クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディA3スポーツバック1.4 TFSI sport(FF/7AT)

普通になった特別 2017.03.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。

新しい顔とバーチャルコックピット

「いい色ですなあ!」
パーキングエリアでA3スポーツバックから降りると、70歳過ぎぐらいの品のいいおじいさんに声をかけられた。家族に連れられて来ていたようで、特に自動車マニアという様子ではない。戸惑いながら感謝の意を告げると、「いやあ、素晴らしい色だ……」と感に堪えないように称賛の言葉を重ねる。試乗車のボディーカラーはタンゴレッドメタリック。鮮やかな赤で、春の穏やかな光を受けて輝いていた。

もしかすると、ビビッドな色がおじいさんの脳裏に残る青春の思い出を引き出したのだろうか。そうかもしれないが、たぶん色だけに対する感想ではなかったように思う。マイナーチェンジで新しいフロントマスクを与えられたA3は、シャープさとエレガントさを両立させたフォルムが際立っている。明るいレッドが朗らかさと快活さをプラスし、魅力を高めていたのだ。

2013年に日本での販売が始まった現行A3は、MQBを採用した「ゴルフVII」の兄弟車。今回が初のマイナーチェンジである。シングルフレームグリルの横幅が広げられ、エッジが強調された造形になった。スポーティーさと先進性が強調されて、引き締まったいい顔である。テールランプなどにも上級モデルと同様のデザインモチーフを用いたことで、車格が上がったような印象をもたらしている。

装備面では「バーチャルコックピット」が新しい。すでに「TT」や「A4」で採用された多機能なデジタルディスプレイで、ナビ画面やインフォテインメントシステムをドライバーの正面にあるメーターパネル内に表示する。ほぼすべての情報が手に入り、便利この上ない。一度このシステムに慣れてしまうと、従来のように、視線をセンターのモニターとメーターパネルの間で行き来させることがとてつもなく煩わしく思えてくる。

「アウディA3スポーツバック」の日本市場導入は2013年9月のこと。2017年の1月に初めてのマイナーチェンジを受けた。
「アウディA3スポーツバック」の日本市場導入は2013年9月のこと。2017年の1月に初めてのマイナーチェンジを受けた。拡大
エクステリアで目を引くのは、幅が拡大されたシングルフレームグリル。より6角形が強調されたデザインとなっている。
エクステリアで目を引くのは、幅が拡大されたシングルフレームグリル。より6角形が強調されたデザインとなっている。拡大
メーターパネル内に各種情報を表示できるアウディバーチャルコックピット。写真はナビ画面を最大限に大きく表示させたところ。
メーターパネル内に各種情報を表示できるアウディバーチャルコックピット。写真はナビ画面を最大限に大きく表示させたところ。拡大

緻密で質感の高いインテリア

MMIの操作性の高さがバーチャルコックピットの使いやすさをサポートしている。ダイヤルとボタンで操作するのだが、ロジックが厳格ではないことが、かえって実用性を高めている。試乗前に編集部Fクンがテキパキとセッティングしてくれるのに感心した。まだこの業界に入って半年足らずなのに大したものだとほめたら、「アウディはみんな一緒っす!」との答え。なるほど。操作体系は車格にかかわらず統一されているのだ。

内装は前モデルを踏襲。相変わらず質感は高い。緻密で繊細な仕事が施されていて、文句のつけようのない仕上がりだ。運転席に座るだけで、いいクルマに乗っているという実感がある。ただ、以前はアウディのインテリアはもっと色気のようなものが漂ってきた気がする。細部の作り込みは確実にグレードアップしているのだが、突き詰めていった結果として情感よりプラクティカルな価値が前面に出てきたような印象だ。

日本市場向けのA3には4ドアの「セダン」と5ドアのスポーツバックがあり、エンジンは1.4リッターと2リッターの2種類。どちらも直噴ターボで、1.4リッターはFF、2リッターは4WDのクワトロだ。試乗したのは1.4リッター版スポーツバックの「sport(スポーツ)」というグレードだった。

試乗車にはベースグレードでは選べない「S lineパッケージ」というオプションが装着されていた。スポーツの標準サイズの17インチより大きい18インチホイールと、ベースモデル比で25mmローダウンしたサスペンションが与えられている。さらにLEDヘッドライトやLEDダイナミックインディケーターといったエクステリアパーツ、上級なステアリングホイールなどに加え、バーチャルコックピットも組み合わされている。内容を見ていると欲しくなってしまうオプションだが、32万円のエクストラコストがかかる。試乗車にはほかにも豊富なオプションが付いたことで、車両本体価格より103万円アップの432万円になっていた。

アウディバーチャルコックピットやオーディオなどの操作は、ステアリングホイールに設けられたスイッチで行う。
アウディバーチャルコックピットやオーディオなどの操作は、ステアリングホイールに設けられたスイッチで行う。拡大
各部の質感の高さと、実際の使い勝手のよさが際立つインテリア。
各部の質感の高さと、実際の使い勝手のよさが際立つインテリア。拡大
試乗車はS lineパッケージ装着により、標準よりも1インチ大きい18インチタイヤを装着していた。銘柄は「ブリヂストン・トランザT005」。
試乗車はS lineパッケージ装着により、標準よりも1インチ大きい18インチタイヤを装着していた。銘柄は「ブリヂストン・トランザT005」。拡大
「S line」のエンブレムは、フロントフェンダーの後方に装着される。
「S line」のエンブレムは、フロントフェンダーの後方に装着される。拡大

実用的で静粛な1.4リッターターボ

「2.0 TFSIクワトロ」の2リッターエンジンは、従来の1.8リッターに代わって採用されたものだ。排気量拡大でパワーアップしながら、燃費も向上させている。1.4リッターエンジンはマイチェン前と同じ。1.2から1.5リッターのダウンサイジングターボがこのクラスでは主流といっていい。各社が多彩なエンジンを開発する中で、1.4 TFSIは熟成が進んだ古参エンジンである。

最高出力は122psで、以前と変わらない。どちらかと言うと控えめなチューンだ。爆発的な加速やとてつもないスピードはない。もちろん、不足を感じることはまったくないのだが、なんというか、普通なのである。アウディのブランドイメージや新しくなったルックスからは、もっととがった運動性能を勝手に期待してしまうので、なんとなく肩透かし感があるのだ。

ちょっと前に乗った「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」も1.4リッターターボを搭載していたのだが、最高出力は150psだった。こちらも圧倒的なパワーというわけではなかったが、走っていると気分が上がるチューンが施されていた。アクセルペダルを踏み込むと車内は乾いた排気音に満たされ、スポーティーなクルマに乗っているという気持ちになれたのである。A3の車内は、加速中でも静粛性が高い。より実務的で日常的なしつけがなされている。

スタイリッシュな外観を持ってはいるが、A3スポーツバックは5ドアで広い荷室を持つ、実用性の高いモデルなのだ。後席だって十分な広さがあり、ファミリーカー需要も多いだろう。使い勝手の良さや快適性を重視するのは正解だ。無駄にスポーティーな仕立てにしたら、商品性をスポイルすることになる。

1.4リッター直4ターボエンジンは、最高出力122ps、最大トルク20.4kgmを発生させる。
1.4リッター直4ターボエンジンは、最高出力122ps、最大トルク20.4kgmを発生させる。拡大
トランスミッションはデュアルクラッチ式ATの「7段Sトロニック」を採用する。
トランスミッションはデュアルクラッチ式ATの「7段Sトロニック」を採用する。拡大
試乗車は、オプションのS lineパッケージに含まれる、クロスとレザーのコンビシートを装着していた。
試乗車は、オプションのS lineパッケージに含まれる、クロスとレザーのコンビシートを装着していた。拡大
 
アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

微低速でも高いコントロール性

感心させられたのは、微低速でのコントロール性の良さだった。7段Sトロニックは、街なかの走行でも自然で滑らかな変速でドライバーを助ける。アウディというとどうしても高速道路やワインディングロードで気持ちよく走ることを優先して求めてしまうが、生活の中で便利な道具として使うことをきっちり考えて作り込まれたクルマなのだ。

A3スポーツバック1.4 TFSIは、特別なクルマではない。当然だ。アウディの主力中の主力なのだから、あまりに先鋭的であったのでは困る。幅広いユーザーに受け入れられる温和な性格でなければならない。いい意味での「普通さ」が求められるのだ。

かつてはアウディと「普通さ」は対極的な概念だったが、今では違和感なく共存できるようになった。おそらく、まわりの環境も変わったのだろう。インテリアの色気が薄まったように感じたのは、他社がアウディを研究し、必死でフォローした結果である。以前は突出していたのが、まわりが変化したことでアウディが標準となった。

「R8」や「RS」モデルなど、アウディには先進的で特別なプレミアムモデルがある。共通のテクノロジーが使われているA3は、気を遣わずにプライドを持って乗れるクルマだ。デザインが最新のバージョンにアップしたことで、見た目の魅力も増した。パーキングエリアで出会ったおじいさんから声をかけられるほどなのだ。わかりやすいカッコよさを持ちながら、同時に親しみやすいクルマなのである。

(文=鈴木真人/写真=向後一宏/編集=藤沢 勝)

荷室の容量は380リッター。リアシートには6:4の分割可倒機構が備わる。
荷室の容量は380リッター。リアシートには6:4の分割可倒機構が備わる。拡大
2017年1月のマイナーチェンジで、全車にアダプティブクルーズコントロールが標準装備となった。操作レバーはステアリングコラムの左側に備わる。
2017年1月のマイナーチェンジで、全車にアダプティブクルーズコントロールが標準装備となった。操作レバーはステアリングコラムの左側に備わる。拡大
今回のテストでは約396kmを走行して、ハイオクガソリンを28リッター消費。満タン法での燃費は14.2km/リッターを記録した。
今回のテストでは約396kmを走行して、ハイオクガソリンを28リッター消費。満タン法での燃費は14.2km/リッターを記録した。拡大

テスト車のデータ

アウディA3スポーツバック1.4 TFSIスポーツ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4325×1785×1450mm
ホイールベース:2635mm
車重:1320kg
駆動方式:FF
エンジン:1.4リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:122ps(90kW)/5000-6000rpm
最大トルク:20.4kgm(200Nm)/1400-4000rpm
タイヤ:(前)225/40R18 92Y/(後)225/40R18 92Y(ブリヂストン・トランザT005)
燃費:19.5km/リッター(JC08モード)
価格:329万円/テスト車=432万円
オプション装備:ボディーカラー<タンゴレッドメタリック>(7万円)/コンビニエンスパッケージ<アドバンストキー、アウディパーキングシステム、リアビューカメラ>(21万円)/ナビゲーションパッケージ<MMIナビゲーションシステム、アウディサウンドシステム、スマートフォンインターフェイス>(35万円)/S lineパッケージ<LEDヘッドライト、LEDリアダイナミックターンインディケーター、バーチャルコックピット、3スポークレザー フラットボトム マルチファンクションステアリングホイール、S lineステアリングホイールエンブレム、デコラティブパネル、ブラックヘッドライニング、S lineドアシルトリム、ステンレススチールフットペダル、S lineロゴ入りクロス/レザーシート、S lineエクステリアロゴ、スポーツバンパー、S lineスポーツサスペンション、S lineルーフスポイラー、5パラレルスポークデザインアルミホイール、225/40R18タイヤ>(32万円)/Bang&Olufsenサウンドシステム(8万円)

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:934km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(8)/山岳路(0)
テスト距離:396.2km
使用燃料:28.0リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:14.2km/リッター(満タン法)/14.3km/リッター(車載燃費計計測値)
 

アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ
アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ拡大
 
アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】の画像拡大
 
アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】の画像拡大
あなたにおすすめの記事