第4回:バラエティー豊かなモデルが勢ぞろい
輸入車チョイ乗りリポート~600万円から1000万円編~

2017.03.10 JAIA輸入車試乗会2017
ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル HSEダイナミック
ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル HSEダイナミック

年に一度のインポートカーの祭典、JAIA合同試乗会の会場から、「レンジローバー イヴォーク コンバーチブル」「ポルシェ718ケイマン」「ボルボV60ポールスター」「ロータス・エキシージ」の走りをリポートする。

 
第4回:バラエティー豊かなモデルが勢ぞろい輸入車チョイ乗りリポート~600万円から1000万円編~の画像
 
第4回:バラエティー豊かなモデルが勢ぞろい輸入車チョイ乗りリポート~600万円から1000万円編~の画像
 
第4回:バラエティー豊かなモデルが勢ぞろい輸入車チョイ乗りリポート~600万円から1000万円編~の画像
 
第4回:バラエティー豊かなモデルが勢ぞろい輸入車チョイ乗りリポート~600万円から1000万円編~の画像

意外とフツー でも特別
ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル HSEダイナミック……765万円

「イヴォーク コンバーチブル」は、SUVのオープンモデルってだけで、一度は乗ってみたいと思わせる特別感に満ちている。ワイルドでスポーティー、映画『インディ・ジョーンズ』シリーズが今も制作されていたら、ジョーンズ博士の愛車として登場してほしいクルマ、ナンバーワンだ。

砂漠をも駆け抜けるタフな4WD、そんなモノモノしさも期待して乗り込んでみると、意外や意外、拍子抜けするほどに扱いやすい。横幅は1900mmと大きめだが、全長が4385mm、ホイールベースが2660mmと短い分、想像以上に小回りが利く。このサイズ感は、女性にもしっくりくるはず。

2リッターターボエンジンに9段ATを組み合わせていて、加速は滑らか。重量配分のおかげなのか、どっしりとした見た目のわりには、重量感を感じさせず、ピックアップは軽快だ。回頭性もよく、キビキビとしたコーナリングも楽しめる。そして、なんといっても乗り心地がいい! 

オープンカーといっても、室内は、箱の上のふただけを開けたような感じで、乗員はきっちり箱の中におさまってる感がある。大きめのウインドディフレクターのおかげか、窓を開けても、ほとんど風の巻き込みはない。暖房をつければ、すぐに温まるし、頭だけはクールにしていられる。まるで肩まで温泉につかっているような感覚だ。

挙動にまったくクセがないのは、フツーすぎて逆に残念な面もあるが、SUVのオープンというだけで、十分に個性があるといえば、あるわけで。休日にフラッと海沿いを流す、みたいな使い方をするのには、いいだろうな~。なんだかんだいって、やっぱりあれこれ欲しくなってしまった。

(文=スーザン史子/写真=田村 弥)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • マクラーレン570Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.2.7 試乗記 マクラーレンのエントリーレンジを担う「スポーツシリーズ」に、第4のモデル「570Sスパイダー」が登場。570psのV8ツインターボと開放的なオープンボディーが織り成す走りに加え、単なるエントリーモデルにはとどまらない走りの魅力をリポートする。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
ホームへ戻る