高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売

2011.10.04 自動車ニュース
「ルノー・メガーヌ ルノースポール モナコGP」。傍らに立つのは(写真右から)、日本GPを前に来日したF1ドライバーのブルーノ・セナとビタリー・ペトロフ、そしてルノー・ジャポンの大極司COO。
高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売

高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売

ルノー・ジャポンは2011年10月4日、スポーティクーペ「ルノー・メガーヌ ルノースポール モナコGP」を30台限定で発売した。

このクルマについては、ブルーノ・セナ(写真手前)もテスト済み。「とても安定していて、ギリギリまでプッシュできる」とのこと。
このクルマについては、ブルーノ・セナ(写真手前)もテスト済み。「とても安定していて、ギリギリまでプッシュできる」とのこと。
インテリアの様子。
インテリアの様子。
 
高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売の画像

「ルノー・メガーヌ ルノースポール モナコGP」は、2011年2月に日本で発売されたハイパフォーマンスモデル「ルノー・メガーヌ ルノースポール」の、いわば“高級スポーツ仕様”だ。

ルノーが「シャシーカップ」と呼んでいる、スポーツ走行を前提に路面追従性を追求した車体をもつ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」と異なり、こちらは日常の使い勝手とスポーツ性の両立を図ったという「シャシースポール」を採用。ややマイルドな乗り心地を特徴とする。
足まわりはよりソフトなセッティングとされ、スリット無しのディスクローターや細身のタイヤ(235/40ZR18→225/40ZR18)が与えられる。LSDも装備されないが、ドライバーズシートにはシートヒーターと電動調節機構が与えられ、専用チューニングのBOSEサウンドシステムも標準となるなど、ややぜいたくな仕様となっている。

インテリアもまた、ホワイトのタコメーターやセンターコンソールトリム、シルバーのシートベルト、モナコGPバッジなど「ルノー・メガーヌ ルノースポール」と異なるアイテムで飾られるものの、250ps、34.7kgmを発生する2リッター直4ターボエンジンや6段MTなど、その他の機関部分は変わらない。

価格は、「ルノー・メガーヌ ルノースポール」より13万円高の398万円。トランスミッションはMTのみで、ハンドル位置は左のみ。30台の限定で販売される。

(webCG 関)

 
高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売の画像
 
高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ルノーが「ルーテシアR.S.」をマイナーチェンジ 2017.7.6 自動車ニュース ルノー・ジャポンは、高性能ハッチバック「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」にマイナーチェンジを実施した。外装のブラッシュアップに加えて、新たに「シャシーカップ」グレードが設定された。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る