第4回:カユいところに手が届く?
「キャデラックCTS」の“気遣い機能”をご紹介

2017.03.10 キャデラックCTSセダン日常劇場<PR>
「キャデラックCTSセダン」で、今回は東京・武蔵野から神奈川・横浜へ出掛けます。
「キャデラックCTSセダン」で、今回は東京・武蔵野から神奈川・横浜へ出掛けます。

アダプティブクルーズコントロールなんてもう当たり前!? キャデラックのご多分に漏れず、便利機能が満載の「CTSセダン」。先進的なだけではない、各種装備の使い勝手を、東京-横浜間のドライブを通じてリポートする。

1982年に「業界初のOEM専用設計・工場装着サウンドシステム」(BOSEのオフィシャルウェブサイトより)を開発したというBOSE。キャデラックやビュイック、オールズモビルといったGM車に搭載されたのだとか。
1982年に「業界初のOEM専用設計・工場装着サウンドシステム」(BOSEのオフィシャルウェブサイトより)を開発したというBOSE。キャデラックやビュイック、オールズモビルといったGM車に搭載されたのだとか。
オーディオの音質やタイムアライメント機能の調整画面。記者は孤独を愛する男なので、タイムアライメントは常にドライバー中心である。
オーディオの音質やタイムアライメント機能の調整画面。記者は孤独を愛する男なので、タイムアライメントは常にドライバー中心である。
「キャデラックCTS」には、インフォテインメントシステム「CUE」とモニターをシェアする形でナビゲーションシステムが搭載されている。
「キャデラックCTS」には、インフォテインメントシステム「CUE」とモニターをシェアする形でナビゲーションシステムが搭載されている。
日本で販売されている「CTSセダン」はすべて4WD車。悪天候のもとではとにかく頼りになる。
日本で販売されている「CTSセダン」はすべて4WD車。悪天候のもとではとにかく頼りになる。
道中、スピッツの草野マサムネは「君の青い車で~」と歌っていたが、あいにくテスト車のボディーカラーは白! 次の機会があれば「レイニーブルー」が入った徳永英明のアルバムを持参しようと思う。「あなたの白い車さがしかけて~」
道中、スピッツの草野マサムネは「君の青い車で~」と歌っていたが、あいにくテスト車のボディーカラーは白! 次の機会があれば「レイニーブルー」が入った徳永英明のアルバムを持参しようと思う。「あなたの白い車さがしかけて~」

あえて「Apple CarPlay」に頼らない

キャデラックのプレミアムセダン「CTS」のリポートも今回で4回目。せっかくなのでちょいと遠出して、高速道路でのインプレッションを……などと考えていたのだが、前回においてwebCG 関が、「街乗りインプレッション」と銘打ちながら思いっきり高速インプレを披露しているではないか。どうしてくれよう。

仕方ない&せっかくなので、今回は休日のドライブがてら、このクルマの個人的お気に入り装備を紹介させていただく。目的地は「CTSが似合う場所」ということで、神奈川・横浜のみなとみらいに決定。東京・武蔵野のわが家からなら、1時間ちょっとの小旅行である。近所とはいえ休日渋滞にはまるのはいやなので、朝6時に武蔵野を出ることとする。

早速クルマに乗り込むと、まずは例によってオーディオを調整。CTSには13個のスピーカーからなるBOSEのサウンドシステムが装備されており、偉大なる山口 隆のシャウトや、平成の吟遊詩人・草野マサムネの繊細ボイスに心ゆくまで浸ることができる。もちろん健全なる30代独身男子の記者のこと、タイムアライメントは潔く運転席にフォーカスである。

続いて「ホーム」ボタンを長押ししてナビ機能を呼び出し、目的地を登録する。CTSのインフォテインメントシステムは「Apple CarPlay」に対応しており、アップルに魂を売った藤沢編集部員などは「スマホのナビ機能を車載モニターで操る」という荒業を繰り返している。しかし、いかんせんGPS頼りのスマホナビでは、トンネルに入ったとたんにジ・エンド。実用原理主義の記者は、今日も車載ナビを頼るのであった。

ちなみにCTSのナビゲーションシステムが算出したこの日の道順は、井の頭通り→環八→第三京浜という王道中の王道ルート。まあ渋滞が始まる時間でもないので、これで無問題なのでしょう。

もろもろの準備を終えたら、近所迷惑にならぬようそろりそろりと駐車場を出発。寒暁のお出掛けとなると、降雪はなくとも路面状態が気になるところ。4WD+スタッドレスタイヤというCTSの盤石っぷりが心強い。

車線の狭い井の頭通りを走っていると、不意にぶぶぶっとシートの座面が震えた。「セーフティアラートドライバーシート」というやつで、各種予防安全装備と連動し、シートの振動でドライバーに警告を発する機能である。このとき、CTS君は「車線から右にはみ出そうですよ」と言いたかったようで、座面の右側がぶぶぶっとなっていた。

→New CTSセダンの詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
ホームへ戻る