【ジュネーブショー2017】横浜ゴム、「YOKOHAMA A008P」復活を発表

2017.03.09 自動車ニュース

横浜ゴムは2017年3月7日、スイス・ジュネーブで開催されている第87回ジュネーブモーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)において、乗用車用ハイパフォーマンスタイヤ「YOKOHAMA A008P」を復活させると発表した。

YOKOHAMA A008Pは、1989年に初めてポルシェの技術認証を取得し「ポルシェ911(タイプ964)」に新車装着された、横浜ゴムの歴史的代表商品のひとつである。同社は、2017年1月にもヒストリックカー向けタイヤ「アドバンHFタイプD」復活の発表を行っている。

発売サイズは205/55ZR16 91W と245/45ZR16 94Wの2サイズ。発売は2017年秋を予定しており、欧州以外での販売は未定とのこと。

(webCG)

→「ジュネーブショー2017」の記事をもっと見る

「YOKOHAMA A008P」。左がフロント用、右がリア用。
「YOKOHAMA A008P」。左がフロント用、右がリア用。

関連キーワード:
カーナビ/オーディオ/パーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事