「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大

2017.03.13 自動車ニュース
新たに設定された「スバル・フォレスター2.0i EyeSight」。
新たに設定された「スバル・フォレスター2.0i EyeSight」。拡大

富士重工業は2017年3月13日、「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。

「スバル・フォレスターX-BREAKカラーアクセント仕様」
「スバル・フォレスターX-BREAKカラーアクセント仕様」拡大
「フォレスターX-BREAKカラーアクセント仕様」は、ダークグレーメタリック塗装の専用17インチアルミホイールを装備する。
「フォレスターX-BREAKカラーアクセント仕様」は、ダークグレーメタリック塗装の専用17インチアルミホイールを装備する。拡大
「フォレスターX-BREAKカラーアクセント仕様」のインテリア。随所にオレンジステッチのアクセントが施される。
「フォレスターX-BREAKカラーアクセント仕様」のインテリア。随所にオレンジステッチのアクセントが施される。拡大

今回、新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定した。また、6段MTの「2.0i-L」を除く全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。さらに車線中央維持機能(クルーズコントロールの作動中に、車線内中央を維持するようステアリング操作のアシストを行う機能)と車線逸脱抑制機能からなる「アクティブレーンキープ」の作動速度域を、従来の65km/h以上から60km/h以上に拡大した。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • 2.0i EyeSight:241万9200円
  • 2.0i-L:258万1200円
  • 2.0i-L EyeSight:268万9200円
  • X-BREAK:275万4000円
  • S-Limited:289万4400円
  • 2.0XT EyeSight:312万8760円

また今回の改良に合わせ、スポーティーな内外装が特徴の「X-BREAK」に、エクステリアのデザイン性を高めた「カラーアクセント仕様」を追加設定した。ダークグレーメタリック塗装の専用17インチアルミホイールや、オレンジの加飾を施したフロントフォグランプカバー、サイドクラッディングなどを採用したほか、対向車や先行車の位置を検知しハイビームの照射範囲をコントロールする「アダプティブドライビングビーム」と、後側方警戒支援システムを組み合わせた、「アドバンスドセイフティパッケージ」を搭載する。価格は291万6000円。

X-BREAKカラーアクセント仕様の特別装備は以下の通り。

  • 17インチアルミホイール(ダークグレーメタリック塗装)
  • ブラックルーフレール
  • 「X-BREAK」リアオーナメント
  • フロントフォグランプ(オレンジ加飾付き)
  • フロントグリル(シルバーメッキ+ブラック塗装)
  • ブラックカラードドアミラー
  • サイドクラッディング(オレンジモール付き)
  • アドバンスドセイフティパッケージ
  • はっ水ファブリックシート(サイドは合成皮革、オレンジアクセント+オレンジステッチ)※
  • オレンジステッチ(本革巻きステアリングホイール、本革巻きシフトレバー、シフトブーツ、ドアアームレスト)※
  • ドアトリム(はっ水ファブリック)※
  • インパネ加飾パネル(ダークカーボン調+シルバー塗装)※
  • スライド機構付きコンソールリッド(表皮は合成皮革、オレンジステッチ)※
  • はっ水カーゴフロアボード(ラゲッジスムーザー機能付き)※

※はX-BREAKの装備

(webCG)

関連キーワード:
フォレスタースバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・フォレスター プレミアム/フォレスターX-BREAK/フォレスター アドバンス【試乗記】 2018.7.5 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・フォレスター」に試乗。従来型と並べても「どっちが新しいの?」という感じの見た目に対して、新型パワーユニットやドライバーモニタリングシステムなど、中身には新機軸がてんこ盛り。伊豆のクローズドコースでその出来栄えをチェックした。
  • 間もなく発売となる新型「スバル・フォレスター」
    洗練化の陰で失われた“伝統の技術”とは!?
    2018.6.20 デイリーコラム スバルのクロスオーバーSUV「フォレスター」の新型が間もなく発売される。5代目となる新型ではクルマ全体の水準が大きく引き上げられた一方で、初代からの伝統であった象徴的な装備が失われていることをご存じだろうか? 自動車ライター、大音安弘が解説する。
  • ホンダ・クラリティPHEV(FF/CVT)【試乗記】 2018.7.21 試乗記 2030年には世界で販売する四輪車の3分の2を電動化するというホンダ。そのプロジェクトの先駆けとして日本の道を走りだすプラグインハイブリッド車「クラリティPHEV」に、クローズドコースで試乗した。
  • スバル、5代目となる新型「フォレスター」を発表 2018.6.20 自動車ニュース スバルは2018年6月20日、SUVの新型「フォレスター」を発表した。同年7月19日に販売を開始する。通算で5代目となる新型フォレスターは、スバルの最量販車種に位置付けられているグローバルモデルである。すでに2018年5月より先行受注が開始されていた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
ホームへ戻る