【ニューヨークショー2017】ホンダ、「クラリティ フューエルセル」のPHEV版とEV版を出展

2017.03.09 自動車ニュース

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年3月8日(現地時間)、2017年ニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)への出展概要を発表した。

ホンダブースの目玉は、燃料電池自動車(FCV)の「クラリティ フューエルセル」と共通のプラットフォームを使用した、プラグインハイブリッド車(PHEV)の「クラリティ プラグインハイブリッド」と、電気自動車(EV)の「クラリティ エレクトリック」。両モデルとも米国内では2017年内の発売を予定している。ホンダによれば、同一のプラットフォームで、PHEV、EV、FCVをラインナップするのは世界初だという。このクラリティシリーズでホンダは、2030年に向けて掲げる「四輪商品ラインナップにおける販売数の3分の2をPHEVとハイブリッド、およびFCV・バッテリーEVなどのゼロエミッションビークルに置き換える」という目標に向けた電動化を推進する。

併せて、ジュネーブショー2017で世界初公開した「シビック タイプR」の量産モデルや、北米国際自動車ショー2017で公開した北米向けの新型「オデッセイ」なども展示する予定。

(webCG)

 
【ニューヨークショー2017】ホンダ、「クラリティ フューエルセル」のPHEV版とEV版を出展の画像

関連キーワード:
クラリティ フューエルセルホンダイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る