高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売

2011.10.04 自動車ニュース
「ルノー・メガーヌ ルノースポール モナコGP」。傍らに立つのは(写真右から)、日本GPを前に来日したF1ドライバーのブルーノ・セナとビタリー・ペトロフ、そしてルノー・ジャポンの大極司COO。
高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売

高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売

ルノー・ジャポンは2011年10月4日、スポーティクーペ「ルノー・メガーヌ ルノースポール モナコGP」を30台限定で発売した。

このクルマについては、ブルーノ・セナ(写真手前)もテスト済み。「とても安定していて、ギリギリまでプッシュできる」とのこと。
このクルマについては、ブルーノ・セナ(写真手前)もテスト済み。「とても安定していて、ギリギリまでプッシュできる」とのこと。
インテリアの様子。
インテリアの様子。
 
高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売の画像

「ルノー・メガーヌ ルノースポール モナコGP」は、2011年2月に日本で発売されたハイパフォーマンスモデル「ルノー・メガーヌ ルノースポール」の、いわば“高級スポーツ仕様”だ。

ルノーが「シャシーカップ」と呼んでいる、スポーツ走行を前提に路面追従性を追求した車体をもつ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」と異なり、こちらは日常の使い勝手とスポーツ性の両立を図ったという「シャシースポール」を採用。ややマイルドな乗り心地を特徴とする。
足まわりはよりソフトなセッティングとされ、スリット無しのディスクローターや細身のタイヤ(235/40ZR18→225/40ZR18)が与えられる。LSDも装備されないが、ドライバーズシートにはシートヒーターと電動調節機構が与えられ、専用チューニングのBOSEサウンドシステムも標準となるなど、ややぜいたくな仕様となっている。

インテリアもまた、ホワイトのタコメーターやセンターコンソールトリム、シルバーのシートベルト、モナコGPバッジなど「ルノー・メガーヌ ルノースポール」と異なるアイテムで飾られるものの、250ps、34.7kgmを発生する2リッター直4ターボエンジンや6段MTなど、その他の機関部分は変わらない。

価格は、「ルノー・メガーヌ ルノースポール」より13万円高の398万円。トランスミッションはMTのみで、ハンドル位置は左のみ。30台の限定で販売される。

(webCG 関)

 
高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売の画像
 
高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売の画像

関連キーワード:
メガーヌR.S.ルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る