高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売

2011.10.04 自動車ニュース
「ルノー・メガーヌ ルノースポール モナコGP」。傍らに立つのは(写真右から)、日本GPを前に来日したF1ドライバーのブルーノ・セナとビタリー・ペトロフ、そしてルノー・ジャポンの大極司COO。
高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売

高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売

ルノー・ジャポンは2011年10月4日、スポーティクーペ「ルノー・メガーヌ ルノースポール モナコGP」を30台限定で発売した。

このクルマについては、ブルーノ・セナ(写真手前)もテスト済み。「とても安定していて、ギリギリまでプッシュできる」とのこと。
このクルマについては、ブルーノ・セナ(写真手前)もテスト済み。「とても安定していて、ギリギリまでプッシュできる」とのこと。
インテリアの様子。
インテリアの様子。
 
高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売の画像

「ルノー・メガーヌ ルノースポール モナコGP」は、2011年2月に日本で発売されたハイパフォーマンスモデル「ルノー・メガーヌ ルノースポール」の、いわば“高級スポーツ仕様”だ。

ルノーが「シャシーカップ」と呼んでいる、スポーツ走行を前提に路面追従性を追求した車体をもつ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」と異なり、こちらは日常の使い勝手とスポーツ性の両立を図ったという「シャシースポール」を採用。ややマイルドな乗り心地を特徴とする。
足まわりはよりソフトなセッティングとされ、スリット無しのディスクローターや細身のタイヤ(235/40ZR18→225/40ZR18)が与えられる。LSDも装備されないが、ドライバーズシートにはシートヒーターと電動調節機構が与えられ、専用チューニングのBOSEサウンドシステムも標準となるなど、ややぜいたくな仕様となっている。

インテリアもまた、ホワイトのタコメーターやセンターコンソールトリム、シルバーのシートベルト、モナコGPバッジなど「ルノー・メガーヌ ルノースポール」と異なるアイテムで飾られるものの、250ps、34.7kgmを発生する2リッター直4ターボエンジンや6段MTなど、その他の機関部分は変わらない。

価格は、「ルノー・メガーヌ ルノースポール」より13万円高の398万円。トランスミッションはMTのみで、ハンドル位置は左のみ。30台の限定で販売される。

(webCG 関)

 
高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売の画像
 
高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る