【スペック】CX-5(SKYACTIV-G 2.0搭載車):全長×全幅×全高=4540×1840×1710mm/ホイールベース=2700mm/駆動方式=FF/2リッター直4 DOHC16バルブ(165ps/6000rpm、21.4kgm/4100rpm)(プロトタイプ)

マツダCX-5 プロトタイプ試乗会【試乗記】

話題の多いSUV 2011.10.05 試乗記 マツダCX-5 プロトタイプ(SKYACTIV-G 2.0搭載車/SKYACTIV-D 2.2ハイパワー搭載車)

マツダの次世代技術を満載したという、新型SUV「CX-5」。『webCG』のコンドーと関が、そのプロトタイプに試乗。仕上がり具合をチェックした。

マツダCX-5 プロトタイプ試乗会【試乗記】の画像
チーターをモチーフにしたというエクステリア。その鼻先には、他マツダ車とおそろいの五角形グリルが配される。
チーターをモチーフにしたというエクステリア。その鼻先には、他マツダ車とおそろいの五角形グリルが配される。
インテリアの様子。インストゥルメントパネルやドアトリムにはソフトな素材が用いられる。
インテリアの様子。インストゥルメントパネルやドアトリムにはソフトな素材が用いられる。

次世代技術、全部入り

関(以下「せ」):今日テストするのは、まだ発売されてないクルマ。フランクフルトモーターショーでお披露目されたばかりの、「マツダCX-5」です。
コンドー(以下「コ」):う〜ん、白黒ブチのボディーカラーが斬新過ぎるような……!?

せ:これはプロトタイプですから。市販モデルは、鮮やかな青や赤が選べるみたいですよ。今回は、クローズドサーキットで、発売前のお忍び試乗会というわけで。
コ:擬装のせいで面の構成がわかりにくいけど、全体的に躍動感あるね。いかにも“スポーツ・ユーティリティ・ビークル”って感じや。
せ:真横から見ると、フロントフェンダーの盛り上がりやリアに向かって跳ね上がるキャラクターラインなどは「デミオ」にも似てますね。

コ:目つきからして、“ヤル気まんまん”。ホイールもでかいなぁ!
せ:エクステリアデザインのモチーフは、動物のチーターだそうです。その19インチホイールはオプションで、標準はふたまわり小さい17インチ。で、18はナシ。
コ:よう見たら、白黒がチーター模様になってるわ。それにしても、兄貴分の「CX-7」と似てんのは名前だけやな。まぁ、あれからもう5年近くたってるし。「CX-5」はいかにも今風。

せ:インテリアは、ちょっと“今まで風”かなぁ……。わりとコンサバティブな印象です。
コ:奇抜やったらええってもんでもないやろ。でも、はっきりオトコくさい。マツダらしいというか。シフトレバーに「SKYACTIV DRIVE」って書いてあるのは……?

せ:「マツダの次世代環境技術、スカイアクティブ入ってます!」。
コ:ハイブリッドとかの“飛び道具”使わずに、いままでの技術を磨き上げて同じだけの燃費を……ってやつやな。「デミオ」のマイナーチェンジから、新グレードとして盛り込まれてきた。

リアシートは4:2:4の分割可倒式。乗車人数と積荷の変化に柔軟に対応できる。
リアシートは4:2:4の分割可倒式。乗車人数と積荷の変化に柔軟に対応できる。
マツダの次世代環境型ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」。高圧縮化と低フリクション化を突き詰め、従来型ユニットに比べ燃費向上とトルクアップを実現した。
マツダの次世代環境型ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」。高圧縮化と低フリクション化を突き詰め、従来型ユニットに比べ燃費向上とトルクアップを実現した。

マツダCX-5 プロトタイプ試乗会【試乗記】の画像

せ:9月にマイナーチェンジした「アクセラ」では、その2リッターバージョンも登場しました。ダイレクト感がウリの新しい6段オートマ、「SKYACTIV-DRIVE」も搭載されましたね。
コ:それが「CX-5」にもまるまる載ってるわけや。でも、いままでのは追加グレード扱いやったけど、これは完全なニューモデルなわけやし……。

せ:一連のスカイアクティブ・テクノロジーで最新のメニューとなる、新しい排気系が採用されています。4気筒エンジンの排気管が、4→2→1で連結されていて、アクセラ(12.0)を上回る14.0の高圧縮化を実現したのがポイント(欧州仕様車)。もっとも、レギュラーガソリンが支持される日本向けの仕様は13.0にとどまりますが。

コ:排気管の取り回しまで見据えた新シャシー作ったからできたっちゅうわけか。パワーも燃費も欧州仕様のほうが上行ってるみたいやけど、ランニングコスト考えたら、ハイオクってどうしても抵抗あるよな。
せ:今回はサーキットだから燃費のテストはできませんけど、そこは新設計のニューモデル。マツダの主張する「気持ちのいい走り」がどんなものか、試してみましょう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • 【LAショー2016】マツダ、新型「CX-5」を世界初公開 2016.10.28 自動車ニュース マツダは2016年10月28日、ロサンゼルスオートショー(2016年11月14日~27日)で、新型「CX-5」を世界初公開すると発表した。同社のデザインコンセプト「魂動(こどう)」をより高い次元に昇華させることに挑戦したという。
ホームへ戻る