斬新過ぎるような……!?

せ:これはプロトタイプですから。市販モデルは、鮮やかな青や赤が選べるみたいですよ。今回は、クローズドサーキットで、発売前のお忍び試乗会というわけで。
コ:擬装のせいで面の構成がわかりにくいけど、全体的に躍動感あるね。いかにも“スポーツ・ユーティリティ・ビークル”って感じや。
せ:真横から見ると、フロントフェンダーの盛り上がりやリアに向かって跳ね上がるキャラクターラインなどは「デミオ」にも似てますね。

コ:目つきからして、“ヤル気まんまん”。ホイールもでかいなぁ!
せ:エクステリアデザインのモチーフは、動物のチーターだそうです。その19インチホイールはオプションで、標準はふたまわり小さい17インチ。で、18はナシ。
コ:よう見たら、白黒がチーター模様になってるわ。それにしても、兄貴分の「CX-7」と似てんのは名前だけやな。まぁ、あれからもう5年近くたってるし。「CX-5」はいかにも今風。

せ:インテリアは、ちょっと“今まで風”かなぁ……。わりとコンサバティブな印象です。
コ:奇抜やったらええってもんでもないやろ。でも、はっきりオトコくさい。マツダらしいというか。シフトレバーに「SKYACTIV DRIVE」って書いてあるのは……?

せ:「マツダの次世代環境技術、スカイアクティブ入ってます!」。
コ:ハイブリッドとかの“飛び道具”使わずに、いままでの技術を磨き上げて同じだけの燃費を……ってやつやな。「デミオ」のマイナーチェンジから、新グレードとして盛り込まれてきた。

リアシートは4:2:4の分割可倒式。乗車人数と積荷の変化に柔軟に対応できる。
リアシートは4:2:4の分割可倒式。乗車人数と積荷の変化に柔軟に対応できる。
マツダの次世代環境型ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」。高圧縮化と低フリクション化を突き詰め、従来型ユニットに比べ燃費向上とトルクアップを実現した。
マツダの次世代環境型ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」。高圧縮化と低フリクション化を突き詰め、従来型ユニットに比べ燃費向上とトルクアップを実現した。

マツダCX-5 プロトタイプ試乗会【試乗記】の画像

せ:9月にマイナーチェンジした「アクセラ」では、その2リッターバージョンも登場しました。ダイレクト感がウリの新しい6段オートマ、「SKYACTIV-DRIVE」も搭載されましたね。
コ:それが「CX-5」にもまるまる載ってるわけや。でも、いままでのは追加グレード扱いやったけど、これは完全なニューモデルなわけやし……。

せ:一連のスカイアクティブ・テクノロジーで最新のメニューとなる、新しい排気系が採用されています。4気筒エンジンの排気管が、4→2→1で連結されていて、アクセラ(12.0)を上回る14.0の高圧縮化を実現したのがポイント(欧州仕様車)。もっとも、レギュラーガソリンが支持される日本向けの仕様は13.0にとどまりますが。

コ:排気管の取り回しまで見据えた新シャシー作ったからできたっちゅうわけか。パワーも燃費も欧州仕様のほうが上行ってるみたいやけど、ランニングコスト考えたら、ハイオクってどうしても抵抗あるよな。
せ:今回はサーキットだから燃費のテストはできませんけど、そこは新設計のニューモデル。マツダの主張する「気持ちのいい走り」がどんなものか、試してみましょう。

関連記事
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
ホームへ戻る